新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

李氏朝鮮時代の「奴婢」の写真が衝撃的だった件と、日本や欧米もなんら変わらないと思った理由




昔、李氏朝鮮時代の写真をみていたときに、チマチョゴリをきた女性が胸元を露わにしている写真を見たことがある。もう10年前くらいだろうか?今もそのような写真が、これが日本統治前の朝鮮人!のように見下したような記事を観る。

けれども、歴史的な事実とはいえ、そういう写真は出回るのに日本の黒歴史的な記事にはあまり遭遇しないのも不思議でならないと思ったりするのだ。

私はもともと、

・日本は美しい国
・江戸時代は世界で一番繁栄していた
・朝鮮の近代化は日本が統治したからだ

というような考えを持つ人間ではあるが、その中で、明らかに日本にも黒歴史は存在している。

たとえば私が北海道人なのにも知らなかった北海道でアイヌの若い人たちが、和人によって労働力として酷使されていたこと。これは学校では習うだろうか?

「世界に存在していた国 TOP10に、日本の「蝦夷共和国」がランクインしていたことと、東北の蝦夷とアイヌの関係」

また日本人女性が、ポルトガル人によって奴隷売買されていた話なんて学校で聞いたりしただろうか?

「日本史では語られない「日本人女性の性奴隷」がポルトガル人の間で売買されていた史実と、豊臣秀吉との関係」

私がたまたま勉強をしていなかっただけかもしれないけど…。話はもどって多くの人はネットに出てきた写真などをみて、たとえば、

①奴婢


②奴婢


③奴婢


④両班(ヤンバン)



この写真に出てくる①②③のような人たちが、朝鮮人の本来の姿。だと本気で信じているのだろう。そんな私も確かにそうだった。女性の写真は、敢えて載せなかった。

けれども、ウィキペディアで李氏朝鮮の身分制度と検索すると、いかのような記述を発見した。

李氏朝鮮の社会の身分階級は、学者によって分類が違うこともあるが、一般的に両班・中人・常人・賎人の4つに大別されている。このような体制は、高麗の時から伝わる社会的な伝統の上に土台を置いたもので、李氏朝鮮の集権的な政治体制の確立及び制度の整備とともに次第に固まっていった。すなわち、李氏朝鮮の新興貴族たちは高麗の貴族の代わりに支配階級に成長しながら両班階級を形成したが、一方、それに属せなかった人々は中人階級に残るようになった。

つまり、よく聞くことも多い両班(ヤンバン)というのは、ものすごくよい暮らしをしていて、賎人たちは、奴隷のような暮らしをしていたということになる。




日本にも、穢多(えた)・非人などというのを歴史で習ったことがあるけれど、その国によって一番下位になってしまった人たちがどう扱われるかは違うとしても、歴史上、どの国にでもこのように、上位と下位で区別されている。ということは事実なのではないだろうか?

ちなみに、穢多・非人などは最近は、一緒くたにできないという声も聞かれる。たとえば、江戸や大阪などの都市部で暮らしたくなくて、山に住んでいた人たちを、穢多。と呼んだりしていたこともあったことや、実はそういう人たちにしかできない鉄砲を作る仕事などで、人によっては金を稼いだという話しも聞く。

また都市部で悪さをして非人にされてしまった人や、この記事の上にも書いたように、もともと朝廷に抵抗する勢力といわれている蝦夷(えみし)がそのように呼ばれていたという声もあるし、つまり、いろんな人たちがいるので、彼らを一緒くたにするのが逆に難しいのだそうだ。

逆に日本人は、そういう山に暮らしていた日本人の歴史などは勉強しようとしない。しかも、あたかもそれらは日本人ではない。と思い込んでいる人さえもいる気がする。

つまり、綺麗な部分だけを見て、日本って美しい国だね。と思いたいのである。

また現在の日本人は、部落などと聞くと、もともと日本に存在していた、えた・非人などの部落と、戦後に朝鮮人が移住してきて彼らが作った部落を混同したりさえもしている。けれど、これらは全く別物である。

第14回 被差別部落とその歴史【CGS 古谷経衡】

というふうに、多くの人が一つの概念で物事を考えてしまっているのではないだろうか?部落といっても、それができた過程は、年代により違い、明らかに近代に入って朝鮮人が集まってできた部落は、えた・非人などの本来の部落とは違うのである。





で、いまだにこのように血筋的な話を気にする人は多いと思う。けれど、世界は確実に変わっているのではないだろうか?

黒人の血を引いたメーガン・マークルさんがヘンリー王子と結婚して、イギリス王室に入ったり、オバマさんが米国で初めての黒人大統領になったり。

「英国王室のヘンリー王子と、黒人の母を持つメーガン・マークルが婚約に向けて動いてる!?【海外の反応】」

これは日本しか知らない人からすると、別に驚きもしないことかもしれないけれども、西洋人から見た場合、ものすごく歴史的な瞬間である。



たとえオバマさんやメーガンさんが生粋の黒人ではなく、白人と黒人のハーフだったとしても、世界一の大国の大統領になったり、日本の天皇家よりも何倍も世界で注目を浴びるイギリス王室に、ほんの数百年前まで奴隷と見なされていた黒人の子孫が入る。ということは、ものすごい出来事なのだ。

王室と日本の皇室は、全く性格が異なるとしても、一般の人たちからすると、日本の皇室に東南アジア人が入るようなものと似ている。インドネシア人だって、オランダの植民地時代の時は奴隷扱いだったのだから。

数百年前に白人が聖書には奴隷制度は悪いことではないと解釈し、黒人のブローカーを使って黒人が黒人をアフリカからいろんな国に送り働かせるというビジネスが生まれた。

https://www.gotquestions.org/Japanese/Japanese-slavery.html

ということは、日本の義務教育ではあまり触れられないと思うけれども、そのように白人が黒人を動物のように扱ってきた写真は今でも残っているので、明らかである。




https://www.pinterest.jp/pin/519602875736526842/

にもかかわらず、西洋では現在でも差別が根強く残ってるにせよ、黒人が多くの業界で活躍している。またヨーロッパで迫害されてきたユダヤ人は、今どうだろう?彼らが集まる国イスラエルは建国100年も経たないうちに、日本とほとんど変わらないくらい近代化した技術大国になり、アメリカの政治を動かす存在にもなっている。

つまり私はこの記事で何を言いたいかというと、どの国でも下位の人たちはいたということであり、それらを笑いものにしても仕方がないのである。

しかも、そういう人たちの中にはグイグイのしあがって、経済的に成功している人が多いのもまた面白い。

また、この李氏朝鮮時代に階級制度があったことからもわかるように、すべての韓国人が下位だったわけでもない。

また面白い話に、李氏朝鮮時代、このように下位にいた人たちが日本の統治時代を喜んだという話しも聞く。

そして現在でも、一部の人がほとんどの富を所有しているということを考えれば、現代版でいうと、皮肉なことに、一部の大富豪が両班であり、多くの人が奴婢なのではないだろうか?とさえも思ったりする。

「大富豪上位8人(そのうち半数はユダヤ人)だけで、世界人口の半分以上の純資産を持つ事実と、日本の上位10人の資産が国民3000万人分である現実」

ITが普及したことで、今後も発展途上国の人がもっと豊かになり、日本人が俺らはアジアで一番すげえんだぜぃ。なんて思っている間に、どんどん優秀なアジアの人たちに経済的な豊かさで追い抜かれていくのではないか?と最近の日本を危惧している私である…。

韓国も韓国で優秀な人は、平均的な日本人より全然優秀になっているし、またその経済的所得の差も広がっている。

たとえば日本人でひとくくりにして安心感を得ようと思っている層の日本人もいる一方で、明らかに今は国籍うんぬんではなく、その人たちの学力や所得、やる気、情熱などが、ある意味、上とか下とか思いたくなる判断基準に置き換わってきている気もするのだ。

たとえば、私がよく韓国で韓国人から聞くのは、日本人というよりは、何もしないで遊んでばかりいる日本人って本当にかわいそうだよね。とよく聞くことだ。(国籍が日本人とうだけで安心してしまっていると言っていた)

なので、中国人は、あ~だよね~。とか、韓国人はあ~だよね~。フィリピン人やインドネシア人は日本人大好きだから無条件でみんな大好き~。みたいな考えはやめたほうがいい。

ということを、最近の日本の韓国バカにしてる系の記事をみていて思った私でした(笑)→記事として終わり方が不自然だったかもw

こんな記事もオススメです。
「李氏朝鮮時代まで存在した韓国の高級娼婦、妓生 (きしょう)の写真が物語るその実態とは」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


李氏朝鮮時代の「奴婢」の写真が衝撃的だった件と、日本や欧米もなんら変わらないと思った理由 李氏朝鮮時代の「奴婢」の写真が衝撃的だった件と、日本や欧米もなんら変わらないと思った理由 Reviewed by よこいりょうこ on 5月 21, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.