新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

次期皇后(エンプレス)、雅子さまの英語力。世界はどのようにみているのか?





以前、皇后美智子さまの英語についての記事を書いたけれども、かなり好評を頂いたので、今回は雅子さまの英語力についても書いていきたいと思う。

「世界中で愛されている日本の皇后 (Empress) 美智子さまの英語【海外の反応】」

美智子さまの英語は、インド人などからも美しい声。などというコメントが結構あった。実際、美智子さまはご留学はされていないものの、美しい透き通るような英語をお話になる。最近の日本人女性には、あのように話す人は少なくなってきているのではないか。とも思ったりするくらい、実に印象的な英語だ。

で、話は雅子さまに移ろう。



(私が一番気に入っているこの写真。めちゃくちゃお似合い…)

約二年後の2019年元日、「徳仁天皇」と「雅子皇后」が誕生する。平成もあと2年で終わりか…。こういう節目っていろいろなことが変わったりすると思う。

2019年に、このお二人が天皇皇后両陛下となるのですから。

そして、2020年には東京オリンピック。今、絶好調に思える日本だけれども、本当は東京オリンピック以降、どうなってしまうのかは、誰も予想ができない状態でもあると思う。経済面だけでなく、日本にまた、いつ災害が起こるのかも、誰も予想することはできない。

特に経済規模は、中国と日本は比べることができない規模まで引き離されてしまう。

「日本、中国、韓国を比較。2016年→2030年→2050年のGDP(国内総生産)ランキング TOP20」

また、いつ北朝鮮の核が日本列島に飛んでくるかも、予想できない。(北朝鮮問題は時間が経てばコロコロ変わるので…)自然災害は、本当にいつ起こるのかはわからないけれども、北朝鮮の核ミサイルのようなものは、一人の人間の、一時の感情で動いてしまうこともある。そういう意味で言えば、今激動の時代を生きているともいえる。

そんな激動の時代の中で、日本の顔が交代するのが二年後。そこで、マルチリンガルでもある私は、次期皇后(海外ではエンプレスと呼ばれている)はどのようにみられているのか?ということをこの記事では、まとめていきたいと思った。

ちなみに雅子さまの英語の動画をずっと探していたのだけれども、テレビ局がアップロードしているような動画はみつからなかった。

唯一、このシーンだけは他の個人投稿者からアップロードされていたので、いつ消える動画かわからないけれども、シェアさせていただこうと思う。

その前に雅子さまの今までの歩みを少しまとめてみたい。



以下、雅子さまの簡単な経歴

1963年→東京都港区の虎の門病院にて誕生(昭和38年12月9日)。その後、父の仕事の関係で1歳数か月からソビエト連邦・スイス連邦で過ごす。2歳の終わりごろからソ連のモスクワ市立ジェツキサートNo.1127保育園に通園した。
1968年→ニューヨーク市キンダガーデン(幼稚園)に通園する。
1971年→一家は日本に帰国する。
1979年→6年間、米国のボストン市へ移住する。(1979年7月~1985年6月)
1985年→昭和60年6月、ハーバード大学を卒業する。
Reference Site
(ウィキペディア)

つまり、普通の人ではないということだ。ロシアでうまれてスイスで過ごす。という普通の人ではそうそう体験できないことを小さい頃から体験してきている。

つまり、小さい時から見てきたものが一般の日本人とは明らかに違う。こりゃ、こんなに、いろんなところまわっていたら、皇室に縛られておかしくなっちゃうのも無理がない。

以下は、雅子さまのユーチューブ動画。

雅子様 英語スピーチ The Voice of Crown Princess Masako

こちらの動画はオーストラリアに訪問した時の動画。雅子さまのオーストラリア訪問の映像は他の童画でも見たことがあるけれども、コアラを触るシーンで、Fluffy!(フワフワ)と楽しそうに英語をしゃっべていた動画は下のにある。

おそらく、上の動画もその時のオーストラリア訪問の際に撮影されたものだと思う。私が動画を見る限り、皇室にふさわしい、イギリス英語がすごく上品にも聞こえる。

また、学生と話しているけれども、学生さんのほうは、他の国からきたプリンセスということもあり、少々緊張気味のご様子。

ちなみにオーストラリアの君主は未だにエリザベス女王であり、オーストラリア人にとっても他国から王室関係者がやってくることは注目を浴びる。また雅子さまもこの映像を見る限りでは、控えめな感じで英語を話しているような印象も受けた。

