2016/10/18

日本人が知らない、ロシア人からみた北方領土問題

北方領土の記事についてずっと書こうと思っていましたが、書くことができずにいました。北方領土といえば私の故郷でもある北海道の島々。


http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/ryodo/hoppou.html

また、ロシアからみれば、侵略戦争をした日本から奪った島。という認識。これはアメリカが沖縄を占領したのと同じようなもの。というのがロシアの考え方なのかもしれない。

いくら日本人がもともと蝦夷の地にアイヌ民族が住んでいた。とか、日本固有の領土だったと言っても、ロシアは一歩も引かない。

なぜ、ロシアがこの問題で一歩も引かないのかということに対して、私には以前までこのような考えがあった。


https://eugene.kaspersky.com/2014/09/10/kuril-islands-vacations-climate/

①北方領土には資源があるから日本には渡せない。
②北方領土の北に位置する千島列島は冬には凍るため、北方領土というエリアがあることでロシアが太平洋に出ることができる

このくらいだろうか・・・。

北方四島が返還されたとしたら?

逆に日本に北方四島が返還されたとして、日本人は本気で北方領土を豊かにする気持ちはあるのだろうか?というのは私の疑問でもある。

現在の沖縄が貧しいことは知られていますが、北海道自体経済がよくない中で、北方領土が返還されたとしても、そこに住む人たちの暮らしを豊かにしたりすることは、おそらく難しいというのが私の考えです。(ほかにもいろいろな意見が聞きたいですが・・・)

最近ささやかれている、日本とロシアによる共同統治。

これは私は反対。なぜなら現在の北方領土での犯罪率は高いと言われていて、特に麻薬なども出回っているという風にも言われているから。そんな人たちが札幌に出稼ぎにやってきたらどうだろうか?…

札幌がロシア人化してしまうのでは?というのはちょっと言いすぎですが・・。



ロシアの本音は、アメリカに北方領土を渡したくない。

ロシア人がまず第一に考えることはアメリカの存在。日本の背後にはアメリカ軍がいるということ、これはなかなか日本にいると想像しがたいと思うのですが、ロシア人は、北方領土を返還したあとに、その地にアメリカ軍が駐留することに大きな抵抗があるのではないかと思っています。

ロシアにどれだけアメリカの資本が流れて経済が密接に結びついていても、プーチン大統領がいる限り、現在のシリアでのアメリカの対立やウクライナ問題からみてもわかるように、

プーチン大統領は本気でアメリカを代表とする多国籍企業連合に対抗しているようにも思える。

その仲間が、イラン。

現在、イラク、リビアに続きシリアがアメリカに潰されそうになっていますが、シリアをアメリカに渡すまい!ということでロシアがずっと助けている。というのが現状。(ロシアやイランではこのように報道されています)

一度トルコはロシア軍にケンカを売りましたが、実際にアメリカよりもロシアのほうが信頼できると思ったのか、現在、驚くほど、トルコとロシアは仲良くなってしまいました。

このように、アメリカが次々と、アメリカに抵抗していた国に入り込んで潰しに入っているという事実。(次にアメリカが介入を強く求めているのは、北朝鮮しかないというのが私の意見。)もうすでに始まっているが・・・。そのうち、アメリカを裏切ったフィリピンも潰されるかもね・・・(´;ω;`)



というように、ロシアはアメリカをこのようにみているわけです。

またプーチン大統領も国民にこのように説明しているのです。上の内容はロシアの国営ニュースなども堂々と書いていますが、もちろんアメリカやヨーロッパのニュースでは見たことがありません。

西側諸国(日本も含めた)では一部で陰謀論だと思われていることでも、ロシアでは本気で信じられています。

ということで、ロシアは絶対に北方領土を渡したくない。けれども、ロシアは西はドイツ、東は日本という技術大国と関係を強化して、ロシアの経済を活性化させたい。

シベリア鉄道に新幹線のようなものを導入して、現在中国が行っているシルクロードのようなルートに対抗したい。

日本にロシアから天然ガスのパイプラインを敷いてロシアの収入を安定的にしたい。

などです。


https://eugene.kaspersky.com/tag/kurils/

ロシア人は日本人に対して悪い感情はありませんが、それが領土の話となれば別。ロシアが北方領土を抑えている限り、日本に強気でいられるからです。

ロシア側は何度も、二島返還を日本に求めてきた。日本の政治家はなぜか4島全部の返還を求めている。なぜなら2島だけ返還されてしまうと、じゃ竹島や、尖閣なども分割するのか?ということになるからかもしれない。

けれども、実際に北海道の道東すら経済が衰退しているのに、北方領土を取り戻して、そこに住む人たちの生活を改善することはできるのか?という疑問は残る。(資源が眠っているのなら話は別ですが・・・)もちろん、道産子として北方領土が帰ってくること以上にうれしいことはありませんが・・・。

という、私が北方領土について頭の中に眠っていた意見を書かせていただきました。m(__)m

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

0 件のコメント: