新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

プロソディ / 発音 / アクセント / イントネーション (抑揚) / ピッチ。これらの意味の違いと役割





キミの英語には、アクセントがある。とよく外国人に言われたことはありませんか?

ん?アクセント?そう。誰もが知っている、あのアクセント。アクセントがあるなんて言われたら、反射的に嫌な気持ちになりますよね?でも、アクセントって一体何なのでしょうか?

私はアクセントというのは、

photograph [ˈfoʊt̮əˌɡræf]
photographer [fəˈtɑɡrəfər]
photographic [ˌfoʊt̮əˈɡræfɪk]

のように、強勢するところ、つまりストレスのことをアクセントだと思っていました。

はい、そういう意味もあるのです。ですが、

実際に、accentuate [əkˈsɛntʃuˌeɪt] というような動詞もあるように、強勢(ストレス)のことをアクセントとも言います。これがややこしいのですね。

ですが、現在広く使われているアクセントの概念には、こちらのページを開くと、わかりますが、2つの意味があります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Accent



accent (sociolinguistics) / アクセント(社会言語学)
In sociolinguistics, an accent (/ˈæksɨnt/ or /-ɛnt/) is a manner of pronunciation peculiar to a particular individual, location, or nation.[1] An accent may be identified with the locality in which its speakers reside (a regional or geographical accent), the socio-economic status of its speakers, their ethnicity, their caste or social class (a social accent), or influence from their first language (a foreign accent).[2]

社会言語学的にいうアクセントとは、特定の個人、エリア、国家に特有の発音方法。そのアクセントによって、どこの地方に住んでいるとか、社会的、経済的な地位、民族性、カーストまたは社会階級、その人の母国語などがわかります。こういうことを、アクセントの総称として私たちは何気なく使っています。

accent (phonetics) / アクセント (音声学)
Accent (/ˈæk.sənt, ˈæk.sɛnt/) is the phonetic prominence given to a particular syllable in a word, or to a particular word within a phrase. When this prominence is produced through greater dynamic force, typically signaled by a combination of amplitude (volume), syllable or vowel length, full articulation of the vowel, and a non-distinctive change in pitch, the result is called stress accent, dynamic accent, or simply stress. When it is produced through pitch alone, it is called pitch accent (although this term is often used with a somewhat different meaning; see below). When it is produced through length alone, it is called quantitative accent.[1] English has stress accent.

こちらは、上記に述べた、

photograph [ˈfoʊt̮əˌɡræf]
photographer [fəˈtɑɡrəfər]
photographic [ˌfoʊt̮əˈɡræfɪk]

のような強勢(ストレス)の意味で使われるアクセントです。

そして、このアクセント(音声学)のほうには、2種類のものが存在します。 それが以下の二つ。

①ストレス・アクセント (Stress Accent)
②ピッチ・アクセント (Pitch Accent)

こちらの動画は②のピッチについて語られている数少ない動画です。



つまり、アクセントの中には、ストレス・アクセント呼ばれるものがあり、これを皆、アクセントという代わりに、ストレスと言っているのです。

そして、アメリカ人でさえも、発音記号の強勢(ストレス)する箇所を、ストレスと言ったり、アクセントと言ったりするからまたややこしいのです。もう一度言いますが、ストレス・アクセントが正式名称です。

これで謎が解けましたね?

これって、おそらくどうでもよいと思っている方が殆どだと思っているのですが、これはこの記事の要(かなめ)ともいえる部分です。

日本語は②のピッチ・アクセントと言われています。その証拠に、 pitch accent と検索すると、日本語関連の教育動画が結構でてきます。

けれども、英語にもただ単に、apple の a をストレス・アクセントで強調するほかに、声を高くしたり低くしたりするピッチ・アクセントが適用される場合もある。(特に、女性などがものすごく高くなったり低くなったりするとき→男性に比べ女性がピッチ的といえば、わかりやすいでしょうか?w)



(松崎選手?ピッチャー…)

ピッチとは、野球のピッチャーをイメージしてもらうとわかりやすいのですが、投げるという意味が本来の意味です。それが、音声学の周波数、音の高低に使われるようになりました。

日本語で考えると、

箸、橋の発音の違いを外国人に聞かれた記憶はありませんか?

ピッチ。

つまり高低で意味を表す言語、それが日本語とも言えます。

逆に、日本語には、①ストレス・アクセントが存在しません。

ですが、英語には①も②も存在するため、大変リズミカルな言語となっています。 

ここで、アクセントという言葉の定義が、2つあるということをお分かりになっていただけましたか?

