新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

中東、アラブの美女?ヨルダンの「ラーニア王妃」と、サウジの「アミーラ王女」




日本人が想像する中東の人といえば、黒いベールに包まれ、その奥からひっそり目もとだけがわかるようになっているような女性たちではないだろうか。また、サウジアラビアでは、ずっと女性の運転が禁止されていたりしたものの、2018年にはそれが解禁になった。

アラビア語を勉強して数年経つ私だけれども、いつも思うのは女の私でも、アラブの女性たちが世界で一番美しいと思ってしまうことだ。というのも私はアラビア語のリスニングにいつもアラブの王室関係者の音声などを聴くようにしている。

日本人女性とは対照的というか、それでいて実は似ている部分があったりする彼女たちの存在を日本人の中には知らない人もかなり多い。

それはなぜか?日本人があまりにも中東に関心がなさすぎるため、日本のテレビでは中東の情報がほとんど入ってこないためだ。

ということで私は自分自身が知っているアラブの王室関係者の美女をこの記事にまとめることにした。より多くの人に、アラブ人美女が持つその美貌と、力強さを感じ取ってほしいと思う。

以下の順番で行きたいと思う。

・アミーラ王女(サウジアラビア)
・ラーニア王妃(ヨルダン)
・モーザ王妃(カタール)
・ラーラ・サルマ王妃(モロッコ)
・アスマー夫人(シリア)

①アミーラ王女(サウジアラビア)



この動画のサムネイルをみただけでも、まさにハリウッド女優というイメージでもあるこの美貌。どこの国の王女!?と、つい漏らしてしまいそうなくらい魅力的な声。

アミーラ王女(1983年11月6日)は、サウジアラビア王子の以前の奥様である。といってもサウジアラビアには数え切れないほどの王子がいる。イスラム教国家であるがゆえに、一夫多妻制をとっていることなどもあり、日本の皇室などとはイメージが違い、サウジの王室関係者は、1万5000人ほどにも上るという。





サウジアラビアという国は名前のごとく、1744年頃にサウード家から始まった。日本の歴史を基準に考えると、実はサウジアラビアという国自体はかなり新しい国家である。もともとサウジアラビアにはいろいろな部族がいたものの、その部族を現在サウード家がまとめあげている。

で、話はアミーラに戻そう。

その元旦那は、アル=ワリード・ビン・タラール(1955年3月7日)である。サウジアラビアの王子でロンドンにある Savoy Hotel などという高級ホテルも所有している中東のウォーレン・バフェットとも言われているアラブの大富豪。

もちろん、2017年、サウジの王子11人が一斉逮捕されたうちの一人だ。莫大な富を没収されたのだろう…。

そんなアル=ワリード・ビン・タラール王子とアミーラ王女は約2年で離婚しているが、その後も、アミーラ王女は女性の人権を訴える活動を続けている。

また、このタラール王子はあまり日本で知られていないようだけれども、かなりのお金を慈善事業に費やしていたり、Forbes の長者番付にでてくるなど、大富豪なら知らない人はいないというほど有名な存在である。

タラール王子とアミーラ王女が離婚した理由は不明であるものの、現在でもタラール王子はアミーラ王女のことを尊敬していると発言している。

それだけ、彼女の魅力はアラブの世界で認められているということだろう。

顔をよく観察すると、イラン~インド北部にいそうな女優の顔だ。また声が特徴的で、人を包み込むような甘い声をしている。

インド系の特徴は以下の記事で詳しく書いた。

しかも、そのギャップとは裏腹に、発信力、行動力も抜群で、アメリカ合衆国のコネチカット州にある University of New Haven に留学していたので、英語はとてもお上手で、英語圏でも積極的に発言をしていて、アメリカではサウジアラビアの美女といえば、アミーラ王女を思い浮かべる人が多い。

またその美貌だけではなく、英語を話すときの愛嬌も、彼女が人気の理由の一つであると言えよう。


②ラーニア王妃(ヨルダン)



この動画は何度も聞いても飽きない動画である。(かなり質と完成度が高い…)私はこの動画を mp3 にしてよく聞いている。このヨルダンという国の雰囲気も好き。

ラーニア王妃はおそらくこの中で一番知名度が高いかもしれない。

アミーラ王女とは違い、称号的にひとつ格上の王妃であるがゆえに、彼女の美貌はアミーラ王女とは違い、どちらかというとヨーロッパ寄りの顔だ。つまりヨーロッパで受ける顔なのだ。

