新しいタイプのプロパガンダ!?海外在住、多言語話者でオカマの「まるちりんがーる」りょうこが言語や国際事情を独自の視点で発信していきます( ゚Д゚)/



韓国、釜山の風俗街「チャガルチ」と「ワノルドン」が世界で話題になっていた件【海外の反応】



この記事では、韓国第二の都市である釜山の風俗街「チャガルチ」と「ワノルドン」について書いておきたいと思う。というのも、私自身旅行中に知らずして間違って風俗街に入ってしまって嫌な思いをしたことがあるからだ。

なので釜山に旅行をする人は、この場所の位置くらいは先に確認しておいてほしい。→チャガルチ市場というのは、釜山でも有名な市場のことで、その近くにあるワノルドン(玩月洞)と、この一帯は釜山の置屋街になっている。

以下の記事にも書いたけれども、

「【閲覧注意】旅行中に間違って行ってはいけない、世界の売春街(風俗街) TOP18」

なるべく闇のエリア、貧困オーラが漂う場所には立ち入らないほうが良いと思うからだ。そういう場所は負のオーラがプンプン漂うので、そういう場所の近くに住んでいる人たちも、何か病んで見えることが多い。

例えばクリーンなイメージのあるシンガポールね。確かにシンガポールのマリーナベイサンズ周辺は東南アジアでも一番きれいで、洗練された場所だけれども、その中心から北東に進むと(空港に向かっていく途中にある)、シンガポール観光ではほとんど強調されることのないゲイラン地区というのがある。

「在住者も知らなかった?シンガポールの売春地区「ゲイラン」が話題になっていた件【海外の反応】」

ここも行ってきたけど、昼間から、ゲイランの食堂などでご飯を食べているシンガポール人は私がシティなどで見かけるシンガポール人とは雰囲気がかなり違う。

これは行ってみた人にしか分からない感覚なのだけどね…。

さて本題に入っていこう。韓国といえば、売春女性のイメージを持つ人も多いだろう。というのも、韓国人女性は現在、世界中に散らばっており、売春をしているからだ!というと、あたかも私が知ったかぶりのように聞こえるのかもしれないのだけれども、実際に韓国語のサイトにも、アメリカに売春目的でやってくる外国人の一位が、韓国人女性となっている…。(;^_^A

미국에서 몸파는 여자 1위

あら、ほんとかよぉっ!みたいな…。この韓国語のサイトによれば、順位はこのようになるのだとか。

4位 メキシコ(9.6%)
3位 ペルー(10%)
2位 タイ(11.7%)
1位 韓国(23%)

私からすると、タイ人のほうが売春婦のイメージが多かったのだけれども、アメリカという世界でもビッグな市場に、タイの二倍の韓国人女性が売春目的できているとなると、ちょっと印象も変わってしまう。

ちなみにより詳細なランキングは以下にまとめた。それでもやはり上位である。

「日本は何位?セックスワーカー(性労働者)の比率が高い国ランキング TOP10【海外の反応】」




また、韓国では日本とは違い、売春地区がまるでウィンドウショッピングをするかのように、ガラス張りの小屋のようなところに女性が座っている。(美容室?と最初は思った)

それに、以下にも書いたのだけれども、一応韓国で売春が不法であるものの、暗黙の了解的な感覚で行われていることが分かる。

「韓国人男性は、非合法である韓国人女性の売春に対してどう思っているのか?日本では伝えられない韓国の風俗街【海外の反応】」

ちなみに私は韓国に住んでいいたときに、清凉里(チョンニャンニ)という場所を彷徨っていて初めてこの韓国版の風俗街を知らず知らず通ってしまったときは、かなりゾクっと、不気味なオーラを感じた。これは今でも忘れられない。

その時の感覚は、最初、美容室街?と思うような、オシャレでお人形さんみたいな韓国人女性がガラス張りの小さい小屋?みたいなところから、まるで商品のように、展示されているかのような感じで、冷酷なオーラが漂っていた。

ここは私の来る場所じゃないと悟った私は、ものすごく怖くなり、近くに合ったロッテデパートに逃げ込んだけど(;^_^A

どうやらこういう場所って釜山にもあるようで、以下の動画は、なんと500万回以上も再生されている動画を発見した。

で、私がこういう街を歩いていて感じたのは、日本と違って韓国の場合は、私たちが売ってあげてるんだよ!みたいな上から目線的に見え、また冷酷な顔をしていたことだ。

日本の場合、サービス精神みたいな感じで、お客様が偉いみたいなイメージだと思うのだけれどもここ韓国の場合はそれが逆。

昔、李氏朝鮮時代までキーセンという、未成年っぽい女性が男性にサービスするようなことがあったが、そういう弱弱しい女性とは違い、現代の韓国人売春婦は、冷酷なイメージが強い感じがする。(個人的な勝手な感想)

