新しいタイプのプロパガンダ!?海外在住、多言語話者でオカマの「まるちりんがーる」りょうこが言語や国際事情を独自の視点で発信していきます( ゚Д゚)/



欧米人とは違い、日本人女性にミニスカートを履く人が多い理由【海外の反応】



日本は異常なまでのファッション大国だ。と言いたいところだが、最近それは少しずつ変わりつつある。それは高度経済成長期、バブル崩壊後、つまり1990年代のような、日本とアメリカだけが世界で一番経済が良かった時代は終わり、相対的な世界における日本のGDPが縮小しているからである。

これは、以下の記事でも書いたが、日本の経済が縮小したというよりは、アジアの日本一人勝ちから、中国・インド・東南アジアで中間層が増えたことによるもの。と言ったほうがいいかもしれない。

その分、世界におけるアジア人女性の地位が向上したことも確かなのである。(一昔前までは、かなりバカにされていた)

「西洋人VS東洋人。個性、身体的魅力、スタイルを比較した動画が面白い【海外の反応】」

また日本では、デパート数の閉鎖が相次ぎ、1990年前後~2010年前後のような、ブランドモノに異常なまでに執着する人の数も減ったことは間違いないだろう。

ガングロメイクがあった頃くらいが、一番日本がファッション的に先をいっていたピークだったのかもしれない。とさえ思う。

さて前置きはこのくらいにしておき、この記事では海外の反応や、そこから見えてきた「なぜ西洋の国に比べ、日本人女性にミニスカートを履く人が多いのか。」という理由を探っていこうと思う。

この記事を最初に書いたのは、2017年1月だったが、2019年4月、やっと2年後に、ここまでまとめることができた。



①日本人女性こそ、なぜミニスカートを履くのか理解していない

この記事を読み進める前に、特に若い日本人女性ほど、なぜ自分がミニスカートを履いているのか、ということを理解していない場合が多いと思う。

日本語圏での議論を見ているとあまりにも幼稚すぎると感じる。以下は、回答数が6件しかないので参考にならないかもしれないが、話にならないコメントしかない。

女性がミニスカートを履く理由はなんですか?(教えて!Goo)

また以下のスレッドでは1万以上のPVがあるが、

女性がミニスカートを履く理由を教えて下さい。(YAHOO!JAPAN 知恵袋)

回答者の女性は、若く見られたいからとか、ファッションだからという、薄っぺらいことしか語らない。

以下、一番盛り上がっていたスレッド。的を得た意見も確かにあるが、女性の多くが、女性に見られたいからとか女性との対抗心などと書いているが、私にはもっと奥深いものがあると思う。

貴方がミニスカートをはく理由は、ファッション?それとも男性の気を引くため?

更に、

見えてる!それでも女性がミニスカートを好む理由を聞いてみた!(ボイスノートマガジン)

という記事では、291名の女性にアンケートをとり、なぜミニスカートを履くのか?という問いに対し、ナンバーワンの回答が、オシャレ、目的だった。けれども、以下のような本が売れるように、私は基本的に、私はアンケートはあまり信じない。

誰もが嘘をついている ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性(2018年)

上のような日本語の情報が、なんとフランス語圏でも書かれていた。以下のURLは、日本では女性がミニスカートを履く理由は、男性を意識したものではない。というふうに思っている女性が多く、逆に男性は女性がミニスカートを履く理由は、男性の気を引くためだと思っている。と抜粋。

Sukaato (スカート) : la jupe au Japon, qu’en penser ?(2016)

そういうこともありこの記事では色々な角度から見ていきたい。


②ミニスカートは、欧米・中東では売春婦扱い



この写真のような、太ももを強調するスタイルは、欧米ではほぼ皆無。(風俗街でならあり得る)

たとえば、以下のような危険な地区ね…。

「閲覧注意!!これがロサンゼルスの現実。ホームレスと売春婦、そして警察だらけ?日本では絶対に見られない光景!【海外の反応】」

欧米人からみた "Japanese Girls" ってこんな感じ。タイツとスカートから少し太ももを見せることでアピールするパターンで、これは外国人からすると、誘っているようにしか見えなく、売春婦なの?と勘違いしてしまう国のほうが多い。と個人的には思う。

このようなスタイルをすると、欧米人からは、胸や体全体に自信がないから、そういう部分を強調して男を誘うしかないのね。というふうに見えてしまうのではないだろうか。

なぜなら明らかに、男女問わず、こういうスタイルを見たとき、太ももの肌があるところに瞬時に目がいってしまうためだ。

ちなみにフランスにも上のような女性はいるが、やはりブローニュの森(パリの公園)で彷徨っているニューハーフの売春婦や、日本のサブカル好きなフランス人女子くらいしか、こんな格好はしないだろう。

いたとしても、少数派だということは言っておきたい。以下で書いた、絶対に行ってはいけない売春街リストにも、少なからず上のような女子たちはいる…。

「【閲覧注意】旅行中に間違って行ってはいけない、世界の売春街(風俗街) TOP20」




③なぜ日本人は、ミニスカートばかり履くの?【フランスの反応】

ここでは、数ある主要言語の中でも日本のミニスカート文化に関心のあったフランス語圏で語られていた疑問を書いていく。

JAPON : Pourquoi les Japonaises raffolent-elles des mini-jupes?

こちらの記事では、なぜ日本ではミニスカートを履く人がフランスよりも何倍も多いの?という疑問について、1960年代に流行ったアメリカのミニスカートや、その後訪れた1990年代のコギャル文化などによって、女性が女性らしく、ランク付けされずに堂々と歩けるように、ミニスカートが好まれるているのだという。

つまり、ミニスカートを履かないことにより、何かしらのコンプレックスを抱くよりは、さらけ出して堂々としようということだ。

またこういう主張もある。日本が高度経済成長期に入って以来、パリに行く人が増えた(着物を着て)という時代があったように、1990年前までは、まだ着物を着る人も多かった時代。

つまり一時、戦時中に男性中心の社会が築かれたように、基本的に日本では家父長制の社会がずっと続いてきた。

その中で、女性からみた男性への不満、男性優位社会のような、女性は清楚でなければならない。男性がイメージする女性像でなければ、排除される。のような勝手なイメージから逸脱しようとした現象が、1990年後半に起きたようなコギャル文化、つまり自分を最大限までさらけ出し、男性に対して対等であろうとする。というふうにも見て取れる。

なので、男性からするとこういう意味では足を出すこと=男性の気を引く。なのだけれども、必ずしもセクシーアピールというわけではなく、対等でありたいという気持ちもここには含まれるかもしれない。

ちなみに、日本人は西洋人女性の多くがミニスカートを履いていると思っているが、それは以下の海外在住の日本人のコメントや、英語版やフランス語版のなぜ日本人女性の多くはスカートが好きなの系の記事からも分かる。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1373244213



④女性のミニスカートを嫌がる層も一定数存在する

女性がミニスカートを履く理由(ボビーの匠)

男性にとって、ミニスカートが嬉しいという人がいる一方、エロおやじと思われたくない。という理由などから、嫌がる層も存在する。(下にも書いたが、痴漢大国日本だけあって、男性は自分は痴漢と思われたくないという心理が強く働いているため、敬遠される)

またエスカレーターなどでミニスカートを履いた女性が、わざと自らの鞄で足を隠す行為、あれほど馬鹿げたものはないということは、この私でさえ思う。

またスカートは女性だけが履くものなのか?ということを考えてみると、そうでもない。スコットランドなんかでは、キルト(伝統服)というスカートを履く文化もあるし、上の写真のように、インドネシアでも男性がスカートを履く。

私はインドネシアに数ヶ月住んでいたことがあり、モスク周辺のような神聖な場所で、男性が下半身の肌を隠すために、オシャレなスカートを巻いていたのを見て、感激したのを覚えている。

https://aseanpedia.asean.or.jp/costume/



http://www.travelfoodfashion.com/indonesian-skirt-famous-indonesian-sarong/

インドネシア人は特に男性が、かなり痩せているので、こういうスカートを履くと、品格があるように見える。インドネシアには、中華系インドネシア人などもいるが、彼らが履いても、この味はでない。

