新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

エリザベス女王の次は誰?英国における王位継承順位




エリザベス女王といえば、何かと天皇陛下やローマ法王と比較される世界レベルでの闇の権力者ともうわさされる人物ですが、そのエリザベス女王は、いまや卒寿(90歳)を超える。

1926年04月21日=エリザベス2世
1933年12月23日=天皇(昭仁)
1936年12月17日=ローマ教皇(フランシスコ)
1938年01月31日=オランダ前女王(ベアトリクス)

なので、実にエリザベス女王は、天皇陛下よりも7歳年上であり、またこの中では、意外なことにローマ教皇が一番年下であり、エリザベス女王が一番高齢となる。

そういう意味でも、エリザベス女王の退位は注目されるのですが、生前退位はいまだに決まってはいない。

けれども、年齢も年齢であり、こちらも闇の権力者と噂される、あのオランダ女王であるベアトリクスに関しては、2013年に退位して、ウィレム=アレクサンダー (オランダ王)が国王として即位した。

そういう意味でもイギリスでは、着々と王位継承が進んでいるのではないか?という話もささやかれているそうです。

ちなみに、エリザベス女王を怒らせるとこんな感じになるので要注意。

「ちょっとあんた、この私に対して curtsy(膝を曲げるお辞儀)をしなかったわね?エリザベス女王がブチギレた理由【海外の反応】」

1位 チャールズ皇太子



チャールズ皇太子は、エリザベス女王2世の息子です。簡単にいうと、故ダイアナの夫…。

日本の皇室に例えるのなら、天皇陛下と皇太子さまの関係と同じです。イギリス陸海空軍元帥でもあります。伝統的にイギリスの君主(現在のエリザベス女王)が各軍の元帥を兼ねるが、女王の場合はこの称号を帯びることはない。→女なので息子に任せちゃうってことでしょうか(笑)

元帥(げんすい)→ marshal はイギリス軍の階級の一つ。
格闘技 Martial arts とはスペルが全然違いますからね?混同されている方は注意。
marshal = 元帥です!

一応、王位継承順位1位になっていますが、ご高齢ですし、ダイアナが亡くなったあと、カミラと再婚してお騒がせさせたこともあり、イギリス国民の間では不人気と言われています。



ちなみに、チャールズ英皇太子は、中国嫌いでも有名です。

習近平氏の訪英を「冷遇」 バッキンガム宮殿の公式晩餐会を欠席という見出しの記事を読んだことがあります。

1948年11月14日=チャールズ皇太子
1960年02月23日=皇太子殿下

皇太子殿下よりも12歳年上。ということからも分かる通り、ご高齢なので、それ+国民の不人気もあり、王位継承権1位ではあるものの、

http://www.theweek.co.uk/55612/will-prince-charles-ever-be-king

こちらの記事を見ても分かる通り、イギリス国民の間では、依然としてエリザベス女王のままでいてほしい。と思っている人が、退位してほしいという人を、かなりの差で上回っています。これは、それだけイギリス国民が、エリザベス女王の存在を肯定している結果だと思います。

2位 ウィリアム (ケンブリッジ公)



(世界レベルの Empress 美智子さまと握手)

王位継承2位ウィリアム王子は天皇陛下とも、すでに謁見済。(笑)

この方が実質的に、次の国王になると言われています。私が思うには、イギリスが欧州連合から脱退し、新しいイギリスを牽引していく存在となりそうです。

キャサリン妃はウィリアム王子の妻。よく話題になりますね。というのもやはりこの方が次のイギリスの国王になるといわれているからです。

ちなみに習近平さんが国家主席になる前の副主席時代に、天皇の特例会見として話題になったことがありましたよね?もう忘れられているのではないでしょうか?

