2016/03/16

英語の発音で最も厄介な æ / ɑ / ʌ / ə の違い

英語の母音が厄介な理由の1つに、日本語と違い英語にはいくつかのアのような音が存在するということだと思います。(実際にはどれも日本語のアとは違う)

発音が上手な人でも多くの人がこのアに近い音の区別をないがしろにしているところがあります。実際、これらのアの音をきちんと区別して覚えなくても、ネイティブスピーカーのように話せることは事実なのですが、これらの音の違いが存在するということを理解することは、他の言語を学ぶときにも重要と言えます。

また、これらのアの音は、英語を書いたとき、つまりスペルでは、すべて "a" と書かれていることが多く、国際音声記号を暗記するうえでは、一番厄介な存在と言えそうです。ですが、覚えると、コツや傾向がどんどんわかってくるのと、アが区別できることで発音に対して、強い抵抗感もなくなってくると思います。


(②番は、この写真のように口を大きくあけてアーっていいます)

国際音声記号を覚えるうえで、

これら、④つのアは、どれも日本語に存在するアとは違います。

例えば、カムというような音をする単語を例にとってみます。

①cam [kæm] エとアの中間の音。そのため、この単語ではキャのような音になります。喉を使うというのがポイント。また、強い単語に使われることが多い発音です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Open_front_unrounded_vowel

②calm [kɑm] 舌を引くことによって喉が開いた状態で伸ばすア
https://en.wikipedia.org/wiki/Open_back_unrounded_vowel

③come [kʌm] 日本語のアに近いような気もするのですが、アの形でオと言うような、アに近い発音で伸ばさない。
https://en.wikipedia.org/wiki/Open-mid_back_unrounded_vowel

④welcome [ˈwɛlkəm] ③とほとんど同じと言われていますが、この国際音声記号は、曖昧に発音するというのがもっとも基本的な発音方法です。なので、アとは限らないのです。スペルが "i" だとすれば、イをぼかしたような音になります。
https://en.wikipedia.org/wiki/%C6%8F
この内容について、動画をアップロード予定・・。

この①②③④という順に音の強さが下がっていきます。

こんな記事もオススメです。
「国際音声記号(IPA)を知ると、どんな言語の発音でも簡単になります」

0 件のコメント: