新しいタイプのプロパガンダ!?海外在住、多言語話者でオカマの「まるちりんがーる」りょうこが言語や国際事情を独自の視点で発信していきます( ゚Д゚)/



なぜお辞儀しない?歴代アメリカ大統領(フォード、クリントン、オバマ、トランプ)の天皇陛下謁見を比較





戦後、世界で日本人が一番意識してきた国はアメリカだった。最近は、中国のGDPが日本の二倍以上にもなってきたことや、見下していた韓国の一人当たりのGDPが急激に日本人のそれに近づいてきていることもあってか、日本人が意識をする対象が、中国や、人によっては韓国に変わりつつある中、それでもやはり明治以降、近代に入って日本人がずっと意識してきた国はアメリカだと言える。

そんなアメリカの大統領は日本人の counterpart を対等とみなしているのか?counterpart(対になっている人)というと、例えば、日本の首相と、アメリカの大統領というのではなく、日本の天皇と、アメリカの大統領となる。

つまり、その国において同じ、または近い地位にある人のことだ。通常、大統領職のある国には、その下に首相もいるものの、アメリカは例外で大統領しかいなく、副大統領が、首相の役割をすることも多い。

例えば中国の国家主席は、日本の首相の counterpart として、中国の首相(李克強など)を用意することもあるよね。

また、イギリスの場合、エリザベス女王がいるので、大統領は存在せず、やはり日本のように首相職がある。で、ドイツの場合大統領がいるので、その下には首相がいる。(韓国の場合も同様。)

またカナダも、イギリスのエリザベス女王が君主となっているので、大統領職はなく首相だけ。という具合で、実際は安倍首相とトランプ大統領は、counterpart とも言えるが、天皇陛下とトランプ大統領も同様に、Counterpart と言えるのではないか。

ところで、戦後は、マッカーサーと昭和天皇のこの写真がとても注目された。のは、誰もが知っている事実かも知れない。



ま、この出来事以来、日本は経済成長の道に進み、アメリカをも脅かす存在となっていくのだけど、日本人が頑張ったお陰で経済が成長したのか、それともアメリカと強く結んでいたから経済成長できたのか?ともいわれるのだけれど、

明治維新以前に日本が高い文化を長い間維持してきたことと、またその後、明治維新により西洋からあらゆるものを持ち込んで日本に統合させたことにより、他の国に比べ、経済成長をしようと思ったらすぐに軌道に乗れる精神的なインフラは整っていたと私は思う。

ではでは、私のような素人の歴史観はすっ飛ばして、以下、歴代大統領の天皇陛下面会の様子を比較してみよう(^_-)-☆

①ジェラルド・R・フォード(1974年)



生年月日 1913年7月14日
在任期間 1974年8月9日 – 1977年1月20日、1973年12月6日 – 1974年8月9日

1974年といえば、パリのシャルル・ド・ゴール国際空港が開港し、また東海道新幹線開業10周年の年でもある。この動画には、音声はないのだけれど、かなり荘厳とした空気に包まれている感じもする。やはり昭和天皇だからだろうか。

さすがにかなりレアな動画すぎて、再生回数も少ない。また私のような皇室オタクしかみないような動画かもしれない。けれども当時の日本の状況がこの動画からも垣間見れるし、大変見る価値はある。

またこの年の翌年、1975年には、昭和天皇がニューヨークの国際連合本部を訪問している。以下、昭和天皇、平成天皇の国際連合本部での映像を比較した記事もつけておく。

「天皇皇后両陛下が、ニューヨークの国連本部をご訪問。アメリカの待遇を比較してみた」



②ジミー・カーター

生年月日 1924年10月1日
在任期間 1977年 - 1981年

天皇陛下との会見に関する写真、映像がまったく見つかっていない。(調査中)けれども、アメリカ政府のサイト(Jimmy Carter)には、1979年6月24-29日、1980年7月9-10日に来日しており、一度目の来日では、昭和天皇や、大平正芳と会見している。と書かれてあった。

また有料で購入できる写真ストックサイトには、その当時の写真がいくつかあったので、URLを載せておこう。

https://www.alamy.com/stock-photo/emperor-hirohito.html


③ロナルド・レーガン



生年月日 1911年2月6日
在任期間 1981年1月20日 – 1989年1月20日

Reagan Library」という動画チャンネルに、1983年11月11日に来日されたときの映像「President Reagan's Trip to Japan on November 11, 1983」が、公開されていたが、平成天皇のようなスタイルとは違い、お互いに歩み寄る形の握手となっている。