日本でなぜこのようなスタイルが流行り出さないのか、不思議でならない。もしかしたら、令和の時代には一時期流行り出すかもね。

「ヒエラルキーの頂点?差別され、虐殺され、インドネシアで怯えながら暮らす華人・華僑「中華系インドネシア人」に関する疑問 TOP10」


⑤女性同士のヒエラルキー・対抗心

女性は男性の視線を求めると同じくらい、女性への視線も求める。それは女性の中で私が一番なのよ。と思っていたいのが女の本質だからである。

※男性と違い女性は、外見を磨くことで優位に立とうとする。男性は経済的で成功を収め優位に立とうとする。

また、中学時代、高校時代、田舎ではスカートが長いか(昭和後期)、短いか(平成)で、その学校で偉いか。というヒエラルキーを決めるようなことが行われている。

これは女性に限ったことではなく、人なら誰もが持っているであろうもので、人だけではなく、国籍、人種、経済的なステータスの中で、皆ヒエラルキーを決めたがるものなのだ。

日本人だって海外では俺らは、韓国人よりは上。と思っていたいものなのである。そういうものが女性の間だけでも存在し、特に日本人女性同士の間で競うように、個性的なファッションをしようとする層も存在する。

「誰も言えない、欧米、東アジア、東南アジア、国籍や人種間におけるタブーな序列(ヒエラルキー)日本人は何位?」


⑥露出し注目される=自己顕示欲

以前、このような記事も書いたことがあるが、人は周期的に覚醒を求めているものだと私は考える。

「あなたはどれに当てはまる?勉強と犯罪、自己顕示欲と、覚醒していない人が取りがちな行動 TOP15」

特に誰かに認められてもらえない人の多くに、このミニスカートを履くことによって、多くの注目を集める行動が見られるのではないか。と感じることもある。


⑦雑誌などによる流行と、個性

日本人は昔ほどではないが、流行を追おうとする傾向がある。また芸能人や好きなモデルがあのような格好をしているのだから、真似しようとする、つまり個性がない人が欧米の女性に比べて多いのは確かだ。

そのため、理由も考えずに誰かの真似をしてミニスカートを履く層もいる。また彼女ら自身、ファッションで履いていると思っているため、特に何も気にしていない。

一方、個性を強く意識している人も存在する。彼らもまた、その状況に合わせ、ミニスカートの履いている人が少ない時期にミニスカートを履いてみたり、他の人たちとの差別化を図ろうとする傾向がある。

それは、日本が、韓国ほど狭い国ではなく、韓国ほど単一民族の国ではないが、単一民族国家だという意識が強いからである。

日本には縄文色が強い女性、弥生色が強い女性、その中間など、他のアジアの国々に比べても、単一民族と言われている割には、さまざまな顔がある日本だが、やはり同じ島国、同じ社会のルール、同じ言語を話す日本人女性と差別化してほしい。という気持ちのある人も多いのである。

一方、ヨーロッパや、アメリカは、白人、中東人、アフリカ人、アジア人、またキリスト教、イスラム教、ヒンズー教、仏教など混在しているので、姿かたちも違えば、思想も違うため、そのようなファッションによってほかの人と差別化を図る必要性が日本に比べてない。



⑧逆に相手(男)を支配・痴漢防止

日本で生き抜くには日本社会のルールに従わなければならない。特に、明治以降、会社、つまり今まで個人の商店などが多くあった社会から、組織で働き、組織のルールに則って行動しなければならなくなった日本では、人々が会社に入るために同じ教育を受け、会社に入ってからも、特に女性は男性よりも給料が低く、昇進もしにくい。

そういう、女性が男性よりも下に見られる社会では、ミニスカートなどを履くことによって、つまり外見的に男性を自分より下に置きたいという心理が働くのではないか。

逆に北欧など女性の人権が進んでいる国では、Tシャツにジーパン、スポーティーな格好をした化粧もあまりしていない女性が多い。

ミニスカート履くことは、男性に対して、あなたは私の太ももを見たから、私より下の人間なのよ。というふうな合図にもなる。

この行動により、対等の関係になろうとしている表れだと感じる。

また、放っておいてのサイン・痴漢防止という意味でもミニスカートを履く人がいると思う。

女性に対して臆病な男性からすると、ミニスカートを履いている女性には声をかけづらい。これは、逆に「私を放っておいて!」というサインにも捉えることができる。

人と全く同じ格好をしているよりも、人と違った格好をしているほうが声をかけづらいもの。

また、実はミニスカートは痴漢されにくいという事実もあるようだ。それは、ミニスカートを履くほど反抗的な(気の強い、度胸のある)女性というふうに男性が思うため。(痴漢をするような男性に臆病な人が多く、日本特有のものであることから考えても納得がいく)

ある意味、痴漢が多い国、日本の女性がミニスカートを防衛としているのもあるかもしれない。


⑨単に異性(男)を誘うため・心の変化

恋人とデートの際、彼がズボンを履いているのでこちら側はスカートを履こうとか、そういう場合もあるが、女性も男性も、生殖機能的な周期があり、特に女性の場合はそれがはっきりしている。なので、気分転換に、色々な格好をしたくなる。というのが女性ではないだろうか。

また自身は気づいていなくても、それが生理的な周期による心の変化だったりする場合もあるような気がする。

自己顕示欲、つまり男女問わず、目立ちたいという心の変化が、周期的に来るのではないか。私も、このような経験があるのだ。

今日はジーパンではなく、なんか刺激的に露出したいという日。でもこれは本人は誘っているというよりも、覚醒したいからという気持ちのほうが強いかもしれない。

女性の中には本来、1人の人に愛されていたい。と思う部分と、不特定多数の人にモテたいという部分二つが存在すると私は思っており、それが服装に出るときもあるのではないかとも思う。

それは以下の本を読んで、一理あると思ってのことなのだけどね。

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

ちなみに、日本の女子高生のミニスカートは、以下のように思われることがある



http://knowyourmeme.com/memes/i-dont-always-date-high-school-girls

日本人女性のことを全く知らない(日本旅行をしたことがない外国人)は、日本の女子高生のミニスカートスタイルをみて、簡単にヤラせてくれると思っている人が多い。(体型が小さく、自分より扱いやすいと思われている場合もあり)

これはAVの影響だったり、日本人が白人女性をイメージするときの、あの軽々しさのようなイメージとも似ている。

特に韓国人男性に限ってはそのイメージを強く信じており、日本に行けば簡単に落とせると思っている男性も多い。

https://www.quora.com/Why-do-most-Japanese-girls-wear-super-short-skirts-for-their-school-uniform


⑩若いうちにやっておきたい

欧米人と日本人の違いは、日本では30歳くらいまでに色んな事をやりたいと勝手に思ってしまうことだ。これはイタリア人の反応を見ていても語られていたが、イタリア人女性は一生、自分らしく生きていくのに対して、日本人女性は、結婚をしてお母さんになって、と段階を踏んでその年相応に生きようとする傾向があると書かれていた。

たまに欧米でもおばちゃんがミニスカートを履いていたりする…。

つまり、30歳までしかミニスカート履けないし、と勝手に思い込み、今しかできないから短くしちゃおう、みたいなノリもあるのだと思う。

けれども日本や韓国ではほぼほぼ年齢が上がるにつれてミニスカートを履く人が少なくなる。


⑪自信があるから。自信がないから


細い脚に自信があるものがミニスカートを履く場合もあれば、自信がないから逆に、女として見られたい。という理由でミニスカートを履くパターンもある。

けれども、欧米人から見て不思議に映るのは、日本人女性が美しいと思う脚は、彼らからすると、栄養失調のような骨っぽいガリガリの脚に映ることがあるのも事実。逆に、平均体重少しオーバーしたくらいの足が健康に見える場合もある。

また日本人は基本的に短足なので、ミニスカートでギリギリまで短くすることで少しでも長くさせようとするという意見もあった。

もう一つ、顔に自信はあってもなくても、胸元に自信のないものが、脚で女らしさを演出する場合もある。この場合、当然異性を惹きつけたいという気持ちが入っているだろう。

また、東洋人の女性は体型的に欧米人よりも、セクシーにはできていない。これは誰もが認めるところであろう。そのため、髪の毛を伸ばしたり、化粧を濃くして見たり、ミニスカートを履いてみたりと、女性の特徴をとにかくかなり強くする。

また胸元、くびれ、ヒップなどが欧米人とは体のつくりが骨レベルで違うため、ミニスカートで足を際立たせることで女らしくなろうとする。のかもしれないと思った。

「アジア人、白人、黒人の骨格の違いが凄すぎる件」



⑫日本人のようにスカートをはく国、それがロシアと韓国

先日(2019年4月)ウラジオストクに行ってきた私だが、そこでみたロシア人女性のイメージが私が思っていた質素なイメージとは違い、極東の都市なのにもかかわらず、若い女性、おばちゃん限らず皆オシャレだったのに非常に驚いた。

ロシアは、ユーラシアであり、自らをユーラシアンと考えている人も多い。

「ロシアはヨーロッパとアジアどっち?それとも、ユーラシア?【ロシア人の反応】」

で、ヨーロッパではフェミニズムが進み、弱い立場にあった女性の人権を向上する動きが見られたが、ロシアはもともと共産主義だったので、皆平等というものもあり、そのようなフェミニズム運動が欧米に比べ、起きなかったともいわれている。

またロシア人独特の、女性像があり、それが世界の人たちが日本人をイメージするときの家庭的な大和撫子に似ているともいわれている。

実際、ロシア人女性はやはりヨーロッパの女性と雰囲気が違い、フェミニンながらも、日本人女性と違うのは、ものすごく自信のある雰囲気を醸し出している人が多かった。

また、韓国は2010年前後から、女性のファッションが少し変わった。それは、韓流アイドルの存在である。今まで韓国では女性もキャップ帽に、ミニではあるが、ミニジーンズ的なものを履く人が多く、ファッションというよりも、シンプルなスタイルを好むものが多かった。

それが、最近ではカフェの若い女性店員が、甘い声で対応するなど、日本人化(コリアスタイル風にアレンジしたもの)しているという部分もある。

つまり、韓国人男性の間で、そういう従順なイメージのある日本人女性像があるとすれば、韓国人女性がそれをコリアスタイルにした取り入れたというふうにも言えるかもしれない…。

とはいっても、日本と韓国の違いは、韓国は日本よりもフェミニズムが盛んである点だ。


⑬痴漢の概念がない欧米人女性の傾向

海外在住の日本人の間でも以下の質問があるほど、欧米女性は日本人女性ほど、スカートを履かない。

欧米やオーストラリアなどの女性はスカートをあまり履かないって聞いたことがあるんですけど、最近イタリアでミニスカ禁止令みたいのが制定されましたよね?

ヨーロッパでは、男女平等が東アジアより進んでいるため、女性も仕事をするのが当たり前であり、男性が育児したりもするような社会が築きあげられていることはご存知の通りだ。

そのため、男性が女性の結婚相手に強い女性像を求めることもある。一方、日本や韓国の場合は、いまだに家のことだけやっていて。と、イスラム教男性のような、こと言う数十年前で時が泊っている人もいる。

「児童婚が行われている国 TOP20 と、欧州・アフリカ・中東・アジアで児童婚が消えない10の理由【海外の反応】」

つまり、欧米では女性は男性に負けないくらい頑張ろうっていう空気があり、これが白人国家の中で、欧米人女性(男っぽい)と、ロシア人女性(女らしい)というイメージに繋がっているのだと私は考える。

日本や韓国は、いまだに男性が優位な社会であり、男性に気に入られるために社会でのしあがっていかなければならないと思っている女性が多い。

男性に嫌われないように、日本人男性が求める女性像を目指す人が多いのはそのためだ。給料格差もあれば、空気的に女性が発言しづらい社会であるということもあるだろう。

そう。日本にはまだ、東京都知事の小池百合子さんみたいに、批判されても負けないような、強い女性はまだまだ多いとは言えない。

これは、日本のアイドルとか、韓国のアイドルを見ても同じことで、男性に気に入られて生き延びようとしているようにしか見えないのである。

社会が変わらなければならないのと同時に、女性が変わろうとしなければ何も起こらない気もする。

で、話は痴漢に移るが、Chikan (body contact)というのは、英語にはなっているが、それほどメジャーな言葉ではない。wikipedia に乗っていても英英辞書には載っていない。

欧米では単にレイプするのに対して、日本人男性の場合は、痴漢をする。外国ではミニスカートを履いているとレイプされる可能性はあるが、日本はそれが少ないのでミニスカートが多いとも言えるかもしれない。

また盗撮は、ウィキペディアで英語版に帰ると、secret photography になるが、グーグル画像検索で盗撮とやると、AVちっくなものがたくさん出てくるのに対して、英語で検索してもそのようなものがでてこないことからもわかるように、やましいことを隠し撮りみたいなことをするのが好きな国、それが日本(東アジアの国も含め)とも言える。

隠し撮り=candid photoというが、それを検索しても、やましい画像はあまり出てこなかった。また他の国と違い、日本には援交という不思議な文化もある。



⑭日本人と韓国人のミニスカートを比較

一時期少女時代が流行ったとき日本では、少女時代=脚。というイメージだったが、韓国では違った。日本人の間だけ脚、脚、脚だったのだということはあまり知られていない。

確かに韓国のアイドル業界は、日本のアイドル業界のように若い女の子に露出をさせ儲けるスタイルに変わった部分はある。

けれども欧米には、このような子どもっぽい女子たちにミニスカートを履かせもうけさせる産業はない。つまり、AKB、モーニング娘、少女時代、TWICEみたいなものはヨーロッパでは流行らないということ。

このようなものが流行る国は専らアジア太平洋地区であり、男性が強く女性が弱い立場にある場合が多い。韓国に住んでいてわかるが、やはり女性を商品として見ようとする男性はものすごく多い。

こういう国でわざわざミニスカートを履くと、特に若い女の子の場合、男性側から見ると、誘っているように見える場合もあると思う。

現在私が暮らしている韓国では、日本よりもミニスカートを履く人が少ないが、ショートパンツがかなり多い。脚出しのスタイルがものすごい多いのだけど、なぜか韓国人女性がミニスカートを履いても、日本人女性、特に日本人の若い女の子が履くのと違って、誘っているようには見えないのが不思議。

それは足だけでなく、身体全体を鍛えているからではないかとも思える。一方、日本人女性の場合は、か弱さを強調しているように見えることがある。






以下、フェイスブックの反応

浅野さん
外国では日本女性が猫背でがに股で歩くと馬鹿にされています。夜中もミニスカートで街中を歩いているので売春婦と誤解されています。その為日本女性は尻が軽く節操が無いと思われています。肉体は変えようが無いので仕方ありませんがせめて事件に巻き込まれないよう注意した方が良いのではないでしょうか

安藤さん
私が若かったころは、今よりもっと短いミニスカが大流行していました。職場の女性たちはどんどん短いミニスカに挑戦しはじめました。(イギリスからツイッギーさんという当時19才のモデルがやってきたのがきっかけでした。芸能ニュースでツイッギーとは小枝という意味だと言ってましたが、そんなイギリス語はあるのですか? 調子に乗ったお菓子メーカーがツイッギーという小枝みたいな形のチョコを売り出したら名前を使うなと怒られて「小枝チョコ」なんてシマらない商品名に変えてました。ザマミロでした)朝、会社のデスクを拭いてくれていたのですか、わざと背伸びして机の奥まで伸ばすのですよ。それ以前は課長の机しか拭いてなかったのにミニスカはくようになってから、わざと時間かけてみんなの机を奥まで背伸び拭きしてバンティをみせびらかしてくれました。あと書棚の上のほうも、なぜか背伸びして出し入れていましたね。おかげで階段やエスカレータでミニスカ娘が前に立っても何も考えない性格に改革させられました。当時に比べたら今のミニスカなんて長すぎてモンペみたいなもんです。



中国でもミニスカ娘はいますけど堂々としてます。私にとって刺激的なのは「パジャマのまま外出娘」です。
これは日本へ留学している中国娘も東京都内でコンビニまでパジャマで行ったりする暴挙をしていますよね。
あれがこちらでは多数派でまかり通っていることです。都内では電車内で化粧している程度で論争がおきていますが、スーパーへパジャマで買い物にくることの是非論争をみたことがありません。
パジャマがなぜドキッかというとパジャマの下にブラがないのでボタンとボタンの間のすきまからチクB が見えるんじゃないかとハラハラドキドキしてしまい、脳出血で倒れる危険があるからです。
 もしパジャマ娘が原因で倒れた場合に私の海外保険の支払い対象になるのかどうか契約約定のどこを見ても明記されていません。上海市松江区のミニスカ娘はたくさんいますけど、ただの足長娘にすぎません。やはり大敵はパジャマ娘です。