おそらく、みなさんはアクセントという単語をみて、薄っすらとしか思いつかないイメージで話していると思うのですが、このように、きちんと言語化して整理すると、3つも意味があるという事です。

そしてこれらの意味を知っている人と知らない人には、当然、現地の人がどのように話しているのかを研究できる速度も変わってくるでしょう。



①発音とは?

みなさん、よく発音を気にしますが、発音とは国際音声記号に沿って発話 (utterance) することですよね?これは誰でもわかると思います。母音と子音をきちんと発音する。これが発音です。
たとえば、イギリスとアメリカの発音は違います。
dog [dɒɡ] / dog [dɑɡ] 
このように母音が違いますよね?イギリスではドーグのように発音しますが、アメリカではダーグのように発音することが多いです。


②抑揚 (intonation) とは?


質問の時、最後に上がったりしますよね?けれど、質問だけれども、最後が下がったりしたりもしますよね?こういうのをイントネーションと言います。

③発声 (phonetion) とは?

日本人でも、声の質は皆それぞれですよね?音楽をやっている人は声が大きい人も多いですし、鼻が詰まって、鼻声で声が甲高い人もいたりします。たとえば、英語が分からない人で日本語を話しているのに、なぜかその人の日本語が英語っぽく聞こえたりします。たいていそういう場合は、歯に矯正装置(ブラケット)をつけていたりします。あと、歯が少し出ている人も、口で息している場合が多く、鼻から音を出すような発声になっていることが多く、英語を話しているように聞こえたりもします。
ここでお気づきだと思いますが、英語は日本語よりも鼻を使うことが多いです。試しに鼻をつまんで英語を話してみてください。ずいぶんと英語が話しやすくなりますよ?自然と、日本語的な発声の仕方から、英語っぽい発声の仕方に変わるのです。

④韻律・プロソディー (prosody) とは?



(この動画を見ると、プロソディの意味が何となく分かるかもしれません)

ウィキペディアのページによると、
言語学における韻律(いんりつ)あるいはプロソディー(Prosody)とは、発話において現れる音声学的性質で、その言語の一般的な書記記録からは予測されないものすべてをいう。

具体的には抑揚あるいは音調、強勢、音長、リズムなどを含むが、これらのうちで文脈によって異なりうるものを指すのであって、その言語で決まっているアクセント(高低アクセントあるいは強勢アクセント)、声調言語の声調、音長を弁別する言語における長母音・短母音の区別といった性質は含めない。

韻文における韻律は、基本的にはそれを構成する単語の形(アクセントパターン、声調、音節・モーラ数など)に基づいて定められたものであり、無関係ではないが別の概念である。

上記、太字で書いているように、韻律とは、言語学での意味と韻文における韻律の意味と二つあり、ここで書いているのは、もちろん言語学での意味の韻律です。これが一番理解されていないところです。韻律(韻文)のほうは詩についての内容なので、このページでは割愛します。

ちなみに、私がアメリカンアクセントのプロソディになるために使用している本はこちら。かなり評価が高いテキストで、この一冊を持っているか持っていないかではやはり、違うようです。



(画像をクリックするとアマゾンの詳細ページでレビューなどが確認できます)

私は特にページなどを気にせずに、このCDについているオーディオをシャドーウィングしています。というのも、プロソディは理論よりもサブリミナル的に覚えるのがいいといわれているからです。ちなみに私はこれを注文したら次の日の夜に届きました(笑)

はやっ!!CD5枚入っているので、一か月1枚のペースでやっています。

「スピーキングに効果大!?発音より重要な、英語の【プロソディ】はサブリミナル的に覚える!のをお勧めする理由」

韻律 (言語学) → こちらを理解してください
韻律 (韻文) → 理解しなくていいです。

その韻律・プロソディ―というのは、ウィキペディアによると、
日本語の例を挙げると、「…じゃない」という言い方は3種類の意味に用いられ、それぞれ異なる韻律で発話される。…を否定する文字通りの意味では「な」にアクセントを置く。また、「…ではないが~ではある」という意味を持たせる場合は「じゃ」にアクセントが置かれる。…を肯定する意味(反語)では尻下がりの抑揚になる。特に強調する場合など、「な」を長く発音することもある。疑問の意味では尻上がりになる。

英語でも、ルールは決まっていないけれども、人々の感情で上がったり下がったりするときありますよね?これはイントネーションパターンでも調べることができず、現地に住んで、聞いて、自分自身もやってみないと身につかないものだと思います。
私は国際音声記号、またはイントネーションパターンをある程度理解していますが、この韻律・プロソディ―に関しては、理解しているとは言えません。