この頃は、日本が世界第2位の経済大国として、調子に乗っていたときだと言えば、わかりやすいだろうか。( ´艸`)


④ブッシュ大統領(パパ)

生年月日 1989年 - 1993年(1期)
在任期間 1924年6月12日

天皇陛下との会見に関する写真、映像がまったく見つかっていない。けれども、以下のようなハプニング動画は伝説として残っている。

「真珠湾攻撃の仕返しだった?日本の「宮澤喜一」首相のフトモモに嘔吐してしまった米大統領 「パパブッシュ」の寿司ゲロ事件が話題に【海外の反応】」

またパパブッシュは合計二回来日している。とも、以下のアメリカ大使館系のサイトに書かれてあった。

以下のサイトでは、平成天皇とブッシュ大統領(パパ)との合同の写真がみれる。(写真検索してもなかなか見つからなかったので、かなりレアかも)

U.S. Presidential Visits to Japan

また、探してみると、時事通信社も当時の写真をアップしていた

来日したブッシュ米大統領と会見される天皇陛下(皇居・宮殿竹の間)(1992年01月撮影) 【時事通信社】



⑤ビル・クリントン大統領



生年月日 1946年8月19日
在任期間 1993年 - 2001年(2期)

この映像では、美智子さまは着物ではなく洋服をお召しになっている。アメリカの大統領なのでわざわざ着物にしなかったのかもしれない。あまりにも高価な着物をお召しになると、逆に相手に威圧感を与えてしまう可能性もあると、配慮された可能性もあり。

この点でいえば、美智子さまの配慮はかなりのものである…。( ´艸`)

こういう細かな配慮と言うものを私を含め多くの日本人女性はまだまだ皇后美智子さまから学ばなければならないのかもしれない…。無論、美智子さまはこういう部分が世界中で愛されている証拠なのかもしれない。

「世界中で愛されている日本の皇后 (Empress) 美智子さまの英語【海外の反応】」

それにしても、ビル・クリントン氏の身長が高すぎて、なぜか天皇陛下のほうがお若く見える…。上を見上げている天皇陛下…。

ちなみに、この動画に飛んでコメントを見てみると、少数ではあるけれど、日本では絶対書き込むことができないような内容が書かれているので閲覧注意。

また、ビル・クリントンは王室がないアメリカにおいて、王室的な名家として名を挙げられることがある。

「アメリカの名門一族、名家(王朝・王家)TOP10」

とはいっても、ビル・クリントン自体、セックス依存症疑惑やベジタリアンで、かなり有名であることも知られ、つまり長身、イケメン、リッチなどがすべてそろったプレイボーイである…。

「男性だけじゃない?女性にも増えている「セックス中毒・依存症」にかかりやすい人の特徴 TOP10」



⑥ブッシュ大統領(ジュニア)

生年月日 2001年 - 2009年(2期)
在任期間 1946年7月6日

天皇陛下との会見に関する写真、映像がまったく見つかっていない。(調査中)→調べたところによると、

ウィキペディアには以下のような記述を発見。

歴代アメリカ大統領で、初めて来日した1974年11月のジェラルド・R・フォード以降、前大統領のバラク・オバマまでの間、国賓としての来日がなかった唯一の大統領である

また、アメリカ大統領の来日を特集している、アメリカ大使館の記事にも、天皇陛下との面会は書かれていなかった。

U.S. Presidential Visits to Japan



⑦オバマ大統領



生年月日 1961年8月4日
在任期間 2009年 - 2017年(2期)

一番上のマッカーサーの写真とは真逆ととれる行動をとったのがオバマ大統領。

以下でも詳しく説明たのだけれども、

「なぜ米国のオバマ大統領が、日本の天皇にお辞儀しなきゃならないんだ?【アメリカの反応】」

かなりアメリカでは、「米国の恥!」とまでバッシングを受けたオバマ大統領。さすがに二回目の天皇陛下面会の際は、深くお辞儀をしていなかった。

けれども、オバマ大統領は、天皇以外にも、サウジアラビア国王や、ローマ法王に対しても、お辞儀と取れるような行動を取った。

ただ単に、オバマ大統領の場合、心からの尊敬の意味を表したのではないだろうか。実際に、自分が心から素晴らしいと思える人に出会ったとき、このような行動になるのだと思う。

で、最後に、


⑧トランプ大統領が天皇陛下にお辞儀をしなかった理由



生年月日 1946年6月14日
在任期間 2017年1月20日~

あらら。天皇陛下の手が無理やり…。(;´・ω・)痛くないといいのだけど。やはり、何といっても、皆が注目しているのがトランプ大統領の天皇陛下面会だろう。

オバマとは全く正反対のトランプ大統領は、確かに注目に値する。

このトランプ大統領の来日には、本当に多くの日本国民が関心を抱いていたのではないだろうか。この記事も、当初アップしたときには、かなりアクセスがあったので、その反応は私がよく知っている。

このトランプ大統領来日のちょっと前、フィリピンのドゥテルテ大統領が来日し、天皇陛下に比較的深いお辞儀をされていたのは記憶に新しい。

「東南アジア、南アジア、中東(アラブ)諸国の歴代大統領による天皇陛下謁見を比較」



習近平国家主席からうまく経済支援を引き出したかと思えば、日本では南シナ海の問題に対していずれ日本と同じ立場をとるだろう。と表明するなど、一体どっちの味方なのぉ!?と言いたくなる彼だけれども、習近平との面会の時とは全然違い、天皇陛下の前では緊張していたのは、かなり印象的だった。

これは少なからず一部のアメリカ人にも興味を持たれていたようだ。で、ドゥテルテ大統領が来日したと思えば、次はアメリカの国王、トランプ様がやってきた。

でやはり、皇室ウォッチャーでもある私が一番関心を抱いていたのは、天皇陛下とトランプ大統領が面会するとき、トランプ大統領はどのような顔をするのか?ということだった。

最初私は、強張った表情をするのかな?とか色々考えていた。

で、私がこの天皇陛下とトランプ氏の面会をみて思ったのは、習近平国家主席が副主席だったころに天皇陛下に謁見(副主席だったのでここでは、謁見という言葉を使うこととする)した際の感じに似ていると思ったことだった。

「習近平副主席は、天皇陛下にお辞儀していた?中国の歴代国家主席と比較」

なんだか天皇陛下も表情からしてちょっと楽しそうには見えない…。人間やはり、顔に出るんだなぁ。って思う。

ちなみに、上のような動画が外国人によって作られていることからもわかるように、私が関心を抱いていたことに対して、はやり一部のアメリカ人も注目していた。



こちらは日本語バージョン。40万再生もされていることから、特に、日本国民の間でこの瞬間がかなり注目されていたことがわかる。

うちら日本の代表者に対してどんな対応をするのだろう。と、日本国民なら誰でも気になるはず。

それにしても、なぜか陛下に対しての握手が強い感じがする。最初トランプさんから握手しだすとき、力強く握っているのがわかるだろうか?0:12あたりである。

痛そうっ!!(;^_^A

あんなおっきい手で素早く握られたら痛いだろうな…。→天皇陛下の目元を見るとわかるのだけど、目が覚めたっていう目をしているよね…。

インドの首相がウィリアム王子の手が真っ赤になるまで握りつぶしたほどではないにしても、

「高身長のウィリアム王子が天皇陛下にお辞儀するときの爽快さが、ダイアナ妃に似ていると思う理由【海外の反応】」

普通の握手ではなかったように見えた。

一方、トランプ氏は皇后美智子さまに対してはソフトに扱っている印象。またメラニア夫人は、そもそもロイヤルファミリー(皇室はインペリアルファミリーだけど)が嫌い?それか、過度に意識して緊張しているから顔が無表情?それか、王室や皇室にまったく無関心なのかわからないけれど、とにかく、冷淡にも見える。

韓国訪問の時、KPOPアイドルたちと話していた表情とは全然違う‥。

トランプさんもメラニアさんも、俺らが会いに来てやってるんだぜぃっ!!ただいま参上!って感じで、尊敬の眼差しは一切なし。

ということが今回の動画でわかったことだった。( ´艸`)

ちなみに、今回のトランプ大統領と天皇陛下の会見。実はトランプ大統領もかなり意識しているはず。天皇陛下に無礼な態度を取った場合、日本国民から嫌われることももちろんわかっているはず。

けれども、敢えて人によって態度を変えないトランプさんもまた気さくでいいのでは?と思った。

現に、オバマさんが大統領だった時に、ミシェル夫人も、皇居で天皇皇后両陛下に面会する際、羽目を外して、コケそうになったからね…。それで、陛下がめちゃくちゃ爆笑していたシーンが写真に収められていたし‥。

「ミシェル・オバマ夫人が、天皇陛下の前で躓いたり、エリザベス女王の肩に手を回したりする理由」

で、まだ出回ったばかりの動画なのでコメントはほとんどないが、いくつか見つけたコメントものによると、「天皇陛下はトランプ大統領とランクが同じなのだからお辞儀をしたりする必要はない」とバッサリ切り捨てられていた。(日本人だけだよ、天皇が上!とか、拘り過ぎてるの…

ちなみに、私はこのことについても以前も書いている。
「エリザベス女王が天皇陛下と握手する際に、自ら一歩踏み出す理由」

今上天皇がスゴイのは、在位年数が長いことや、人柄が評価されている。ということが一番のポイントだと思う。皇室の歴史が最古だからというのはあまり関係ない気もする。(そもそも、最古である根拠すら示せていない)




以下、フェイスブックでのコメント

Tazakiさん
日本をどう視てるかが良くわかる。

土屋さん
天皇陛下は友達ではないから少しビックリしたよ。予備知識なしで訪日したのかな?

青木さん
上っ面だけで判断してはダメ。口先番長オバマは綺麗事の言動には長けているが実行力のないお方。(性根がわからない)トランプ大統領は昨日天皇陛下との謁見で二度少し頭を下げつつ握手をしていたのはご存知ですか。言動は刺激的ですがキチンとオバマの負の遺産をリカバリーを打っていますね。複数のメディア、ネットでの情報を精査してご自分で分析、判断する事かと。あまりにも安倍総理含めてトランプ大統領に対しても悪意ある偏向報道を大手メディアやり過ぎ。

Suzukiさん
オバマさんは、前に1回、天皇陛下に頭を下げて、アメリカ国内から、批判受けたから、2回目は頭下げずに、握手をしたのが、真実やと思うけど?ってか、そう報道を過去にされてました。

板垣さん
オバマさんは、このお辞儀で、アメリカのマスコミに散々叩かれたことがあり、トランプさんは、それを意識したのだと思います。あまり、大騒ぎしない方がいいと思いますよ。

西村さん
オバマさんが特別丁寧だっただけでトランプ大統領のがこれまでスタンダードだと思う。そら、日本人としてオバマさんのように敬意を払って欲しいとは思うけれど

林さん
アメリカにも皇帝が居て自分がNO.2であれば素直に頭を下げられますが

岩見さん
握手をするならお辞儀をするな、お辞儀をするなら握手をするな。文化を混ぜることが一番失礼です。
ということでトランプに軍配を上げたいところ。

豊島さん
握手は西洋マナー目線を合わせてするもの、お辞儀は和式マナー、オバマ氏は混合、トランプ氏はお国柄

佐々木さん
たまたまここだけ使った写真だと思います深くお辞儀してもお辞儀しなくても腹の中でどう思っているのかは分かりません見るのは心や人となりでお辞儀の角度ではないと私は考えます。

山田さん
オバマは頭を下げたけど … マッカーサー、プリントはさげない他の大統領は下げましたっけ……資質の問題か?

Yukariさん
トランプは身の程を弁えない無礼者

Nagayaさん
多分、頭を下げるのが当たり前だからレクチャーしなかったんだろうな。今頃ホワイトハウスは焦ってるはず。

平田さん
今の時代、写真撮られたらネットで拡散され放題だからねぇ。

森田さん
お辞儀していましたよ。オバマみたいに大げさじゃないだけです。

すわさん
トラさんは、頭を下げないように頭を下げないように頭を下げないようにとそればかり考えてた気がする、だから、ルデルテ君のようなファン以外皇居に行く事を制限するべきである

かなたさん
でも、近づいてますよ。ちゃんと目を見て握手してる。トランプ大統領さんの最大限の礼儀でいいと思います。椅子にかけるときに、陛下がゆっくりと腰掛けるのに合わせてましたよ!

宮澤さん
たかだか241年前に出来た国の大統領は世界中から嫌われ者の礼儀知らず。

中島さん
オバマは偽善者だから、これに騙されちゃいけない、トランプは、論外、オバマは、日本に原爆落とされた映像見て拍手してた奴

李さん
オバマは善意だったが、トランプは普通でしょう。マッカーサーだって、そうだったやろう?日本は米国の子会社だぞ!大きい口を叩くと、不利にお仕置きを受けるだけだぞ!

武田さん
青いネクタイもだめですね~ でも野蛮人ですから、こんなものでしょう

Yoichiさん
妙に日本風を混ぜるのがオバマ流。握手はどちらが先に手を出すかが問題。陛下が手を出したらそれを受けるのが礼儀かと。この写真では、そこはわかりませんね。握手にお辞儀は無用ですが、オバマさんの日本に対する気持ちの表れとして受け取っておきます。

Kageyamaさん
文化が違います。アメリカ人としてふさわしい礼儀だったと思います。

近藤さん
頭を下げるのは日本だけやで外国では 相手の顔を見て握手し 相手の目を見て挨拶するそれが普通

中川さん
文化の違いがありますから一概にお辞儀をしろとは言いません。米国人ってのはあんなもんてしょう。むしろオバマ大統領の不器用なお辞儀には違和感がありましたよ。
日本は立場上王室外交とはいいませんが、そういうのって出ますよね。エリザベス女王の即位周年で陛下が渡英した際、女王が陛下を手ずからエスコートされたのを見て、あ、なるほどなって思う事ありますから。


水島さん
中で紹介されてる動画が、左右反転されてるんですが。

ベンサンさん
早く陛下を公務から開放させないと……

Tashiroさん
他のところで書いていた方が居ましたが、トランプさん、スーツのボタンは閉めなきゃダメでしょ。
マナーの問題として(´・ω・`)


神尾さん
トランプなんて所詮やひな不動産屋。洗練されたマナーなんて知らないでしょう。

山田さん
唯一の万世一系である皇室。同じ元首でも、(不適切な表現かもしれませんが)「格」が違うんですよね。ここはもっと誇るべきと、僕は思います。

高坂さん
なるほど、わかりました。日本人の感覚とアメリカ人の感覚はかなり違うみたいですね。

石田さん
オバマさんは日本こと好きな感じが伝わるけど。トランプは普通かな?

知光さん
アメリカ合衆国大統領の方が上位だからでしょう。

玉置さん
天皇陛下が疲れているから、引退したいと言うてるのである。早く解決させてあげて欲しいですね。

黒田さん
なんと言っても、トランプはリメンバーパールハーバーだからね

向井さん
天皇陛下は、憲法下では国民の象徴という立場ではあるが、一国の王に相当する身分である。一時的に選ばれた首相や大統領とは格が違う。平安時代でいえば、「主」と「従」の違いがある。敬意をもって対するのが礼儀であろう。その点でトランプの態度は不遜であると言える。





塚田さん

王ではありません皇帝です 皇帝ー王ー大統領ー首相 国際的にはこの順だそうです 
仲村さん

欧米の文化にお辞儀するってないからなんじゃないの?それくらい陛下もわかっているでしょう。

和泉さん

キンペーのときみたいにお辞儀してところカットしてるんじゃないの。
伊東さん

またまた切り取りでwトランプも皇后陛下の時は膝曲げてるし、オバマは頭下げすぎの一瞬を切り取ってるだけだし。

佐藤さん

陛下も面食らったようですね。オバマ元大統領はちゃんと敬意を表すマナーがあったが。米大統領は国王というよりも目上と家に招待されたことに対する敬意を表すことが出来ない育ちということ。家主が色々と準備をしておもてなしをしようと出迎えて到着するのを待っていたことに対する謝意がない。日本だけではない。英国でも由緒ある国では当たり前。
こういう時に御里が知れると日本では言って戒めてきた。これに学んで、各国に行って国王などに招待されたときにはそうしましょう。


山田さん
オバマの挨拶は、アメリカ国内で大分叩かれたたので、トランプ大統領はアメリカ国内向けに、振る舞ったのだと思います。天皇陛下への敬意と尊敬は変わらないと思います。

あらきさん

國賓ではなく要人に過ぎぬ人。まぁ、どうでもよろし。

櫻井さん

日本国民に、トランプ大統領が天皇陛下に敬意を示すことのない姿を見せつけるということなのでしょうか?というか、アメリカの日本への優越(属国に礼を失しない必要はない)を見せつけるのが目的だったとか。