「李氏朝鮮時代まで存在した韓国の高級娼婦、妓生 (キーセン)の写真が物語るその実態とは」

で、この記事では、釜山の風俗街でもある夜「チャガルチ」に潜入した動画の反応を書いたのだけれども、その肝心の動画が削除されていた。→もともと、いつか削除される動画だとは思っていたのだけれども。

けれども、動画の反応などはそのまま残しつつも、違う動画も探ってみよう。

以下、2018/08/09 にアップロードされていた動画。再生回数が少ないので、削除されることはないかもしれない。

[RED LIGHT IN KOREA] P4: Busan Korea A Nighttime Walk from Busan Hotel to Jagalchi Green Street



このスクリーンショットは上のURLの動画からのもの。きちんとモザイクもかけられており、顔は特定できないようになっている。

それにしても、お人形さん?と思ってしまうほど、アジア人女性の基準で考えた場合、ものすごくスタイルが良い。(西洋人の基準からみた場合、骨と皮だけに見えるけど)

ちなみに、ワノルドンについては韓国の一般ニュースでも普通に報じられていた。

부산 대표 집창촌 '완월동' 폐쇄 나선다(연합뉴스TV)

最近韓国では売春に対する取り締まりが厳しくなっており、ソウルでも清凉里の風俗街が封鎖されるなど、また大邱でも、風俗街で働く女性たちが社会に復帰できるように支援が始まるなどで、徐々に姿を消していっている。

が、日本と同じようにインターネットを介してこういう活動は今後も消えていかないのだろうね。


以下、海外の反応


韓国人女性の5人に1人が売春に従事しているって聞いたことがあるよ。あと、売春婦を世界に送り出していることでも有名だよね。

(韓国人)
この映像は、韓国にやってくる外国人のためにこの売春婦を宣伝するための映像?国の恥さらしですね。

(韓国人女性)
需要があるから供給があることじゃないの?まずは、なぜこれほど需要があるか?ってことを考えるということも大事だと思う。

(韓国人)
非常に恥ずかしい。売春婦だって肖像権があるのに、こんなふうにモザイクもかけずに映し出されているなんて・・・

こういう映像とっている人って本当に何もすることないのかな。。

(韓国人)
売春婦をバカにするな!キミたちのような、一度も恋人に巡り合えなかったようなやつらが、唯一愛することのできる方々なのであるぞ?




マルチリンガールのコメント

コメントはほとんどが韓国人によるものだった。特になんでこんなの撮ってんの?というようなものが多く。確かに、自国の女性をこんなふうに撮られると嫌な感じはするよね。

けれども、映像に出てくる女性などは手を振ったりしているというのも、なんだか日本とノリが違う?というような感じもする。

いずれにしても、韓国は日本と違い決してアルバイトだけでは生活していくのは厳しい国であり、このような場所に流れてくる人もいるっていうことは一つあるということは頭に入れておきたい。

P.S.
最近は出会いはアプリなどで売春している韓国人女性が多いようで、特に大学の学費が払えず、援助交際的に売春をしまくる若者が増えているという情報を韓国人からゲットした。

私がアプリで知り合った韓国人男性が、いつもマッチングしてくる女性の多くが写真がモデルのようにきれいで、最終的には金銭を要求してくるんだ…。だってさ…( ゚Д゚)//

フェイスブックでの反応

Hiratsukaさん
昔、ソウルのミヤリに行く機会がありました、現地人向けの売春宿が200件くらいあった、、、

益田さん
現地の人と昔行きましたが交番が入り口にある完璧管理売春ですね。釜山のチャガルチ市場なら知ってたけどまさかソウルのミアリと同じ風俗通りとは。


芦沢さん
アムステルダムのパクリっしょ。

木田さん
大阪の飛田新地の雰囲気に似ていますね。

こんな記事も読まれています。
「ベトナム戦争時にレイプされた生存者が、韓国軍による「戦争犯罪」に対して謝罪と賠償金を要求している動画が世界で話題に【海外の反応】」
「貧困と格差が蔓延!?テレビやメディアで報じられない韓国のスラム街と、夜の街【海外の反応】」
韓国、釜山の風俗街「チャガルチ」と「ワノルドン」が世界で話題になっていた件【海外の反応】 韓国、釜山の風俗街「チャガルチ」と「ワノルドン」が世界で話題になっていた件【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 2月 01, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.