新しいタイプのプロパガンダ!?海外在住、多言語話者でオカマのマルチリンガールが世界のレア情報を独自の視点から語っていきます♪



フランス人は世界中で嫌われている?世界中からの皮肉な名言集 TOP10と、フランスのことが好きな国と嫌いな国 TOP10【フランスの反応】




フランスと言えば、高級感あるイメージがある一方で、高飛車。というようなイメージもある。そんなフランスは日本人にとっては旅行先としても人気が高く、他の外国語の比べてもフランス語の人気は今だ衰えていない。

これは韓国ではフランス語よりも、ドイツ語が人気なのとは対照的なのである。

「「韓国語を学んでる日本人って頭おかしい人、多くね?」って韓国人に言われて思ったことと、日本人はフランス語が好きで、韓国人はドイツ語が好きな理由」

そもそもフランスという国は、地理的な条件、近代史にとっての中心的存在、ファッション、多くの意味で、聞き耳を立ててしまう国であるというのは言うまでもない。それは観光客数からも分かるのだ。

「日本は何位?観光客数が多い世界の国ランキング TOP30」

一方で小さい頃からフランス、特にパリに憧れ、お金を貯めて留学に行ってみたはいいけれども、イメージしていたものと全く違い、いわゆるパリ症候群にかかってしまうのは、最近は日本人だけでなく、中国人にも当てはまるそうだ。

で、そんな世界中から人気のフランスに対して皮肉な名言を集めた記事を発見。その記事では TOP20 と書いてあったのだけれども、私がこの中から、 TOP10 を自分なりに作成してみた。内容も分かりやすいものに厳選。

また、フランス人のことをポジティブに感じている国とネガティブに感じている国なども調べてみた。



①フランスに対して皮肉な名言 TOP10

以下では、意味不明の名言もあるが、私が厳選したものをご紹介しよう。


①フランスに住んで学んだこと。それは、自分の国に満足するということだ

フランス人は自分の国に誇りを持っている。アフリカからの移民系フランス人が、自分はフランス人よ。と韓国で威張っているのを見たことがある。確かに、アフリカ人ではなくフランス人と言われると、彼女を見る目が変わってしまったのも、やはりフランスという国の影響力だろう。


②私にはフランス人の友達がいるが、その99%が履歴書に英語を流ちょうに話すことができると書いている。が、実際は、英語で数字を数えることもできない。

日本人はフランス人は英語が話せるけど話さないようにしていると勘違いしているが、実はフランス人で英語のできない人はかなり多い。



③フランスという国は単純な国だ。もしフランス人に愛されたのなら、やるべきこと。それは彼らにお金を与えることなのだよ。




これは言わんとしていることがよくわからない。

④なぜフランスがイラク戦争に反対したかって?なぜならフランスはアメリカが大っ嫌いなのだよ。それにサダム・フセインには愛人が複数いたし、なんと言っても彼はシャルル・ド・ゴール大統領を尊敬していただけでなく、ベレー帽(ハンチング)をこよなく愛していたからね。

フランス人は基本的に、アメリカ人に対して、ヨーロッパにいられなくなった人たちが集まって混血した子孫だと思っている。なので、フランス人はアメリカ人を内心見下しているというよりは、優越感に浸っているとも言われている。

またハンチング帽子のことだけど、これは厳密に言うと、フランス発祥ではなく、スペイン北部とフランス南部の間にある、バスク地方から生まれたものだ。

そこに住むバスク人は、ヨーロッパでも言語系統が孤立した言語系統でもあるバスク語を話す。またこのバスク語がヨーロッパでは日本語に似ていると話題になることさえある。

「日本語に似すぎ!?フランス南西部、スペインの「バスク語」がミステリーすぎる!と話題に【海外の反応】」



⑤フランス人によると、フレンチ・キスほどセクシーなものはないという。が、彼らフランス人はカタツムリを食べるやつらだ!ということも心に留めておかなければならないかもしれない。


エスカルゴと言うと、フランス料理っぽくて響きは良いが、カタツムリっていうと、寄生虫があって危険なイメージがある。でもどちらとも同じものである…。


⑥歴史を少しかじったものなら分かるだろうが、政府というものは自己中である。で、この世で一番自己中なのがフランス政府なの言うまでもない。

これは何に対して言っているのかが不明。


⑦フランス人はすべてに対して、少ししかやらない。結果、彼らは何も知らない。

日本人のように完璧にすべてこなしてしまおうとする民族からすると、フランス人が大雑把、または後で何とかなるから。という考えの人が多いのは、言えてる。


⑧フランス人は基本、思ったことを言わない。また、自分で書いたことも読めない。ましてや、音符の音程通りに歌うことすらできない。

ドイツ人は良いことでも悪いことでも、ストレートにものを言う。フランス人もその傾向があると言われている。なのでここで言わんとしていることが分からない。




⑨フランス人の脚は骨のように細い。彼らの魂もまた細く、風のように気まぐれだ。また、フランス人との友情はフランスワインのようで絶妙だが、短命なのだよ。


骨のように細い。は面白い。フランスはラテン系の人も多く、北方系と南方系のミックスが多いと言われている。またフランス人はヨーロッパの中でもそれほど身長が高いわけでもなく、華奢な人も多いと言われている。

例えば、フランス人男性の平均身長は、177cmと言われているが、ドイツは、181cmと4cmも高い。

「日本人が低身長なのは遺伝が理由?背が高い国、低い国 TOP20 と、平均寿命との関係」

⑩パリという場所を違うものに喩えるのなら、売春婦だ。一見それはラブリーにみえるかもしれないが、数分歩くと何もなく、つまらなく感じてしまう。



→写真はパリ上空からの眺め。パリ市というのは面積が、105.4 km²しかなく、大阪市(223 km²)の半分以下である。

にもかかわらず、大阪の人口は、272万人(2019年)で、パリの人口は、214万人(2019年)。つまり、大阪市を半分にして、そこに大阪市の人口を全部ぶちこむ。というイメージ。

さて、人口の比較は置いといて、パリは面積が狭いので、自転車で回るだけでも一日観光ができると言われている。

「パリの20区=東京7区の広さしかない。どっちが国際都市で、都会?徹底調査してみた!」

なので、パリを東京23区(619 km²)のような広い場所と比較はできないのだ。ちなみに以下のリストにも載せたけど、パリには売春街もあるので、観光の際には注意してちょうだいね!

「【閲覧注意】旅行中に間違って行ってはいけない、世界の売春街(風俗街) TOP18」


以下、フランスの反応

これは、フランスに対する嫉妬ってやつだろう?

スイス人の友達にこれをみせたけど、割かし正しいっていう回答が返ってきたわ。

今までこういう、フランスに対しての皮肉な名言をまとめてみたことがなかった!ちなみにほとんど正しいと思う!

どの国も同じように叩かれる部分はあると思うけど、フランスの場合はめっちゃウケるな!

最近、ハンチングを被った人なんて全然みないけどな。パリの人々がフランス全部を代表するかのような言われ方をしては困るな。


マルチンのコメント

どこの国も、フランスで流行したもの。と聞くと、聞き耳を立てると思うのだけど、そのように、経済はあまりよくなくてもフランスの影響力が世界中で強いということがわかるような内容になっているのかもしれない。

人気者になるほど叩かれるってことなのだと思う。けれども、それほど辛辣な名言も、それに対するコメントもなく、ロシアや中国のように違う意味で叩かれるというようなものとは全く違ってみえた。

つまり、嫌われているというよりは、愛されているのだろう。また、好きだけれども羨ましいという感情も見え隠れしている気がする。

Reference Site
http://www.topito.com/top-citations-plus-mechantes-france-quest-ce-quon-leur-a-fait


②フランスのことが好きな国

以下はフランス語のサイトで発見した、フランスのことが好きな国ランキングである。なぜか、フランスのことが嫌いな国ランキングはフランス語圏では探せなかったが…。


10位 日本

70%の日本人がフランス人をクールと思っている。パリをファッションの都だと思い、多くの日本人が毎年パリにやって来る。だから日本人はパリをヨーロッパの中心だと思っているのだよ。

→日本がアジアで唯一ランクイン。また、以下のBBS(タイトルが、フランスのことが好きな国)でも、日本の名前がたくさん挙がっていた…。

Sujet : Le pays qui aime le plus la France ?

ちなみに、以下の記事でも書いたが、一部では白人の世界でモテない白人男性が東京に行けば日本人女性なんか簡単に落とせるぅ~!みたいに思っている人もいるので注意してね( ゚Д゚)//

「フランスと日本は尊敬し合っている関係!?なぜフランスには日本好きが、多いのですか?【フランスの反応】」


9位 エジプト

71%のエジプト人がフランスに好意的な印象を持っているのだって。


8位 ドイツ

72%のドイツ人は、フランスに好意的なイメージを持っている。実際、フランスとドイツはEUの中心であり、両国が協力し合ってきたことで成り立っている。またドイツ人はフランスに来てくれるし、フランス人もドイツに行くのが好きだ。

7位 モロッコ

フランスの植民地であったにもかかわらず、モロッコの80%はフランスに肯定的な意見を持っている。それは現在のモロッコがフランス語を公用語として維持していることからも分かる。またパリ首都圏に住む外国人の中では、モロッコ人は、アルジェリア、ポルトガルに次いで、多く、22万人もいる。

6位 インド

インドではフランスが人気だよ。81%のインド人がフランスやフランス人に対してポジティブなイメージを持っている。だって、インドってフランスの植民地にはならなかったからね。また、フランス人がインドに旅行に行っているので、それも影響しているのかも。

5位 ポーランド

ポーランドはドイツやロシアに囲まれ、常に歴史的にこれらの国に苛まれてきた。一方、フランスはポーランドにとって地政学的では敵ではない。調査によると、82%のポーランド人がフランス人に好意的なイメージを持っているという。

4位 ブラジル

第二次世界大戦後、フランスとブラジルの文化交流は伸びたよね。フランスには、ボサノヴァ(ブラジル音楽の様式)やサンバが入ってきたし。調査によると、85%のブラジル人が、フランスが好きということだ。

3位 ルーマニア

ルーマニア人は、フランス語が特別好きだ。というのも、ルーマニア語はフランス語に近い言語であり習得しやすいからだ。またフランス人も、医学を勉強しにルーマニア行く場合が多い。このように、お互いに両想いなので、ルーマニアではフランス人を歓迎する人が多い。

2位 アルゼンチン

アルゼンチンとイスラエルは、ヨーロッパの飛び地であり、アルゼンチン人は我々と同じ白人である。ブエノスアイレスは南米のパリとも言われ、同じアメリカ大陸にある合衆国よりも、祖先のいるヨーロッパ、またその中でも中心にあるフランスに憧れる場合が多い。

1位 ポルトガル

フランスにはポルトガル人がたくさんいる。特に、エスタド・ノヴォ体制下のときにフランスにたくさん流入してきた。

彼らはフランスが好きだし、フランスもポルトガルが好きなんだ。

→ちなみに、フランスの旧植民地でもないポルトガルだが、パリ首都圏に住む外国人ランキングでは、旧フランス植民地のアルジェリアに次いで、第二位である。以下に詳しく、そのランキングも書いた。

「白人はどこに?「パリはどこの国の首都ですか?」と世界で話題に【海外の反応】」

Top 10 des pays qui aiment le plus les Français, là où on est populaires


③フランス人のことが好きな国と、嫌いな国 TOP10(BBC調査→2014年)

順位国名(好き割合
1ガーナ72
2フランス・韓国70
3カナダ64
4ブラジル62
5イギリス61
6オーストラリア57
7ナイジェリア・米国55
8ロシア51
9ケニア・ペルー48
10中国・ドイツ47

