多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

インドにおける、セックスや恋愛についての考え方が変わってきている?【インドの反応】





最近私がインドについて思うことと言えば、インドの市場にはヨーロッパ人やアメリカ人などが参入したり、欧米などで教育を受けたインド人がインドに帰ってきて、インドを改革しているのではないか?ということ。

インドは国が広いし、たくさんの民族がいるので、まとまりがない感じもするのですが、大都市を中心にインドにおける考え方は、かなり西洋化してきているのではないか?またその西洋化のスピードは、中国よりも速く進んでいくのではないか?というのが私の思うところである。

というのも、インドのフェイスブックユーザーはアメリカの2億人と同じ。しかも、アメリカとインドは同じ英語を使っている。

以下のURLでは、世界のフェイスブックユーザの人口グラフを見ることができる。
https://www.statista.com/statistics/268136/top-15-countries-based-on-number-of-facebook-users/

インド(2億4100万人)
アメリカ(2億4000万人)
ブラジル(1億3900万人)
インドネシア(1億2600万人)
メキシコ(8500万人)
フィリピン(6900万人)
ベトナム(6400万人)
タイ(5700万人)
トルコ(5600万人)
英国(4400万人)

このランキングは、私がこの記事を書いている時点での2017年における各国のフェイスブックユーザの人口である。

ちなみに、ここで気になるのは日本ではそれほどフェイスブックユーザが多くはないということ。日本では特に、若者がプライベートの干渉をされるのが嫌という理由で twitter を使っている人も多い。ちなみに、twitter は世界的にみると、ユーザー数はそれほど多くなく、日本人とアメリカ人がかなりの割合で使っているツールともいわれている。それにしても、インドのFBユーザーは今後、世界一になる。

少し話は脱線してしまいましたが、

人口が似ているインドと中国を比べてみると、中国はフェイスブックが使えないし、多くの規制があるので、その分アメリカ企業にとってインド市場というのは、参入しやすいのではないか?と思ったりもする。

そういう意味でも、インドが欧米的な価値観に今後、ますます染められていくのではないか?と私は思っている。

実際に、インドのバンガロールという都市では、多くのIT系起業家が生まれ、アメリカのシリコンバレーにある大企業が支店をたくさん置いたりしているそうだ。

そんな中、インド人のセックスや恋愛に対する考え方にも変化がみられるという。
で、そんなインドの状況を調べようと、ユーチューブ動画を検索していたら、

イケメンゲットしちゃったもん!

とでも言っているかのようにみえる、インド人女性の小悪魔的なこの顔につられて、この動画を見てしまった。( ´艸`)

動画のタイトルは、

なぜインド人の若者は、隠れてデートするのか?

https://www.youtube.com/watch?v=37NvyfKyOu4

である。

日本でも、隠れてデートするような時代があったのかもしれないけれども、現在隠れてデートするような人はほとんどいないと思う。

で私自身も、”インドにおける、セックスや恋愛についての考え方が変わってきている?”ということについて調べてみたいと思った。

動画の内容はざっくりこんな感じ
インドでは公共の場でキスをすることはいいこととされていないのだけれども、糞をすることはOKとされている。というコメントがあります。つまり、それだけインドでは、公共の場での愛情表現がタブーとされている。

日本でも人前でキスをしたりするのは、マナーのない人間だと思われると思うのですが、これはフランスのパリとか、スペイン、イタリアでは全く状況が異なってきたりする。

インドでは、 moral police というものがあり、直訳すると道徳警察。さすがにこういう警察は日本にはいませんが…。

インドでは、あるレストランでキスをしている人がいたという理由でレストランが襲撃されるような事件がたびたび起こるのだという。

そこで、インド人は自分がしたいことをするべきだ。つまり、キスをするというだけで他人から暴力を受けたり、レストランが襲撃されるのは間違っていると主張する人達が立ち上がった。

そして、その立ち上がったインド人でもある動画の中の男性は、

あるレベルに到達するまでは、ロマンスというのは肉体的な関係である。なので肉体的な関係はとても重要だ。と話す。




結婚するまで肉体的な関係が持てないとされているインドで、インド版のラブホテルのようなものを作ろうとする動きが出ている。というのです。

ちなみに、そんな日本人や韓国人がまさに大好きそうなラブホテルの起源は、江戸時代茶屋の奥に布団が敷かれた「出会茶屋(色茶屋)」や、河原の遊覧船で行為する「川舟」と言われている。そうです。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Love_hotel#Japan

誰かがキスしているくらいでレストランが襲撃される国インドでこういう事業を継続するのは大変なことだと思うけれども、そういう中で、ホテルも万全の態勢をとっているのだという。

ある意味、これはインドの宗教観が絡む価値観によるものが原因の気もするし、日本人の私からしたらちょっと、異質な感じがしてこの動画を見ているだけでも楽しかった。

で、

以下、この動画に対するインド人の反応を書いていきます。

01.インド人の名無しさん
カーマ・スートラ(体位)を開発したのはインドじゃなかったけ?

02.インド人の名無しさん
インド人がこういうアイデアを思いつく、または採用するようになって安心したよ。ウェブサイト名はちょっと好きになれなかったけどね。。

03.インド人の名無しさん
3:11に流れていた銅像の、アレのサイズ観たか?!

04.インド人の名無しさん
このヒンズー教のモラル感がほんとウザイぜ!

05.インド人の名無しさん
インドでは公共の場ではキスできないのに、糞をしたり、用を足すのはなぜか許されている・・。ほんと、最低な国だよな!

06.インド人の名無しさん
インドの人口はすでに13億超え、保守派勢力も弱まるだろう・・・

07.インド人の名無しさん
なんて興味深いドキュメンタリーなの?インド人なのに、こういう実情に気づけていなかった私。ちなみに、私は独身女性だよん!

08.インド人の名無しさん
なぜインドでレイプが多発するか?その原因は、いまだにラブホテルもないようなインドだし、公共の場でキスもできないような価値観が原因なのではないか?

09.インド人の名無しさん
アメリカの自由主義に感謝するべきだよね。愛は美しいし、キスをすることも手をつなぐことも美しい。だからそんなこと本当は制限されるべきじゃないんだ。けれどもね、公共の場合で本番をするのはさすがに禁止されるべき。

10.インド人の名無しさん
インド人ですが、とても悲しいのはインド人が昔の価値観や伝統固執し続けることです。それらを守り続けることと人権を守ること、どちらが大切なのか?と問いたい。確かに公共の場でのみだらな行為は制限されるべきである。けれども、完全にそれらを排除しようとするのはいかにも馬鹿げている。特にインドでは年配の人たちを中心に考え方が偏りすぎていると感じる。つまり、器が小さいんだよね。俺が妹と歩いているだけで、変な目で見られるようなインドだぜ?

マルチリンガールの感想
このように、インドでタブーとされていることがどんどん変革していっているのは、まさに時代が変わってきている証拠だと思う。私はインドに詳しいとは言えませんが、インドでは昔からレイプが多かったけれども、それがインターネットの普及によってインドでのレイプの実態が報道されやすくなった。宗教的な価値観で無理やり抑制しようとすると、そういうのが問題化してしまうのではないか?また、そういうラブホ?のような日本的な文化を取り入れるのも、もしかしたらインドの発展を加速させる原動力となるのかもしれない。

こんな記事もオススメです。
「ヒンディー語、ウルドゥー語を勉強するメリット、需要、重要性」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」






インドにおける、セックスや恋愛についての考え方が変わってきている?【インドの反応】 インドにおける、セックスや恋愛についての考え方が変わってきている?【インドの反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 5月 29, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.