せとさん

オバマ大統領の時に、お辞儀をして国内で批判されましたからね。だからとは言いませんが、トランプ大統領はお辞儀をしなかったかと思われます。キャラ的に、トランプ大統領がお辞儀をしたらおかしいし。苦笑)

Nathanielさん
Trump サンは頭脳も不器用だからね. 文法なんかも小6程度だから, 全て娘に遣らせているそうです. そして人の評価が印象や, 婉曲的な会話などへの洞察力や想像力などに欠けているので, 娘のIVANKA に偵察してもらい, 彼女が外交に関しては信三に任せなさいと, Trumpさんの訪日直前に忠告したようです.

八島さん
 まぁ この辺は ハンバーガーとケチャップですからね 伝統の概念から有りませんし、政治家じゃなくビジネスマンですからね

渡邊さん
世界で唯一の『エンペラー』だっていう基礎知識が無かったからですか?

成瀬さん
安倍さんと同じ土俵でないからトランプさん緊張してるのかな?動画で見ましたけど、明らかにビビッてる!解ってるはずです本人も!

染谷さん
おなかが 引っ込まないので このままで失礼します

小二田さん
オバマさん、頭下げすぎだってアメリカ国内から批判が噴出したらしいですから…f(^^;

成田さん
こんな一面もありました。
陛下が少し不自由そうに椅子に座られる時、心配そうに見守っていた…(この記事の2番目の動画の1:22あたり)


中村さん
私は、ズラが落ちるのを危惧して、と思った

オシナリさん
今ごろ、へたこいたー思ってるんじゃないすかね。オバマよりトランプのがいいと思いますが、そこは勉強不足だったんでしょうね。

Masaさん
うーん、オバマの場合は彼の性格もあるだろうけど、ハワイやインドネシアで過ごした経験もあるから、海外に住んだことのないアメリカの大統領とは違うしなー(笑)アメリカ人にとっては面白くなかっただろうけど、かといって、トランプさんをマッカーサーのようだとするのもおかしな話で、世界において常識である階層を知らないか、敢えて無視しているかなのだろうし日本人にとっては不敬に映っても、変わらぬ人に対し目くじらたてるのもと思うし(笑)

阪さん

オバマ元大統領は天皇陛下への礼によってアメリカ国内で責められましたからね。トランプ大統領はそこまでできないでしょう。ただ上着のボタンだけはちゃんとして欲しかったな。

大奈路さん
Facebookのおかげでの知識天皇の地位?の高さは世界一的なのをみました。地位がどうとかよりも文化の違いなのでしょうかね?コメントにもあるように相手によって変えませんということなのかもしれませんねでもお辞儀くらいしたらいいのに!とは思います(^_^)

藤原さん
トランプの嫁は、態度悪かった(笑)

Ikenoueさん
天皇陛下
ローマ教皇・ダライ・ラマ教皇
イギリス王家
トランプの立場はこの下だ。


以下、海外のグループサイトの反応



■なんと!オバマは低姿勢だなぁ

■この話をオーストラリア人と今日してたよ。彼が言うに、トランプの脳みそは、汚水で溢れてるだってさ。

■トランプは他の文化をリスペクトしない。自分のことしか考えていない。

■トランプお腹出すぎ。お辞儀するのが難しいのも無理はないだろう。

■トランプのこの握手、オメェは第二次世界大戦で負けただろぉ~!的な握手に見えるなぁ。

■オバマの行動は素晴らしいが、個人的には合衆国のトップが他の国のトップに頭を下げるのは良くないと思う。

■オバマは俳優のようで、トランプは主のようだなぁ。

Reference Site
U.S. Presidential Visits to Japan

こんな記事もオススメです。
「昭和天皇の葬儀「大喪の礼」に参列した各国の国王、大統領、首相リスト TOP10」
「お辞儀はしてる?韓国歴代大統領の天皇陛下謁見を比較 TOP8」

なぜお辞儀しない?歴代アメリカ大統領(フォード、クリントン、オバマ、トランプ)の天皇陛下謁見を比較 なぜお辞儀しない?歴代アメリカ大統領(フォード、クリントン、オバマ、トランプ)の天皇陛下謁見を比較 Reviewed by よこいりょうこ on 8月 27, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.