くみ さん
日本の女性は男性に媚びている印象があります。男尊女卑の影響かなとは思いますけど、ハイスペック彼氏(笑)のような幻想もまだまだあるし…。
気になるのは、小学生でも男性の目を引くような格好をしたがることです。親がプロモートしてることもあるし。アイドルがみんなそうだから仕方が無いのかもしれないけど、性的に男性を惹きつけるのと人間的に惹きつけるのでは全然意味が違うので、その辺をわかって自衛して欲しいなと思います。
欧米で日本や韓国のアイドルがうけないのは児童○愛者になってしまうからではないですかねw 子どもっぽい女性は欧米ではあまり魅力的には映らないみたいですよね。

どうなんでしょうね。中国の纏足の風習もそうですけど、弱々しさとか子どもっぽさって男性の支配欲をそそるようですよね。日本のアイドルに異常に熱を上げる男性は、ちょっと精神的に幼いのかな~と思ってしまいます。で、そういう女の子が好きな男性って多いので、成熟した大人ってあまり日本にはいないんじゃないかと思ったりします。

Yoshihiroさん
いつも不思議に想うのですが... 
 マレー半島では、華人とインド人女性は、ミニスカートでは露出度が足りないので、より短くとの志向でしょうか(?)、極端に短いショートパンツが多いのです(逆に、多数派民族のマレー人は、イスラムなので、肌を見せるのはダメ。でも、ヒジャフから、髪がはみ出ても、頬がみえてもOK)。 
 かなりお歳の女性も、ショートパンツが多くて、冷房で寒いお店の中も、闊歩しています。男性は、オーストラリアと同じく、ショートパンツが並です。なにしろ、高温多湿です。

 女性は、ペッタンコのサンダル履きが多くて、それでも、同年代の若い男性より背が高いので、男性パートナーを見下ろしている、女性が多いです。女性の身長がほどほどのカップルは、女性の、かかとの高いサンダルもみけます。
 女性が対等に働くのが、マレー半島・シンガポールの、華人・インド人の普通です。経済規模に対して、人口が足りないためです。家庭でも、女性の支配権が強いのは、アジア全域共通(除く:日本)に見えます。
 極端に痩せ型体系の女性が多いのが、マレーシア、日本、シンガポールに共通です。短いスカートが似合います。これより、所得水準の低い国では飢餓で痩せているのとは、異質です。http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2205.html
 日本だけが、特異的なのか(?) どうも、わからなくなる、ミニスカートとぺったんこ・サンダルでした 


暑いのに、ムスリム女性は、肌を出してはいけなくて、ヒジャフ ≒ スカーフですから、また、不思議です。
 でも、ムスリム女性も、最近の若い世代には、肌にぴったり、長身・細身のスタイルを誇示する人も見かけます。肌を出すより、セクシー度は、高い気がします。古い世代が、ぶかぶかの服 = ビヤダル体系OK = 甘いものを食べ放題 とは、別世界のようです。https://www.pinterest.com/pin/296322850454804739/




浅野 さん
たしかにマレーシアの10-20台の女の子のホットパンツは、すごいですね、膝上という単位じゃなく股下数センチという感じ。けど、本人達からセクシーアピールは感じないんですよね。

Sayaka さん
日本人は欧米などに比べて、胸が小さいから足を出すのかな?と思います。胸が大きい人でも胸の開いた服着るとセクハラとか非難の声がありますが、細くて長い足を出すのは私は羨ましく見えます。勝負所が違うのでは?