とにかくラーニア王妃は国際的に知名度が高い。

ところでヨルダンってどこ?と思う人も多いかもしれない。ヨルダンとはトルコの南側といえばわかりやすいだろうか?トルコとサウジアラビアの中間あたりだ。




けれども、ラーニア王妃元々ははヨルダン人ではなく、クウェート(ドバイの上あたり)からヨルダンに移住したので、本来はクウェート人である。

クウェートといえばイランにとても近い国。イラン人はヨーロッパ人によく似ているので、私が察するに彼女は、イラン系かもしれない。

いずれにしても、ラーニア王妃もアミーラ王女も英語が堪能であり、アラビア語圏でもそのリーダーシップは認められている。

ラーニア王妃はユニセフ系の大使だったこともあり、アミーラ王女同様、慈善事業や、恵まれない子どもたちへの意識が高い女性である。

ちなみに日本ではほとんど報道されなかったものの、ラーニア王妃は、2006年10月(第一次安倍内閣)に来日していて、昭恵夫人と着物の2ショットの写真がネット上に出回っていたりする。


③モーザ王妃(カタール)


モーザ王妃はシュっとした感じである。上の二人に比べ、少しフェミニンさが消えたような感じ。カッコイイ女という感じだろうか。

カタールと言えば、日本よりも1人当たりの GDP が高く、世界でナンバーワンクラスである。簡単に言ってしまえば、東京都の平均年収の二倍ほどあるお金持ち国家であり、元カタール首長の夫人というわけだ。

カタール元首長のハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニーは、1952年1月1日生まれで、モーザ王妃は、1959年8月うまれだ。


④ラーラ・サルマ王妃(モロッコ)


http://ilaiki.net/140430.html

上の写真は華やかな感じがするけれども、以下のURLは、彼女の演説の動画。かなり、強い女だ。(^^;)


1978年5月10日生まれのラーラ・サルマ王妃。モロッコ国王ムハンマド6世の奥さまだ。やはり、一国の国王が選ぶ女性は、強い女性が多い。ということが、これでわかったのではないだろうか。

なんか、このサバサバした感じと、この低く、強そうな声が憧れる…。( ´艸`)なんでしょう、お酒とか飲むの好きそうな感じ、と言ったほうが分かりやすい??

でも、一応イスラム教なので、お酒は飲んでいないはず…。いずれにしても、モロッコと言えば、ある意味ヨーロッパ扱いされることがあるくらいイスラム圏ではヨーロッパ寄りに国とも言われている。またアフリカでも経済的に上位のほうで、多くのアフリカ人から羨ましがられる国でもある。そんな国の王妃が、これだけ美女だとやはり、テンション上がる。


⑤アスマー夫人(シリア)


アスマー夫人(1975年8月11日)は、なんとロンドンでうまれていて、シリアのアサド大統領の夫人でありながら、二重国籍者である。イギリスとシリアどちらの国籍も保有している。(ウィキペディア情報

また大学を卒業、ドイツ銀行でヘッジファンド管理部門、JPモルガンなどでも勤務していることから、金融業界でかなりのキャリアを積んでいたことがうかがえる。

欧米列強がまだ手を付けられていない唯一の国と言われているシリアを支えているのが彼女と言っても過言ではないだろう。彼女はかなりのキャリアウーマンでもあるし、アサド大統領を支えているのが、彼女なのではないか?

とも思ったりした。いずれにしても、知的なにおいがする。と思ったのは私だけだろうか?


マルチリンガールのコメント

この記事では、サウジアラビア、ヨルダン、カタール、モロッコ、シリアとみてきた。やはり、みんな強い女性だと感じる。結婚していなくても、一人で生きていけるような強さがあるようなものを感じたのは私だけだろうか?

結論から言うと、どれも中東の美女と言えるが、中東と言えども、ヨーロッパ系、インド系、その中間のミックス系など、色々な美女がいて、また内面的な強さも印象的である。

で、なぜ中東には美女が多いのか?という疑問なのだけれど、それは、中東はヨーロッパ系が多いイランやシリア、レバノンなども含むうえ、現在のサウジアラビア周辺に住むアフリカ人とアジア人の中間的な人や、インド系の人たちがミックスしているからだと言われている。

またそれに加え、この砂漠という地で生き抜いてきた力強さも感じる。

いずれにしても、本物のクールビューティーは、やはり見ていて目の保養になりますわね(^^♪

こんな記事もオススメです。
「世界のプリンセス(王妃、王女)ランキング。日本の女性皇族は何位?」
「日本の皇族は?世界のプリンス(王子、皇太子)ランキング TOP10」
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」


中東、アラブの美女?ヨルダンの「ラーニア王妃」と、サウジの「アミーラ王女」 中東、アラブの美女?ヨルダンの「ラーニア王妃」と、サウジの「アミーラ王女」 Reviewed by よこいりょうこ on 12月 21, 2015 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.