これが、多くの人が私の英語がネイティブではないという理由だと思っています。




一方、韓国に2年近くいた私は、韓国語を話すとき、発音は下手ですが、韻律・プロソディ―に当たるものは、自然と現地の生活で身についてしまったので、よく、なんでそんなに上手なの?と言われます。

単語が全然わからないのに、現地の人には、自分の韓国語と私の韓国語のこの韻律・プロソディが同じように聞こえるため、上手と錯覚してしまうのでしょう。


その韻律・プロソディ―の中で、もう1つ重要な部分があります。
それは世界中の外国語は、3つにわけることができるという点です。

こちらは日本語圏でも情報が少ないので英語版URLを添付しておきます。
https://en.wikipedia.org/wiki/Isochrony 

かなり専門になってきますが、ここを知ると、なぜ自分の英語がネイティブっぽく聞こえないのか、ご理解いただけると思います。(読んでいる方が全員というわけではありませんが…)



①Syllable timing(シラブル・タイミング)




音節で読む言語です。世界の主要言語の半分くらいはこのシラブル・タイミングではないでしょうか?

・スペイン語
・フランス語
・中国語
・フィンランド語
・韓国語
・インドネシア語
・広東語
・イタリア語
・トルコ語

などなどです。

私がシラブル・タイミングを経験的に知ったのは、韓国ソウルに住んでいた時、スーパーの店員のおばちゃんから、

キムチの発音をバカにされたときでした。私は日本語で普通に、キムチ。と手を3回叩九かのようなリズムで発音したのですが、そのアジュンマが、韓国語では、キムチではなく、KIMchi なんだよ。と教えられた。

つまり、キムで1回手を叩き、チで1回手を叩く。日本語は3回たたくが、シラブル・タイミング言語の韓国語では2回しか叩かない。(実際手は手は叩きませんが、リズムとしてここでは表現しています)

では、いま人気のスペイン語で説明すると、

私は日本人です。 Soy japonés. [ˈ①soi ②xa➂poˈ④nes] 4音節です。

これが日本語のモーラになると、 ①ソ②イ➂ハ④ポ⑤ネ⑥ス となるでしょう・・・。

中国語も、1つ1つの漢字をきちんと読んでいくのが基本となるので、①のシラブル・タイミングに分類されています。

日本人にとっては、一つ一つ発音するということで、③のstress timing よりも①のシラブル・タイミングのほうが簡単に思えるはずです。

Mora timing(モーラ・タイミング)




(数少ないハワイ語と英語が比較できる動画)

これを見ると、ハワイ語と英語が、まるで日本語と英語のように、歴然としているのがわかります。おそらく、この動画をみてしまったら、ハワイに親近感を持ってしまうでしょう。

ハワイ語なら別に、子供に英語耳を鍛えさせなくても、学べそうだと思いませんか?これは、韓国語がわかる私だから断言しますが、韓国語の発音より日本人にとって簡単です。

モーラとは、モラトリアムという単語をご存知の方なら、おわかりだと思うのですが、モーラとはいったん止まるという意味があります。つまり英語で言えば、"pause"

モラトリアムは日本語では、猶予のような意味で使われますね?

モーラを日本語で言うと、拍(はく)といいます。拍手のように、手を一度叩くことですね。

「チョコレート」は、「①チョ」「②コ」「➂レ」「④ー」「⑤ト」=5モーラです。


これを音節(シラブル)にしたらどうなるか?
「チョコレート」は、「①チョ」「②コ」「➂レー」「④ト」=4音節です。 

こういう考え方です。

このように、手をたたきながら、1つ1つ発話することです。英語圏の人が日本語を学ぶときは、手をたたきながら、練習したりします。

なぜなら、モーラ言語は、世界の主要外国語では日本語だけだからです。他にもありますが、

・キリバス語
・ハワイ語
・ガンダ語

など、グーグル翻訳にも載っていないようなレアな言語です。つまり、モーラ言語と聞くと、言語学者の人たちは日本語を思い浮かべるでしょう。

「世界でも稀な言語、ハワイ語と日本語の共通点。また勉強するメリット、需要

なので、日本人にとって外国語のリズムを習得するのが難しい理由となっていると思うのですね。

➂Stress timing(ストレス・タイミング)



(これは、とてもわかりやすい動画です) 