「習近平副主席は、天皇陛下にお辞儀していた?歴代国家主席と比較」





つまり、次にその国のTOPなる人は、世界でも称号としてTOPレベルの天皇陛下に会おうとする傾向があると私は思います。

こちらを見るとわかりますが、天皇陛下、つまり "Emperor" という称号は、世界の外交儀礼(プロトコール)でも、King, Queen などよりも上の存在に扱われやすい傾向がある。もちろん、そこに在位年数が加わったりもするのですが…。

「エリザベス女王が天皇陛下と握手する際に、自ら一歩踏み出す理由」

2015年に来日されたウィリアム王子は浜離宮恩賜庭園で茶の湯を体験されたり、宮城県石巻市と女川町を訪問されたりしています。伝統芸能の獅子舞に頭髪を噛まれる事件まで発生…。

ウィリアム王子はキャサリン妃に、いわゆる、”ハゲてきていることをどう思う?”と聞いたところ、キャサリン妃が”ハゲているのは、ロイヤル・ファミリーの証よ。”と言ったそう。

「高身長のウィリアム王子が天皇陛下にお辞儀するときの爽快さが、ダイアナ妃に似ていると思う理由【海外の反応】

3位 ジョージ・オブ・ケンブリッジ



イギリスのケンブリッジ公爵ウィリアム王子と同夫人キャサリンとの間に生まれた長男。妹はシャーロット王女。チャールズ王太子とその最初の妻だったダイアナ妃の最初の孫であり、エリザベス2世女王とその夫エディンバラ公爵フィリップ王配の3番目の曾孫である。

ふむふむ。エリザベス女王には曾孫がいるということか…!日本の皇室と違う点はこの部分ですね。



つまり、日本の皇室でも、秋篠宮家の眞子さまや佳子さまに、子どもができたら、天皇陛下もエリザベス女王みたいに、曾孫をみることができますね。


4位→シャーロット・オブ・ケンブリッジ。(女性王族では最上位)



シャーロットに関しては、あまり書くことがないので割愛。。。女性差別とかではないですからね…?



5位 ルイ・オブ・ケンブリッジ

キャサリン妃の第3子で、男の子。

6位→ヘンリー・オブ・ウェールズ王子



うう!ちょっと!イケメン!!イギリス人っぽいくていいですね、豊かな人ほど日焼けする!!という感じがまたいい。というのはおいといて、

最近、ヘンリー王子がBBCの取材に対して、ダイアナの死去について語らなかったことを後悔している。とまで言っています。いろいろなことがこれから明らかになってくるかもしれませんね。

「ヘンリー王子が暴露?ダイアナ妃の死をめぐる陰謀論を簡単に解説」

ヘンリー王子は今年31歳。母の故ダイアナ元妃の死去による影響について、もっと早く口にしなかったことを後悔していると述懐したそうです。

王子が12歳だった1997年、ダイアナ妃はパリで交通事故により死去したのは知らない人はいないくらい有名な話。ヘンリー王子は”28歳になるまで、このことについて語らなかった。本当に後悔している”と語ったそうです。

また”苦しんでもかまわないが、語る必要がある。それは弱さではない。弱さとは、問題があるのに認めず、解決しようとしないことだ”と述べたそう。→意味深そう…。軍人としてアフガニスタンに赴任した経験もある王子。本当に素晴らしいとしかいいようがない。

エリザベス女王が退位して、ウィリアム王子が国王の座についたとき、ヘンリー王子がいろいろ、過去のことについて話し出すかもしれませんね…。

ただでさえ、エリザベス女王はいろいろな意味で噂が絶えないので…。

「英国王室のヘンリー王子と、黒人の母を持つメーガン・マークルが婚約に向けて動いてる!?【海外の反応】」

7位 アンドルー (ヨーク公)




8位 ベアトリス・オブ・ヨーク王女





9位 ユージェニー・オブ・ヨーク王女

以下の記事は、キャサリン妃の第3子が生まれる前だったので、第8位となっています。

「王位継承順位は第8位で、エリザベス女王2世の孫「ユージェニー王女」の婚約が決定【海外の反応】」


ユージェニー王女とは、とってもわかりやすく言うと、エリザベス女王の子女4人のうちの一人である、

・ウェールズ大公チャールズ王子
・プリンセス・ロイヤル・アン
・ヨーク公爵アンドルー王子
・ウェセックス伯爵エドワード王子

このアンドルー王子の次女です。ちなみに、そんなアンドルー王子には、二人の娘さんがいたりもします。

ベアトリス王女(長女)
ユージェニー王女(次女)

