ヨーロッパからも尊敬されているタイの王室。天皇陛下とタイの国王、どちらが上座?



メッテ=マリット (ノルウェー王太子妃)が、タイの故プミポン前国王のシリキット王妃に、 跪礼(きれい)しています。


http://www.gettyimages.fi/photos/71183558?excludenudity=true&sort=mostpopular&mediatype=photography&phrase=71183558

うん、東南アジアってほかの国、特に西洋や東アジアから低く見られているイメージがあるけれども、ヨーロッパの王室関係者でも、このタイ国王の存在には頭が上がらないのね?

このタイ国王、正式名は、ラーマ9世。けれども、プミポン国王と呼ばれ、タイ国民から大変慕われていた。

ラーマ9世?うん、なんかダライラマのような名前ですね。

ちなみに、1946年に国王に即位したので、なんと70年近く国王をされていたというとってもすごい方です。ちなみに、天皇陛下(明仁)は1989年に即位。


こんな画像まで見つけてしまいました。

つまり、天皇陛下が皇太子時代だったとき、このラーマ9世は皇太子よりも、上の立場にいたということです。ということは、エリザベス女王が最も気を遣う相手ともとられている天皇陛下でさえ、タイ国王には頭が上がらない。と思うのは私だけでしょうか?

国王になった年数
天皇になった年数

こういう年数が、ロイヤルファミリーの中では、重要なのだそうです。

ちなみに、こちらの写真は、1963年のシリキット王妃です。美智子さまと同様、大変お美しい方で、ヨーロッパの雑誌にも取り上げられているくらいです。


https://jp.pinterest.com/chunark76/fashion-icons/

色々調べてみると、タイの王室の始まりは、1782年(タイ仏暦2325年)のチャクリー王朝からだそうです。そしてそれが現在のラーマ10世まで続いている。

ちなみに、よくインターネットではタイ国王と天皇陛下が同席した場合、どちらが上座を譲るか?で議論は分かれますが、その同席の写真がなかなか見ることができませんね・・・。

色々私も頑張って探しているのです。このブログでぜひともシェアしていきたいと思っているのですが・・。

以下、タイの故プミポン前国王が東京オリンピックの前年に来日されていた時の動画を発見!



この動画をみると、どれだけ日本の王室がタイの王室を大事にしてるのかお分かりいただけたでしょう。

お気づきですか?

プミポン国王と王妃が飛行機から降りると、そこには昭和天皇(裕仁)、香淳皇后、今上天皇(明仁)がお迎えに来ているではないか。

それにしても明仁天皇がお若い・・。とてもハンサム。美智子さまはいらっしゃいませんが、香淳皇后の優しい眼差しがまたたまりませんね。

今後も、タイの王室と日本の皇室についての研究をしていきたいと思います。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

2017年4月15日更新
ヨーロッパからも尊敬されているタイの王室。天皇陛下とタイの国王、どちらが上座? ヨーロッパからも尊敬されているタイの王室。天皇陛下とタイの国王、どちらが上座? Reviewed by よこいりょうこ on 6月 12, 2016 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.