ストレスタイミングは、
・アラビア語
・ロシア語
・英語
・オランダ語
・ドイツ語
・ノルウェー語

などはこれに当てはまります。 ポイントは①のシラブル・タイミングに比べて世界の主要言語の中でもそれほど多い!とは言えないということ。

ではでは、英語を例にしてみましょう。

ロシア語でも、英語のようにストレス(強勢)に位置していない母音は音が変わってしまいます。簡単に言うと、あまり聞こえないという感じで、本来の国際音声記号の母音とは違ってきます。これは、英語とロシア語が共通している部分です。

一方、アラビア語も➂のStress timing に当てはまるのですが、母音は変化しません。

Can you speak Japanese 
①[kæn yu spik ˌdʒæpəˈniz] (国際音声記号をきちんと発話した場合)
②[kən yə spik ˌdʒæpəˈniz]

①は、キェァニュー
②は、クヌー
 
なぜなら、このセンテンスで強調するべきところは、日本語を話す。という箇所だからこちらは国際音声記号通りに発話します。




(画像をクリックするとアマゾンの詳細ページでレビューなどが確認できます)

もう一度紹介しますね。

この本には、すべてのアメリカ英語のイントネーションパターンが掲載されています。

YouTubeでオーディオ、またはインターネットでスクリプトもPDF化で公開されていますが、本腰を入れて学びたい場合、手に取ってみるのもよいでしょう。 American Accent Training という大変有名な一冊です。

話しは戻って、

ポイントは英語やロシア語の場合、強勢(ストレス)されない母音は音が弱くなり、国際音声記号の母音とは違う音、つまり、弱い音になります。ここが知識としてあるのと、ないのとでは、これから英語を聴くときに意識するところも変わってくるはずで、知っている人のほうがより英語を聴きやすいくなる、話しやすくなるのは言うまでもないでしょう。
こういうすべての要素がネイティブスピーカーと同じようになると、アクセントがあるね。とは言われないようになります。そういう私も韻律はとても苦手ですが(^-^;

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Category:Stress-timed_languages


最後に、プロソディの重要性の記事を以前書いたのですが、この記事に統合したいと思います。いかにプロソディが重要かを知っていただけたらと思います。



スピーキングに効果大!?発音より重要な、英語の【プロソディ】はサブリミナル的に覚える!のをお勧めする理由

まず、プロソディとはなんぞや?という方が多いと思います。当然、英語の勉強をしていてプロソディ(韻律)なんて気にする人は学習者の10%も満たないのではないでしょうか?ましてや、おそらく、、5%以下だと思います。

ですが、ネイティブスピーカーにモノを伝えようとする場合、発音よりもこのプロソディというものが重要とされていると言われています。

プロソディとは、日本語で言うと、音声学で韻律の意味です。

https://en.wikipedia.org/wiki/Prosody_(linguistics)

韻律にはほかの意味もありますが、このページで書いているものは音声学での韻律の意味ですね。。

以下の写真は、適当にプロソディて検索してでてきたものなので、特に深い意味はありませんが…。これからちょっと難しい話もするので、絵を見てリラックスでもしておいてくださいねぇ~(*´ω`*)

じゃ、本題に入ろうか?w


まず、私が最初に言いたいのは、日本人は英語のスピーキングに関して、自分の英語の発音が悪いから英語が上手に聞こえないんだと思い込んでいることです。英語のスピーキング=発音。という頭しかないと言ったほうがわかりやすいでしょうか?

けれども、スピーキングにはいろいろな要素が絡んでいる。

・発音
・アクセント
・イントネーション(抑揚)
・ピッチ
・プロソディ


このように、結構あるんですよ?( ´艸`)

で、発音に関しては国際音声記号を覚えればいいと思うんですよね。よくフォニックスと国際音声記号どっちで英語の発音を学ぼうかしら?って悩んでいる方もいますが、私は断然、国際音声記号をお勧めしますね。なぜなら、国際音声記号なら世界の言語全部の音が分かるようになるからです。


で、この記事では発音の話をするつもりはありません。この記事ではプロソディの話をしたいと思います。

プロソディについては、上のURLの中にも説明してありますが、この記事では動画を見ることで、プロソディってこんなものかっていうことを知っていただこうと思います。

こちらの動画も参考になるかもしれません。



この動画をみてまず思うことは、ここは音楽の学校?ではないでしょうか?けれども、わかりますか?この女性の話し方が、ものすごく上に上がったり下がったり、音楽を歌っているように話してること。

英語圏にもこのように、上に上がったり下がったりするような話し方ができない人がいます。そういう人のための学校なのですねここは。

特にアメリカでは、女性は上に上がったり下がったりすることで、より魅力的な話し方になれるとされています。

特にこの学校では、1:46 では、若い女性が、こう語っています。

男性と違い女性の場合、声が上にいきなり上がったり、下がったりする。

日本語ではこういう話し方をすると、頭おかしいんじゃないの?って思われると思うのですが、これが英語におけるプロソディなのですね。もっと詳しい説明は上の私のリンクを見ていただけたらと思います。

どの言語にも、音声学では説明しきれないプロソディというものが存在する。英語の場合、ものすごく上に上がったり下がったりすることはこの動画を見ても分かりますよね?




