新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

ダイアナ妃による天皇皇后両陛下への膝を曲げてするお辞儀 curtsy が美しすぎる【海外の反応】




天皇陛下の権威を説明するときによく出てくるこの画像。

これはイギリスの次期、国王になる。とされているウィリアムズ王子の母、故ダイアナ妃が日本に来日した際に、階級制のプロトコールに従って当時プリンセスだったダイアナがエンペラーである天皇陛下とエンプレスである皇后陛下に跪礼(きれい)した写真です。

この映像は、日本人が作成したユーチューブ動画のみならず、海外で動画を作成しているチャンネルからもよく引用されるので、大変人々に印象を与える瞬間なのかもしれません。



https://www.pinterest.jp/royalgenealogy/royals-~-japan/

以下、動画で見るととてもわかりやすいのですが、ダイアナ妃は身長も高く、その美貌からかなり目立つ存在なのですが、不思議なことに偉そうには見えない。

また当時の日本ではダイアナはとても人気のようですね。これは、キャロライン・ケネディ駐日大使なんかとは比べ物にならない盛り上がりようです。(比較すること自体間違いか…。ダイアナはイギリス王室だものね)



以下の映像をみていると、ダイアナ妃の写真集を手に持つ日本人女性も多い。もしかしたら、この時代の女性を表現している映像なのかもしれない。時代が変わっていくごとに、女性が女性に対する憧れの対象も変わってきますしね。

また以下の動画ではダイアナ妃の人柄がよくでている感じもします。

プロフェッショナルであろう。という強い責任感も感じられる。それはハイヒールの音一つとっても私にはわかるのです。

雅子さまが外務省でバリバリ働いていた時の爽快さを思い起こさせます。

キャリアウーマンみたいな…。さてさて、その映像を見てみましょうか。



1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災の直後、ダイアナ妃が来日してくださった映像です。これが3回目。ちなみに、

1986年
1990年
1995年

3度も、来日しているダイアナ妃。嬉しい限りですね。

その精神はダイアナ妃の息子、ウィリアム王子にも受け継がれており、東日本大地震の翌年、2015年2月28日にウィリアム王子の希望で、被災地を訪れています。

「高身長のウィリアム王子が天皇陛下にお辞儀するときの爽快さが、ダイアナ妃に似ていると思う理由【海外の反応】」



それにしても、このダイアナが訪れたころの徳仁親王や雅子さま、とても生き生きとしておられますね。特に雅子さまの笑顔は、かなり印象的ですし、ダイアナもその動きが、プロフェッショナル並み。今よりも、生き生きしている時代だったのかしら。

ちなみに、いつも天皇陛下だけに注目が集まってしまうと思うのですが、実は皇后美智子さまも、エンプレスという立場なので、ヨーロッパ皇室の皇太子妃レベルは、やはり跪き、curtsy をしています。

たとえば、ヴィクトリア妃(スウェーデン皇太子)が美智子さまと面会したときは、このようになっています。

「世界中で愛されている日本の皇后 (Empress) 美智子さまの英語【海外の反応】」



つまり、今後、ヨーロッパの王室で、皇太子妃レベルの女性はみな、雅子さまにこのように curtsy するということを意味しているのですよ。

雅子さまもきちんとヨーロッパの王室で、王妃レベルの女性には、 curtsy していますしね。

「雅子さまがオランダ国王夫妻に、膝を曲げてお辞儀(跪礼)をする瞬間」

以下、ダイアナ妃による天皇皇后両陛下への膝を曲げてするお辞儀 curtsy の動画に対する海外の反応を見てみることにします。



01.海外の名無しさん
あのハイヒールで、ダイアナはどうやって深々としかもあんなに画然に膝を曲げるお辞儀ができたのかしら?プリンセスとしてなんて最高の見本なの!

02.海外の名無しさん
彼女は英国のロイヤルファミリーにしてはかなりのものだった。まるで悪臭を放つ雑草の花輪の中でたった一つのバラだったよね。

03.海外の名無しさん
ダイアナ妃は非常にかわいらしい女性でした。彼女はとても素敵な人で、彼女の人格はとても親切で親しみやすい感じでした。 彼女のオーラはエレガンスさをにじみ出していましたし。

04.海外の名無しさん
このルールは君主が君主と会う時のみに適用される。例えばエリザベス女王は天皇と会っても curtsy もお辞儀もしない。なぜなら同じランクだからです。けれども、チャールズとカミラがベルギーの国王と会ったときは、チャールズは王子でカミラは事実上の王女であるため、チャールズはお辞儀をし、カミラは curtsy をした。

05.海外の名無しさん
おいおい、これは君主だけでなく、アメリカの大統領にも当てはまるぞ?事実上、アメリカの大統領は日本の天皇にプロトコールとしてお辞儀をする必要はないけれども、大統領は自らそれを選ぶことができる。たとえばジョージ・W・ブッシュ大統領やディック・チェイニー副大統領はお辞儀をしなかったけれども、オバマ大統領は自らしたよね。

マルチリンガールのコメント
世界にはいろいろな考え方がありますが、こういう皇室・王室のつながりは一生消えないでほしいと思いますね。特に、東アジアの中でも唯一、このような歴史あるファミリーを持つ国としては、やはり天皇の優位性は維持してほしいと思ったり。けれども、一方でロイヤルファミリーを持たない国からすると、王室が何だよ?皇室が何だよ?って話にもなってしまいますよね…。

こんな記事もオススメです。
「世界のプリンセス(王妃、王女)ランキング。日本の女性皇族は何位?」
「ミシェル・オバマ夫人が、天皇陛下の前で躓いたり、エリザベス女王の肩に手を回したりする理由」
「ヘンリー王子が暴露?ダイアナ妃の死をめぐる陰謀論を簡単に解説」



ダイアナ妃による天皇皇后両陛下への膝を曲げてするお辞儀 curtsy が美しすぎる【海外の反応】 ダイアナ妃による天皇皇后両陛下への膝を曲げてするお辞儀 curtsy が美しすぎる【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 17, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.