新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

「河野太郎」外相のアメリカ英語がネイティブすぎる件




最近、ニュースをみれば河野太郎という名前をよくみるようになってきました。そんな私は、河野さんのファンでもあります。→なんだろう、キャラが濃いというか、一度みたら忘れられないような印象を与える、そういう人だと個人的には思います。

もしかしたら、眉毛が独特で、男らしいから惹かれているのかも…( ´艸`)そんな、河野さんでも、超えられない人がいたりしますが…。

正直、ここまでキャラは濃くありませんが…。

「川崎宗則さんのカタカナ英語が、アメリカ人から評価される理由【アメリカの反応】」

そういえば、河野太郎外相の前は、岸田文雄さんでしたね。っていう私は、すっかり岸田さんのことを忘れてしまっていましたが…。

オバマさんの広島訪問のとき、一緒に並んでいたくらい、国際的な認知度も高いんですけどね。

また、お隣の韓国では康京和(カン・ギョンファ)外相という、これまた韓国でもほとんど見かけないような外見の知的な女史がおられますよね…( ´艸`)

韓国ではものすごく人気のこの康京和さんは、日本人にはあまり知られていないと思いますが、韓国ではものすごく人気です。

白髪なのに、美しく見える!と言い出す人までいたりします。

「非常に韓国離れした、韓国の外相「康京和」氏の英語がネイティブすぎる件【韓国の反応】」



で、話は戻って、この韓国の外相、康京和の counterpart でもある河野太郎の英語を最近私はユーチューブで偶然、聞いてしまいました。

私は河野さんの経歴を全く知らなかったため、康京和と面会したときも、康京和の流暢な英語についていけたのだろうか?





なんて心の中でも思っていたのですが、実際ビックリするほど彼の英語が流暢すぎる!ということを知ってしまいました。

上の動画は、2012年のものなので、今以上にテレビに露出していなかった時のものだと思います。

それにしても、アメリカ英語の発音も完璧で、リエイゾン、またイントネーションまでものすごくお上手だなと感じました。また何といっても、話し方がわかりやすい。

で、なんでこんなに上手なの?って思うじゃないですか。で、ウィキペディアという便利なツールを使って調べてみたわけですよ…。

以下、簡単な経歴を追ってみるとこんな感じになりました。

YMCA幼稚園(YMCAは、キリスト教女子青年会の意味→知らなかった…。)

1981年(昭和56年)4月に慶應義塾大学経済学部に入学するも2ヶ月で退学。

マサチューセッツ州アンドーバーでサマースクールに通う。

コネチカット州のボーディングスクール、サフィールドアカデミーで1年間過ごす。

1982年9月にワシントンD.C.のジョージタウン大学に入学。

1984年にジョージタウン大学を休学。
ポーランド中央計画統計大学(現在のワルシャワ経済大学)に交換留学。

1985年(昭和60年)1月にジョージタウン大学に復学。

1985年12月にジョージタウン大学卒業。 

ものすごい経歴。これだけ色々と活動されていたら、英語も上達するか。と思うような感じですね。ポーランドにも交換留学に行っていたという部分も興味深い。



でも、なぜにポーランドなんでしょうね!?(*´ω`*)→ちなみに、河野さんはポーランドで、警察に逮捕され、翌朝まで留置場に入れられたという暴露まで自身でされています。

ちなみに、河野さんの動画を英語版で検索してもあまり再生回数が少ない。またコメント数もほとんどない。私の検索の仕方が間違っていたのか?

という、今後外交の手腕が評価され、ものすごく世界でも注目されるようになるのではないか?という期待があると私は見ています。



で、二つ目の動画は、BBCの日本語版なのですが、河野さんはもちろん英語でインタビューに答えています。英語が流暢だけでなく、自分の考えを誰もが理解、納得できるような言い回しで、きちんと回答されています。

そのせいか、インタビューしている側の英語話者もものすごく真剣に聞いているような気もします。以前、ソニーの社長のインタビュー動画をブログで紹介したこともあるのですが、

「ソニーの代表執行役社長兼CEO、平井一夫の英語がネイティブよりも上手な理由」

このときも、インタビューをしてる側の人は、なんでこの日本人英語上手なの?というような感じだった気がします…。

世界中で英語が苦手と思われている日本人がこのレベルを話せるとやはり、英語話者も興味津々になってしまうのでしょうきっと。

ちなみに話は戻って、この記事の二番目のBBCの動画は、コメントもかなり多い。→視聴者はほとんどが日本人なので…。





で、思ったのが、こういう人材がもっと日本には必要になってくるのではないでしょうか?

最近は、誰かの悪口ばかりをネットに書き込んでそれで満足しているような人も多くなってきているような気もしますが、インターネットで誰かのことを叩いている暇があれば、こうやって英語力を身に着けて、ブログでも何でもいいので、世界に日本のことを発信できるような、人が増えていけばいいなと思いますね…。

英語力を鍛える過程で、色々な知識も学びつつ、ここまでこれたら理想だなと思いました。そんな私もまだまだなのですが、河野さんみたいに、政治の話とかもこれほど流暢にできたらいいなと思います。(^^;)

FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!

光香子さん
発音、ほぼネイティブですね!子供の頃、そういった環境だったのかな?

Emiさん
分かりやすいだけではなく、説得力がありますね。
こういう、中身のある話し方ができるようになりたいものです。

播磨さん(フリーランス通訳)
すげー解りやすい英語(・_・)。こういう英語を目指したいです。

北原さん
よこいさん、ご指摘のとうりです。最近の二世議員は、よくやりますね。馬鹿にできません。河野さんしかり、小泉進次郎しかり。

廣瀬さん
外国に留学する時ほとんど自力で頑張ったという話しは聞いた事が有ります。

岡部さん
次の首相はこの人にやってもらいたい。

Sodeyamaさん
通訳ばかりに頼ってると、通訳者の通訳が外交上非常に大きな割合を占める事になってしまいます。
もしその通訳者が…

加賀さん
本気で、相手と向き合うには、通訳いれないのが、本当だね。

こんな記事もオススメです。
「X-JAPAN「YOSHIKI」の英語力。なんて謙虚な人なの?と話題に【海外の反応】」
「「稲田朋美」防衛相の英語に会場の人たちが爆笑してしまった理由【海外の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


「河野太郎」外相のアメリカ英語がネイティブすぎる件 「河野太郎」外相のアメリカ英語がネイティブすぎる件 Reviewed by よこいりょうこ on 2月 14, 2018 Rating: 5

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

河野太郎さん、わたしもファンです。なんか今までの外相とはちょっと違いますよね。
あの中国の報道官との自撮り写真もまさに若者が撮ったようなインスタ映えの感じる角度でした。
ツイッターでも○○の国のお偉い様とこんな話をしたよ~っと結構気軽に話されていて、まさに世界や日本の情報を発信して下さっている。前の岸田さんよりよっぽど仕事してますよね。

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.