多くの人はアクセントとか、発音だけで、その国の言葉の音を全部くくろうとする傾向があると思います。ですが、言語学を学んだり、またはかじったりしている人は、プロソディというものの存在自体を知っている場合が多いです。

また、言語学に無関心のひとは、もちろんプロソディなんて言葉は見かけることすら、聞いたりすることすらないと思います…。

たとえば、以下は VOA Special English で私のメンティーさんと一緒に発音の練習で使用している音声です。一度聴いてみるとわかると思うのですが、もちろんラジオということもあり、上がったり、下がったりとてもリズムカルになっています。

顔が見えない分、その状況を的確に伝えようとするため、オーバーリアクション的なナレーターの話し方なのですが、これを何度も聴いたり、またナレーターが話しているのを真似したりしてみて、サブリミナル的に頭に刷り込んでいく。という方法を私のレッスンではやっています。

Have You Ever 'Stolen' A Kiss? (VOA Learning English)

さて、さっきから言っているサブリミナルとは?



(楽器はひけばひくほど、何も考えなくても無意識的にできるようになるものの典型)

潜在意識という言葉をご存知でしょうか? 英語では "subconscious" と書きますが、文字通り、意識の下側にあるもの。それは自分では気づいていないのだけれども、その潜在意識の中に自分の進路など、今後のやりたいこと、なりたい自分を刷り込ませていけば、将来それに近い人になると言われています。

そんな本がたくさんでていますね…。

私が潜在意識を感じ取ったのは、数年前にアラビア語を勉強したいと、なんとなく思ったコトでした。

それから、数年経ち、別にアラビア語のことなんて何も考えていなかったのですが、去年の9月突然アラビア語の学習に取り掛かり、今は頭の中にそのアラビア語の脳まで構築してしまいました。これはとても不思議です。

私は普段意識をしていなかったのですが、昔からアラビア語を覚えることは私の人生では避けられない。と、意識の低層の部分で考えていたのでしょう。

英語のプロソディは、この潜在意識を利用しよう。



(こちらは私がメンティーさんと使用している国際的に有名な発音の本)

私が提唱するのは、この潜在意識を利用して、英語のリズムを覚えようというものです。つまり、論理化されたパターンを覚えるのではなく、実際に(なるべく大きな)声に出して、それを何回も聴く。本当に聴いたり声にだしたもの勝ちという感覚。

仕事でビジネスメールの送信や、またはパソコンの中だけではなく、パターン化した仕事をしている人は何度もやっていると、あまり考えなくても手が動いてくれていますよね?

こういうのは、つまり慣れです。意識をしてやっていることではない。

英語のプロソディも何度も聴いて何度も声に出しているうちに、英語におけるメロディがわかるようになってくるので、意識していなくても潜在意識を通じて、徐々に体内(脳)に染み込まれていきます。

それには時間も必要。季節が変わるころに、脳内に定着したりするというのが私の経験上の感覚です。

また、これらがうまい具合に頭の中に染み込んできて、プロソディを意識した英語が話せるようになって来れば、今度はそれを忘れないように体系化して視覚的に復習するのもありかな?と思っています。

私は、上に紹介している American Accent Training という本のCD1の最初の説明10分を毎日聞いて、英語におけるリズムの上がり下がりを真似するということをずっとしてきました。すると、色々な英語のイントネーションパターンが頭の中に刷り込まれていき、英語を話すときにどんどん自信が持てるようになってきます。論理的にパターンを勉強するのは、それからでもいいのでは?

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」
「メールで英語対応無制限サービス(+通話授業) / 英語メンター (English Mentor)





プロソディ / 発音 / アクセント / イントネーション (抑揚) / ピッチ。これらの意味の違いと役割 プロソディ / 発音 / アクセント / イントネーション (抑揚) / ピッチ。これらの意味の違いと役割 Reviewed by よこいりょうこ on 12月 24, 2015 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.