結構、スゴイお方なのです。一時、王位継承順位は第8位で、エリザベス女王2世の孫「ユージェニー王女」の婚約が決定!というようなニュースが話題になりましたが、イギリス王室の中でも、ものすごく存在感のない王女だといったほうがわかりやすいかもしれません(^-^;

つまり、日本の女性皇族なみに、世界における存在感がないということです。
その理由に、世界のプリンセスランキングなどにも出てくる気配すらなしなので(;^_^A

「世界のプリンセス(王妃、王女)ランキング。日本の女性皇族は何位?」


10位 エドワード (ウェセックス伯爵)



右の男性である。

参考ページ
https://en.wikipedia.org/wiki/Succession_to_the_British_throne


以下、関連の記事を統合します。エリザベス女王の死後に、どんな変化が起こるか?ということが、英語圏で話題になっていたものを、海外の反応としてまとめたものです。



エリザベス女王2世の死後に起こる可能性がある出来事、TOP10【海外の反応】


闇の権力者とも揶揄されることがあるクイーン・エリザベス。その力は、目に見えるようで見えないもののような気がします。

マルチリンガールのブログでも、エリザベス女王については何度も触れていますし、それだけでカテゴリができてしまうほど、エリザベス女王についての記事もたくさんあります。が、私のブログはすでに1000記事以上もあるので、探すほうが大変かもしれない(自分で探すのも大変です…)

私が思うに、チャールズ皇太子をすっ飛ばして時期イギリスの君主となる可能性が最も高いウィリアム王子と、エリザベス女王の関係はあまりよくないと思っています。

たとえば日本の皇室にも、雅子さまと美智子さまがあまり交流されている印象がないように、同じロイヤルファミリーだからといって必ずしも仲が良いわけでもなく、多くの場合、意見の食い違いで逆に嫌い合っている場合が多いのではないか?と個人的に思ったりしています。(どこのロイヤルファミリーも)

けれども、それをうまくやっていかなければいけない。ロイヤルファミリーに限らず、会社の人たちが嫌いだったとしても、うまくやっていかなければなりませんよね?(そこで生きてくのであれば)

なので、日本では絶対に天皇陛下が死んだ後に起こるであろう出来事TOP10なんてことは言わないと思いますが、なぜかイギリスのエリザベス女王に対しては、このように直接な表現で、

die という単語まで使っているほどです。天皇陛下には称賛の声しか聞かれないのは、おそらく天皇というお立場だからというわけではなく、今まで時間をかけながら、天皇皇后両陛下が国民や世界の人たちのために祈ってきたことや、キャラクターそのものが親しまれているのではないか?と思う部分もある。

私がなぜ天皇皇后両陛下が世界で、これほど称賛されているのかというのは、皇室の長い歴史ももちろんありますが、やはり積み重ねてきた厚い信頼だと思いますね。

で、エリザベス女王は、そのように思われているのか?と言われれば、個人的にはそうは思わない。なんだろう、事情は全く知りませんが、なぜか、ダイアナ妃などと比べると、どうしても品があるようには見えない部分があるし、
またダイアナの息子でもある、ウィリアム王子やヘンリー王子のような、障がい者に対する支援をしようとしているような人にも思えない。→ここは天皇皇后両陛下と似ているところでもある。

ヘンリー王子は、若いころから戦場に行くなど、人の悲しみを深く理解している人だと私は見ている。

「ヘンリー王子が暴露?ダイアナ妃の死をめぐる陰謀論を簡単に解説」

正直、私はエリザベス女王の若い頃のときの部分は知らないので、今後もブログで掘り下げようと思いますが…。

でもね、いくらクイーン・エリザベスといって世界でも権威がある人であっても、この優しさには敵わないでしょう。

「世界中で愛されている日本の皇后 (Empress) 美智子さまの英語【海外の反応】」

特に、美智子さまはインドでも人気が高いとみています。

話は変わりますが、私はオバマ大統領が天皇陛下に初めて面会したときに、90度のお辞儀をしてアメリカ国内でかなり批判されたことがありましたが、彼がアメリカ国民からの批判をわかっていてまで天皇陛下にあれだけのお辞儀をしたのは、彼自身、博愛の心があるし(オバマ大統領は、チャリティ関連でウィリアム王子とも仲良しです)そういう博愛的な部分や、またオバマ大統領が歴史をよく知っているがゆえに、天皇陛下にあれだけの不快お辞儀をしたのではないか?と私は思うのである。→これをアメリカ人の友達に話しても、聞いてくれもしなかった。

「なぜ米国のオバマ大統領が、日本の天皇にお辞儀しなきゃならないんだ?【アメリカの反応】」

ではでは、本題に移りましょう。



ご存知の通り、エリザベス女王は、


・イギリス
カナダ
オーストラリア
ニュージーランド

ジャマイカ
バルバドス
バハマ
グレナダ
パプアニューギニア
ソロモン諸島
ツバル
セントルシア
セントビンセント・グレナディーン
ベリーズ
アンティグア・バーブーダ
セントクリストファー・ネイビス

など、世界中で多くの国が今もなおエリザベス女王を君主。→ジャマイカとか信じられないでしょ?

「なぜエリザベス女王は、日本の天皇よりも世界的に有名なのですか?【海外の反応】」




この動画では、以下のようなことが語られていました。(訳が大がっぱですがお許しを・・・)

10→チャールズ皇太子が自動的にイギリスの国王になる
09→女王の死が、イギリス首相、または英連邦王国の国々に通知される 
08→BBCをはじめ世界中の新聞やネット上をこのニュースが埋め尽くす 
07→議会が召喚される
06→女王のために喪に服す日が12日間続く
05→葬儀が行われる
04→ウィンザー城に埋められる
03→イギリスの紙幣や硬貨が変わる 
02→豪州やカナダ、NZが立て続けに英連邦王国を脱退する可能性がある 
01→イギリス国民はエリザベス女王の存在の意義にやっと気づくことになる 

以下、海外の反応です。


01.海外の名無しさん
何だよこの動画。まるで彼女が死ぬのを待ち望んでいるみたいやん。私は彼女が長生きしてくれることを望んでいます。

02.海外の名無しさん
オーストラリアでは、エリザベス女王の誕生日、4/21は国民の祝日だよ。けどね、正しくは、6/12日なんだ。

03.海外の名無しさん
チャールズ皇太子は、おそらく国王にはならないだろうね。おそらく、ウィリアム王子にその座を譲ると思うんだ。

04.海外の名無しさん(カナダ人)
私はカナダ人です。女王陛下のことを誇りに思っています。なので彼女が天国に旅立ってしまうのは、とても悲しいです。

05.海外の名無しさん(イギリス人)
チャールズが国王になったら俺はイギリスを去るだろう。

06.海外の名無しさん
死なないで。エリザベス女王はイギリスだけの女王じゃないの。イギリス連邦全体の

07.海外の名無しさん
これ以上、ロイヤルファミリーなんて要らないよ。

08.海外の名無しさん
チャールズをスキップしてウィリアムがこのイギリスの国王になる日が待ちきれないね。イギリス国民は、ウィリアムが国王になることをもっと感謝するべきだし、評価するべきだよ。

09.海外の名無しさん
国歌も変わったりしちゃうのかな?

10.海外の名無しさん(インド人)
エリザベス女王が身にまとっている50%のものは、インドからの宝石なんだ。インドがなぜ貧しいのかこれでわかっただろう?

マルチリンガールのコメント

コメントを読んでいる限り、天皇皇后両陛下とは違い、エリザベス女王よりもウィリアム王子が国王になることを望んでいる声も多く聞かれているような気がする。やはり、人柄が違うのか?

今後も、私の考察は続きそうだ。

こんな記事もオススメです。
「ダイアナ妃による天皇皇后両陛下への膝を曲げてするお辞儀 curtsy が美しすぎる【海外の反応】」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」


エリザベス女王の次は誰?英国における王位継承順位 エリザベス女王の次は誰?英国における王位継承順位 Reviewed by よこいりょうこ on 7月 26, 2016 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.