2014/07/10

ベトナム語を勉強するメリット、需要、重要性

まず、以下はベトナム語の語彙リストをリンクさせたページですので、ご活用してみてください。
「マルチリンガルになるための単語帳リスト」


(ベトナムのリゾート地)

ベトナム語のメリットを考えたことはありますか?最近は中国語が第二外国語として依然として人気。また、エンターテイメントなどに影響された日本の方は韓国語に走る傾向があります。

また、ベトナム語を勉強している人なんて周りにいないと思います。東南アジア諸国連合で人気の言語といえば、タイ語かインドネシア語でしょう。

インドネシア語は2億人以上の人口、またマレーシアとブルネイもインドネシア語が理解できるため、(インドネシア語は戦後マレー語をもとに作られているので)

インドネシア語をビジネスの機会ととらえて学習する人は多いと思います。またタイという国は日系企業も多く進出していたり、仏教国という世界でも珍しい国で、しかもそこそこ発展しているので、キリスト教圏やイスラム教圏の決まりごとにとらわれたくない人たちが、この国を目指す傾向にあると思います。


(ベトナムが発展してくると、その地政学的な重要性に気づく人が増えると思います)

一方、ベトナムという場所は地政学的にこれから重要になってくると私は思っています。ベトナムはインドシナ(東南アジアの島国を除く部分)の中心部であるタイなどに比べると、いまだ発展していないのですが、中国がこれから急激ではなくても、少しずつ東アジアでの主導権を握るようになると仮定すると、フィリピンとベトナムと日本の関係はますます強くなります。

天皇皇后両陛下がいまだ実現できていなかったフィリピンに2016年にご訪問されたということも、一つのポイントとなるように私は捉えています。

地政学的に見ると、ベトナムと中国は対立せざるを得ない位置にあります。その中で、政治的なつながりが今後日本とベトナムとの間に強くなると私は予想していています。

ベトナムは東南アジア?それとも東アジア?

これは欧米でもよく話題になることなのですが、ベトナムを東アジアと思う人もいれば東南アジアと思う人もいるということです。つまり、ベトナムは朝鮮半島と同じ漢字文化圏であり、この地域が発展すると、現在の東アジアの主要国である日本・中国・韓国はベトナムのことを東アジアと認めるのでは?と思ってしまいます。


(下から二番目がベトナム語の漢字です。最近は漢字を復活させようという動きもあるそうです)

このように、東アジアの主要国である日本・中国・韓国、また北朝鮮、ベトナム、香港、マカオで使用されている言語の会話・または文章における頻出単語の半数以上は漢字をもとに作られていて、漢字を理解できる人にとっては大変学びやすい言語となっています。

TPPが発効して、もっとも経済成長が見込まれるのがベトナムと言われています。そのベトナムの役割は簡単に言えば、今まで中国がやってきたことをベトナムがやるということ。

以下のURLはブルームバーグによって2015年に書かれたベトナムの成長率に関する記事です。

http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-10-08/more-shoes-and-shrimp-less-china-reliance-for-vietnam-in-tpp

現在、中国は今までの大量生産から産業を変える時期にきており、ベトナムがその受け皿となるというのが一般論です。そして私もこれ以上の知識はありません。一般論でしか語ることができませんが…。

ベトナム語を勉強するのと韓国語を勉強するのは同じような感覚?

おそらく多くの人が気づいていないこと。それは、ベトナムも漢字圏だったので、韓国語にたくさんの漢字語が入っているように、数をこなしていけば、漢字語がわかるようになります。また上級に行けば行くほど、漢字語が増えていきますので、特に中国語を齧った人なら、他の人と学習のスピードに差がつくと思います。


(ベトナムの景色は美しいですね)

結論

結論から言うと、ベトナムが好きな人、また東南アジアの人気言語であるインドネシア語やタイ語と差別化を図りたい人、そしてベトナムの日系企業で働いて経験を積みたい人、ベトナムでビジネスを興したい人などは、ちょっとかじってみるのもいいかもしれません。

やはりベトナム人がいくら英語を勉強していたとしても、現地の言葉がわかるのとわからないのでは、相手とのビジネス以上の信頼関係を作るのは難しいと思います。相手の文化を知ってこそ、相手に受け入れてもらえるのだと私は思っています。

アメリカ人が英語だけで話しているのと、ちょっとつたない日本語で、お寺とか神社とかサムライって言ってくれたほうが日本人だって絶対うれしいしね!

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?

「マルチリンガル情報(専門以外の外国語学習)」に戻る

2016年02月05日更新


0 件のコメント: