多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

インドにおける、セックスや恋愛についての考え方が変わってきている?【インドの反応】




最近私がインドについて思うことと言えば、インドの市場にはヨーロッパ人やアメリカ人などが参入したり、欧米などで教育を受けたインド人がインドに帰ってきて、インドを改革しているのではないか?ということ。

インドは国が広いし、たくさんの民族がいるので、まとまりがない感じもするのですが、大都市を中心にインドにおける考え方は、かなり西洋化してきているのではないか?またその西洋化のスピードは、中国よりも速く進んでいくのではないか?というのが私の思うところである。

というのも、インドのフェイスブックユーザーはアメリカの2億人と同じ。しかも、アメリカとインドは同じ英語を使っている。
https://www.statista.com/statistics/268136/top-15-countries-based-on-number-of-facebook-users/

一方、中国はフェイスブックが使えないし、ヨーロッパでは基本的に言語が統一されていないので、アメリカ人にとってインド市場というのは、入りやすいのではないか?と思う。

そういう意味でも、インドが欧米的な価値観に今後、ますます染められていくのではないか?と私は思っている。

で、以下の動画をみて、”インドにおける、セックスや恋愛についての考え方が変わってきている?”ということについて調べてみた。


https://www.youtube.com/watch?v=37NvyfKyOu4

インドでは公共の場でキスをすることはいいこととされていないのだけれども、糞をすることはOKとされている。というコメントがあります。つまり、それだけインドでは、公共の場での愛情表現がタブーとされている。

日本でも人前でキスをしたりするのは、マナーのない人間だと思われると思うのですが、これはフランスのパリとか、スペイン、イタリアでは全く状況が異なってきたりする。

インドでは、 moral police というものがあり、直訳すると道徳警察。さすがにこういう警察は日本にはありませんが…。

インドでは、あるレストランでキスをしている人がいたという理由でレストランが襲撃されるような事件がたびたび起こるのだという。

そこで、インド人は自分がしたいことをするべきだ。つまり、キスをするというだけで他人から暴力を受けたり、レストランが襲撃されるのは間違っていると主張する人達が立ち上がった。

あるレベルに到達するまでは、ロマンスというのは肉体的な関係である。なので肉体的な関係はとても重要だ。と話す。

結婚するまで肉体的な関係が持てないとされているインドで、インド版のラブホテルのようなものを作ろうとする動きが出ている。というのです。

誰かがキスしているくらいでレストランが襲撃される国インドでこういう事業を継続するのは大変なことだと思うけれども、そういう中で、ホテルも万全の態勢をとっているのだという。

ある意味、これはインドの宗教観が絡む価値観によるものが原因の気もするし、日本人の私からしたらちょっと、異質な感じがしてこの動画を見ているだけでも楽しかった。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



インドにおける、セックスや恋愛についての考え方が変わってきている?【インドの反応】 インドにおける、セックスや恋愛についての考え方が変わってきている?【インドの反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 5月 29, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.