新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

外国人によって撮影された、日本統治時代の韓国ソウルの光景が凄まじい件【韓国の反応】



日韓を行き来している私。もう15回以上になる。しかも、ソウルだけでなく地方都市でも生活経験のある私は色々な年代の韓国人と接してきた。その一つとして、以下の体験談は結構読まれているので、知っている人も多いかもしれない。

「ソウルのコシウォンに住んでいたとき、80歳の韓国人に聞いた日本統治時代の真実」

私が日本語の話せる80歳のおじいちゃんと考試院(コシウォン)の台所で話したのは2012年くらいだっただろうか。

2012年頃の私と言えば、インターネット上で大雑把に「日本の韓国植民地時代はインフラなどが整えられ、韓国にとっては良かった。」というふうにしか考えていなかった。

もちろんそんな薄っすらで大雑把な知識をもとに、おじいちゃんと日本語で話したわけだけれども、日本のインターネット上で大雑把に語られる「日本統治時代の韓国は豊かだった。」というように、そのおじいちゃんは嬉しそうに日本語を話し、しかもおじいちゃんの隣にいたおばあちゃんは、日本人を尊敬する。まで言いだしたのだから、やはり私が思っていることは、正しいのだろう。とずっと信じてきた。

それから数年経った今、私もブログを書くことで韓国の歴史についてより理解が深まってきたと思う。

少なくても、なぜ日本が朝鮮半島を統治することになったのか。や、朝鮮を統治したことで、良かった人と悪かった人という、二つの朝鮮が存在することや、それが今の韓国にどう繋がっているか。ということは、わかったような気がする。

さて、この記事では、外国人からみた映像を元に、日本統治時代の韓国ソウルの光景を見ていきたいと思う。

文章で伝えようとするよりも、その映像をみたほうが一番速いし記憶に残る。けれども、一つ忘れてはいけないのは、韓国はソウルだけではないということ。つまり、現在の日本も東京だけみれば豊かに見えるけれども、過疎化したエリアで貧困が広がってきていたり、大阪南部の危険地帯など、必ずしも日本全体がポジティブな雰囲気に包まれているわけでもない。これは、どんな時代でもどんな国でもあり得ることだ。

「日本で危ない場所 TOP7と、東京で行かないほうがいい危険な場所【海外の反応】」

なので、あくまでこれらの映像は良い部分だけを見せている。ということは前提条件としておかなければらないと思う。

また以下、簡単な韓国の歴史年表も頭に入れたうえで、見ていただきたい。




①李氏朝鮮時代→大韓民国成立までの歴史

以下に、李氏朝鮮時代→大韓民国成立までの簡単な年表を作成してみた。

年号出来事
1897年清の冊封体制から離脱。朝鮮国→大韓帝国と国号を改める
1905年外交権を失い、日本の保護国となる。
1907年ハーグ密使事件により、韓国軍の解散が定められる
1909年伊藤博文がハルビン駅にて安重根により暗殺される
1910年日本に併合される(韓国併合)
1948年大韓民国政府樹立を宣言

ものすごくざっくりなのだけれども、こんな感じだ。よく混同されるのが、大韓帝国(1897-1910→国号を改めさせ、日本が中国の属国から解放し日本側に持ってきた)と、日本統治時代(日韓併合)をすべてひっくるめて、日本が朝鮮を侵略して植民地化したと大雑把に覚えてしまっていることかもしれない。

この辺の年表が分からないと、たとえば1900年の韓国と、1910年の韓国と言われても、どっちの時代だったのかチンプンカンプンなまま、あ、日本が植民地化したときの韓国ね?とだけ思ってしまうので注意したいところだ。

日本が正式に併合して統治したのは、1910年からだということはまず覚えておこう。

で、日本統治時代の朝鮮というと、1910年8月29日の大日本帝国による韓国併合から、1945年9月9日の朝鮮総督府の降伏まで、35年間続いた時代のことを言うのだけれども、韓国ではこの日本統治時代の朝鮮という表現を、日帝強制占領期間(일제 강점기)と表現する。

日本と韓国でも、この時代に対しての認識は随分違うことが分かる。で、英語ではどのように表現されているのか?

というと、

Korea under Japanese rule(日本統治下における朝鮮)である。まず、どこにも植民地なんていう言葉は入っていない。

Colonial history of the United Statesアメリカ合衆国の植民地時代
Colonial India(植民地インド)

→アメリカやインドのような植民とは違い、韓国は日本の植民地ではなかった。ということがわかる。

インドやインドネシアのように、白人から人間扱いされずに宗主国であるイギリスやオランダから搾取されまくっていたのとは、意味が全然違うということを知っている日本人は最近増えていると思うけれども。

このような知識をまず入れたうえで、以下を紹介していきたい。


②1900年のソウルの映像



この動画は、韓国のKBSが編集したものなので、うまく映し出されている。 1:24 の部分を見ていただきたい。

ここが現在、高層ビルで埋め尽くされている韓国ソウルの中心部でもある鍾路(チョンノ)だ。この当時、韓国ではまだ藁で家を作っていた時代。藁…。

鍾路といえば、当時もソウルの中心部であったにも関わらず藁の家ばかりなのだ。この類の動画はいつ消えてしまうかわからないので、スクリーンショットを撮っておこう。



この事実を知らない韓国人が結構多い。日本でもネットで情報を収集する人とテレビしか見ない人がいるように、韓国でも情報格差は結構激しい。また、ネットで情報を収集する人の中には、この事実を知っていたとしても、これが普通と思っている人も多い。

つまり、この当時韓国ではこれほど貧しかったという事実は知っていても、日本の当時(明治初期~大正時代)と比較したりする韓国人もあまりいないので、昔は藁で家を作るのが当たり前だったのだ。と思い込んでいるのだ。

つまり、江戸時代の街並みを知っている日本人からみれば、この藁で埋め尽くされたソウルは、発展途上国のように映るだろう。けれども、韓国人からすれば、別に普通じゃね?って感じになる。

つまり、以下の写真は、1900年ころの東京なのだけれど、当時、東京とソウルではこれだけ文明の差があったということなのだ。



もう一度言うけれども、上の韓国ソウルの写真は、ソウルの中心部の写真。たまたま貧しい部分をスクショしてこの記事に張り付けているわけではない。

それと当時の江戸の写真を比べれば、現在の先進国日本と、現在のアフリカの貧困国の村くらいの格差が、当時の日本と朝鮮にあったということがわかるのではないだろうか。(ものすごくわかりやすく表現した場合)

で、気になるのは、この動画を観た韓国人は、どんなコメントを書いているのか?ということだ。

以下、韓国の反応

1. 韓国の名無しさん
韓国は常に貧しかった。 朝鮮時代の時も貧しかったし日帝時代の時も貧しく解放後にも貧しかったし戦争直後にも貧しかった.. さらには私たちの半分である北朝鮮はまだ貧しい。 (朝鮮語を使用する前の高麗や新羅などは国民生活に対する資料がとても貧弱で評価できませんし。)

2. 韓国の名無しさん
政治制度を改革するべきなのに、先進文明だけ導入しても国家を繁栄に導くことはできません。 北朝鮮、馬息嶺(マシンニョン)のスキー場がいくら大きくて派手でも北朝鮮を繁栄に導くことはできません。

3. 韓国の名無しさん
韓国を統治したのが大日本帝国ではなかったら、今の韓半島はなかった。天皇陛下に常に感謝しなさい朝鮮人たちよ。

4. 韓国の名無しさん
日本があれこれ収奪しながら、物資移動を容易にするために道路や鉄道を整備したんだろ?

5. 韓国の名無しさん
鍾路(チョンノ)の街ならば当時全国で指折り数える繁華街だったであろうになぜ、瓦の家が数えるほどしかないのだ?土作りの家ばかりじゃないか。




③外国人によって撮影された1908年~1920年の韓国の変化

以下の動画もいつ消えるかわからない系の動画だけれども、この動画は、コーウィン・テイラー(Corwin Taylor)と、デューイ・マリーン(Dewey Mclean)の二人によって撮影されたカラー写真を含むものを編集したものだ。当時の様々な写真がランダムに出てくるが、必ずしも、上に挙げた年代(1908年~1920年)の写真だけではない。ということは指摘されていることも覚えておきたい。

けれども韓国語でもこのように、若者を中心に日本統治時代のことを紹介する動画などが広まってきている。特にインターネットの普及によって、隠されてきた部分が色々明らかになってきているため、ネット大国でもある韓国では隠すことができなくなっているのだろう。

なので、知っている人は知っているけど、話すのはタブー。みたいになっている。ちなみに現在の韓国でタブーとされている歴史などは以下にまとめた。

「韓国(朝鮮)でタブーとされている、奇習、黒歴史 TOP10」

で、話を映像に戻そう。映像を見ていると、藁家はどんどんなくなっていき、西洋的な建造物が次々に入れ替わり、鉄道が敷かれ、学校が建設され、1:17 のように、カフェのような場所に学生が行くようになっている。

また日本の統治時代にもかかわらず、当時の朝鮮人は着物ではなく、彼らの民族衣装でもある韓服を着ている点にも注目。

ちなみに、これ、イケメン好きの私が好きな1ショットなのだけど、うーん、日本人なのかな?韓国人なのかな?ちょっと謎。日本人男性の可能性もある…。






マルチリンガールのコメント

動画のコメントを見ていてわかったことなのだけれど、2つ目の動画は、1908年~1920年と書かれているけど、その当時のものと米軍が韓国にやってきた戦後のものとが混ざっているようだ。

韓国人のコメントを見ると、なぜ米軍がいる?本当に、1908年~1920年のものなのか?というような書き込みが多くみられたので。

いずれにしても、避けて通れなかった朝鮮の統治時代という部分もわからないこともないが、韓国人は感情的なので、あまりこういった話は直接しないほうがいいかもしれない…。

また冒頭でも書いたけれど、現在でも、たとえば北朝鮮なんかを見ても分かると思うのだけど、撮影するときは、よい部分だけを映す傾向があるので、そういうことも考えながらみていくと、いろんな発見があるかもれない。


④日本統治下20年後のソウル



自分の書いたこの記事を再度読み直してみると、当時の統治下の朝鮮がどのように変化したのか?という写真がそれほど多くなかったので、以下の動画が参考になるのではないかと思って張り付けてみた。

李氏朝鮮時代(1392年-1897年)
大韓帝国時代(1897-1910)
日本統治時代(1910年-1945年)

という年表が参考になるかもしれないけど、以下の1931年というのは、日本統治時代、つまり日韓併合して実質上、日本という国に統合されてから、20年ほど過ぎたソウルの状況である。

撮影されている子どもたちの中には、当時ソウルに住んでいた日本人もいるかもしれない。また、良い部分だけを写している可能性もある。

現代でもソウルとソウル以外の地方都市では、結構貧富の差も激しいけど、この時代もそれと似たようなことがあったのかもしれない。

けれども、あきらかに建物や街の雰囲気は、近代化していて、李氏朝鮮時代とは全く別の国になったようなイメージを感じることができるかもしれない。

また着物姿の女性と、チマチョゴリ姿の女性が同居しているのが、凄い感動した…。

もう一つ、しつこいようだけど、1800年代の、李氏朝鮮時代の写真を集めた動画を発見したので、載せておこう。

Korea after 1800.wmv

これはこれで、写真に収めるにしては美しいかもしれない。けれども、そこに衛生状況などが関わってくるとすれば、決してそこに住んでいた人たちは楽ではなかっただろうと感じる。



⑤現在の韓国を知るには、差別階級を知ることが鍵

韓国の歴史を少し掘り下げて勉強した私が言えるのは、現在の韓国を理解するには、李氏朝鮮時代の階級制度を理解しないといけないと思う。それが現在にも引き継がれているのは間違いない気がする。

李氏朝鮮時代(大韓帝国、日本の統治下になる前)の韓国は、大部分が奴隷、または人間扱いされないような人だったといわれている。→これは韓国のテレビドラマにも出てくるので特別タブーではないことである。

「李氏朝鮮時代の「奴婢」の写真が衝撃的だった件と、日本や欧米もなんら変わらないと思った理由」

「李氏朝鮮時代の身分制度。両班、中人、常人、賤民と、人間扱いされなかった「白丁」(ペッチョ)との格差」

日本では、身分制度の穢多・非人(えた・ひにん)はかなりタブーとされて、部落なんていう言葉自体も、テレビにはでてこないが、韓国の歴史ドラマでは、奴婢や白丁(ペッチョ)がたくさん出てくる。

これは当時の韓国における下級層の割合が多かったので、現在の韓国人にとっても共感できる部分が多いからではないだろうか。

現在の韓国も、一部の人たち(サムスンなどの財閥勤務)が富を有し、そのほかの人たちは貧困という、日本よりも更に格差が激しい国であること。そして、知識格差が激しいこと。

これは当時、李氏朝鮮時代に文字が読める人と読めない人で分けられていたように、現在でも本質は変わっていないのではないだろうか。と私は思うのだ。

つまり、両班など李氏朝鮮時代に富を有していた人たちは、当初朝鮮半島の日本統治に反対をしていた。一方、大部分の下層の人たちは、日本統治時代になり身分制度などが廃止され、色々なチャンスが開けたことで、日本統治時代を喜んだ。と、まず考えるのが普通である。

けれども、やはり日本統治時代に反対した勢力も一定数いて、朝鮮独立運動は何度も起こっている。ここには当時急速に広がったキリスト教。というものも関わってくる。

「韓国を知る上で重要な、朝鮮にキリスト教が根付いた理由と、その歴史」

抗日運動に参加する人の多くがクリスチャンだったことは、見過ごせないポイントだろう。

また日本と韓国の違いとして、職人は下位と思われるような部分があるけど、これは儒教的な精神によるものだと言われている。けれども現在の韓国では若者を中心に欧米や日本の良い部分を見ているので、このような考えはなくなってきていることも確かだ。

まとまりのない記事になってしまったけれども、韓国のことを理解する何かのヒントのしていただければ幸いである。

FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!

北原さん
わが意を得たり!!韓国の人も、慰安婦みたいな、捏造された歴史問題に、熱狂的に拘るのでなく、本当の歴史に向き合って,欲しいものです。

こんな記事もオススメです。
「誰も教えてくれない、韓国に住んで私が感じた日本では体験できない不思議な行動パターンTOP10」
「朝鮮貴族の「侯爵、伯爵」リスト TOP21 と、韓国を裏切った親日派(チニルパ)→「乙巳五賊」「丁未七賊」「庚戌国賊」リストに載った人物たち」


外国人によって撮影された、日本統治時代の韓国ソウルの光景が凄まじい件【韓国の反応】 外国人によって撮影された、日本統治時代の韓国ソウルの光景が凄まじい件【韓国の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 11月 14, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.