Haga さん
おもしろい記事ですね😃
ニュース等では報道されない内容なので、初耳な事ばかりで とても役に立ちました。 

あとでシェアさせていただくかも知れませんw

日本の痴漢、盗撮文化は 性癖どうこうもありますが 国土…?人口密度…?にも原因があるような気もします。

満員電車の中で盗撮しようとする人はいますが、レイプしようとする人はいません。
広い砂漠の真ん中でレイプしようとする人はいますが、わざわざ盗撮しようとする人はいません。
女子目線からだと街では多くの人に見られるので、可愛さアピールのためにミニスカを履きますが広い砂漠の真ん中では見てくれる人は誰もいないので、ミニスカは履きません。(極端な例ですみません😂
あと、日本女子のアイドル的なルックスは欧米ウケがあまり良くないというのはわかりましたが逆パターンとして欧米女子目線から見た草食系日本男児ってどうなんでしょうかね?😃 論外ですかね…w


今野 さん
これ、私自身が海外にいたとき感じていたことなんですが。。。海外ではミニスカート履けてたんですよね。男性の視線がなんていうかジャッジがない。そこには みんな自分の体型を意外と受け入れていたり、好きな人は好き(好みの問題)、だからなに?みたいな、意識していないけどあたりまえに思っていることが意識下にあるような…上手く言えませんが、非常にあの時の感情や気持ちの整理どころを思いついたので、私も記事書いてみようかと思います。

Saho さん
私も昔気になって調査したことがあります。ベースは文化の違いのようで、欧米ではセクシーさを胸元に、日本ではセクシーさを足に求めるからだそうです。日本人の胸が小さいのも関係しているんでしょうが、日本では逆に胸がざっくり開いた服は倦厭されますよね。それは胸にセクシーさより破廉恥なイメージがあるからでしょう。逆に欧米ではセックスアピールをすることは当たり前で、なぜミニスカートを履かないかというと、ミニスカートは基本的に売春婦の履くものと捉えられているからなんです。私たちは体のつくりも違いますし、文化も違いますからそこは仕方ないと思います。むしろ欧米を見習おう!といって、足を隠して胸を出しても同じ結果だと思いませんか?かといって露出をゼロにしろというのもおかしな話ですよね。

あとどうしてもお伝えしたいのは、ほとんどの痴漢はミニスカートを履いていない女性に起きているということです。盗撮は違うでしょうが、痴漢は大抵大人しそうな格好をしている女性をねらいます。ミニスカートを履いている女性は一見強そうで だという理由でターゲットになりにくいそうですよ。ですからミニスカートを履くことによって痴漢をされるのが仕方ないという意見は少し強すぎるかな…と思ってしまいます…。


Toshioさん
こんばんは。着眼点がいいですね。日本人のミニスカは単なる自慢じゃないですかね。自分の脚に自信があるんでしょうね。人に見せびらかしたいのだと思います。私は人間が古いのか、冬にミニスカにブーツ履いている女性見ると、馬鹿じゃねぇのと思います。あんた、暖めたいの?、冷やしたいの?どっち?不合理だと。欧米の方も理解できないそうです。寒いなら、ちゃんと長ズボンを履いて、ブーツを履けよと言いたいです。そういう女性に限って、「私冷え性なんですー」って言いますよね。季節相応のかっこをしろよといいたいです。このFacebookにおいては、胸に自信があるんでしょうね。胸を強調した写真を投稿している女性が沢山おられますよね。こういうSNSの世界では、実生活では出せない自分を大いに出してアピールしておられるようです。何でもありですから。男性の視線を集め、友達を募るには、胸の写真が好都合ですから。男性としては、いや女性としても、可愛い女の子や、胸の大きな女の子には、どうしても目が行ってしまいますからね。セックスアピールには、胸、綺麗な脚は大切な道具です。ちょっと視点がずれてしまったかな?

Yumiさん(ハワイ在住)
何を着ようが、盗撮、痴漢、レイプされる側に落ち度など無い。悪いのは、犯罪と分かっているのにもかかわらず衝動を抑えることをしない人間。

こんな記事も読まれています
「あなたは、韓国系?東南アジア系?祖先(ハプログループ)を知るための遺伝子検査「ジーンライフ」製品の詳細を調べてみた」

欧米人とは違い、日本人女性にミニスカートを履く人が多い理由【海外の反応】 欧米人とは違い、日本人女性にミニスカートを履く人が多い理由【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 5月 10, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.