ガーナという国が出てきたのは、もともとガーナはイギリスの植民地だったので、フランスには嫌悪感がないのかもしれない。

にしても、韓国人がフランスを超ポジティブに捉えているのが面白い。日本はものすごく意外なことにランキング外で、38だった。

フランス好きの日本人は多いものの、フランスに対して、ポジティブに捉える人が韓国の半分以下なのが興味深い。また、全くポジティブに思っていなかった国は、イスラエルで、24である。

次に、フランスについてネガティブに思っている国を見てみよう。

順位国名(嫌い割合
1パキスタン38
2イギリス32
3トルコ29
4アメリカ26
5メキシコ・ナイジェリア・インド25
6オーストラリア・ドイツ・スペイン24
7ケニア・フランス22
8カナダ・ブラジル20
9イスラエル18
10アルゼンチン17

書ききれなかったが、5位の26に、インドネシアも含まれる。フランスが特別嫌いな国は存在しないことが判明…。→2017年を見ると、ある国が登場するけどね…。

ちなみにこのランキング外だが、フランスのことが嫌いという数値で一番低かったのが、日本(4)であり、つまり日本では、4%の人しか、フランスのことが嫌いな人がいないという訳であり、実質上、フランスのことが一番好きな国とも取れてしまいそう…。




④フランス人のことが好きな国と、嫌いな国 TOP10(BBC調査→2017年)

順位国名(好き割合
1フランス78
2中国・カナダ74
3オーストラリア69
4米国・英国66
5ブラジル59
6メキシコ・ドイツ56
7ナイジェリア55
8ケニア53
9ギリシャ50
10ペルー47

まず、好き(ポジティブ)の数値から見ていこう。やはり多くのフランス人はフランスのことが大好き。また中国や、ケベック州(もともとはフランスの植民地で現在もフランス語を話す)を持つカナダは数値が高い。米国や英国もフランスが好きと言えるだろう。

また、ロシア(35)や、トルコ(38)、パキスタン(25)、インドネシア(31)、インド(37)とポジティブではない国も多くあった。

この2017年版のBBCの調査では、日本が除外されているので、上に日本が入っていないが、おそらく入っていれば、2位あたりだったのではないかと思う…。

にしても、インドネシア人ってやっぱり白人が嫌いなんだね。(オランダがインドネシアを奴隷扱いしていた時期があったのでね…)


次に、嫌い(ネガティブな数値を見ていこう)

順位国名(嫌い割合
1トルコ43
2イギリス29
3インドネシア・スペイン・パキスタン26
4ペルー25
5メキシコ・ナイジェリア24
6オーストラリア23
7ロシア22
8ケニア21
9インド20
10ブラジル・アメリカ19

ちょっと面白くない。けど、トルコのみがフランスに対してネガティブに感じているということがこの調査で分かった。それ以外は、ネガティブに感じる範囲ではない。(数値的に)

にしても、やっぱりアメリカはフランス好きだね…。というのも、現在のアメリカにも、何千人ものフランス人の末裔がいるからね…。

「ドイツ系?フランス系?イギリス系?現在の白人系アメリカ人の祖先は、どこから来た?もっとも多い国 TOP20」

Reference Site
https://globescan.com/images/images/pressreleases/bbc2017_country_ratings/BBC2017_Country_Ratings_Poll.pdf
http://downloads.bbc.co.uk/mediacentre/country-rating-poll.pdf

こんな記事もオススメです。
「あなたは、韓国系?東南アジア系?祖先(ハプログループ)を知るための遺伝子検査「ジーンライフ」製品の詳細を調べてみた」

フランス人は世界中で嫌われている?世界中からの皮肉な名言集 TOP10と、フランスのことが好きな国と嫌いな国 TOP10【フランスの反応】 フランス人は世界中で嫌われている?世界中からの皮肉な名言集 TOP10と、フランスのことが好きな国と嫌いな国 TOP10【フランスの反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 4月 16, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.