ちなみに余談だけれども、オーストラリアの日本語学習者は世界の先進国では現在も、TOPレベルということはあまり知られていない。

「なぜオーストラリアの日本語学習者は、親日国の台湾や同盟国のアメリカよりも多いのか?」

それでは、二つ目の動画に移ろう。




雅子様 英語スピーチ2 The Voice of Crown Princess Masako

こちらの動画を見ても、とにかく雅子さまは声がきれい。その声で話すだけで人を惹きつけるような、そういう声をしていることが分かった。

けれども日本語がネイティブであることは事実であり、そういう日本語の母国者に対して、過度になぜアメリカ人のような英語で話せないの?というように煽る一部の日本人(特にネット)もいるけれども、グローバル化している現在、インド人と日本人がグロービッシュ(簡単な英単語を使った英会話)でやりとりしてビジネスが成立する時代である。

また、日本よりもホームレス大国になっているアメリカが話すような英語に憧れる自体、昭和的な考え方だと私は思ったりもする。

「日本の「最貧困女子」より更に上を行く、米国で増える続ける、社会から見捨てられた「白人女性」のホームレス TOP10」

つまり、それぞれ個性のある英語で話せばいいだけなのである。以下の芸能人も、みな個性があって美しいですよ~(^^♪

ほぼ、日本人の英語をリスト化しましたけどね…。

「日本の有名人(芸能人)の英語力 TOP10」
「日本の有名人(政界、官界、財界編)の英語力 TOP30」
「日本の有名人(スポーツ選手、アスリート編)の英語力 TOP20」


1994年の中東訪問と、その後のオーストラリア訪問映像

2年連続で中東を訪問された時期。この時期の雅子さまは非常に楽しそうだった。その後、愛子さまを出産し、長い間海外に行けなかったことに対して、そのことを適応させるのに大変時間を要したとも会見で語っていた。(上の経歴を見れば、海外に行きたくなるのは当たり前にも思える…)

上で触れた、Fluffy5:45

こりゃ、多くの人を敵に回すのは無理もないと思う。日本人では、出る杭は打たれる。というけれども、まさにそういう部分も多く、女性が女性に嫉妬して、女性が女性に票を投じないような国でもある日本は、とにかく嫉妬が多い。

韓国人は感情的だよねぇー。とか言いながら、実は表では何も言えないような人がネットでボロクソ叩くような社会。

色々な噂があるものの、日本の次期皇后なのであり、応援していくべきであろう。





実際、美智子皇后が今上天皇と結婚するときは、ものすごいバッシングを受けたし、現代人はそのことをあまり知らないのかもしれない。

日本の皇后については、こちらに詳しくまとめたので、ご参考に!結構、日本の皇室、ドロドロしてますよぉ~( ´艸`)

「明治維新以降、天皇や日本国民を支え続けている「日本の母、女王」皇后、皇太后 TOP5」

それはさておき、私が思うに、雅子さまや、イギリス王室(ウィリアム王子や、ヘンリー王子、黒人の血を引いたメーガン)を中心に、よりよいロイヤルファミリーの在り方に変わってくると思ったりする。

雅子さまに対する海外の反応



ちなみに、雅子さまの英語は上にある3つのみとなってしまったけれども、以下は、雅子さまの写真に対しての海外の反応があったので、軽く紹介していこうと思う。この動画は、英語で作成されたもので一番再生回数が多かったものだ。

日本人が思うほど、日本の皇室はほとんど世界では注目を集めていないのが実情。眞子さまや佳子さまのことも、日本人だけで盛り上がっているということからもわかるように、

「プリンセス佳子 VS プリンセス眞子の比較写真が世界で話題になっていた件【海外の反応】」

一部の海外の皇室ファンくらいが注目するくらいである。その証拠に、世界のプリンセスランキングというようなものを以前調べたけれども、そこにはなんと、日本ではなく、ブータンのあの美女の王妃がランクインしていたものの、雅子さまや、紀子さま、佳子さま、眞子さまのような皇室の女性たちはランクインすらされていなかったのだ…。

「世界のプリンセス(王妃、王女)ランキング。日本の女性皇族は何位?」

これは、世界の美の基準が、欧米よりになっているとか、ヨーロッパのプリンセスの間で、小麦肌になることが流行っているからという、そういう問題ではない。

私が思うに、単に皇室自体、世界であまり目立たないように控えめに活動しているから、目立たないのだろうと思う…。→ヨーロッパの王室と、日本の皇室は性格そのものが違うのだから。

けれども、天皇陛下となると話は変わってきて、世界レベルの権威者でもあるエリザベス女王が一歩足を踏み出すくらい、天皇家というのはヨーロッパの王室から尊敬されている部分もある。

「エリザベス女王が天皇陛下と握手する際に、自ら一歩踏み出す理由」

つまり、雅子さまが皇后になった場合、その知名度を上げるのも下げるのも自分次第ということになるのだ。

上の動画のコメントをみると、「雅子さまを愛している。頑張って!」という声が、インド人名らしき人から書かれていたり、雅子さまの健康を願う声や、もし悠仁さまが女性だったら、今頃、次期天皇になる後継者の議論が始まって、愛子さまが天皇になっていたかもしれない。という冷静な声もあった。→海外のコメントの中には、愛子天皇を望むことが意外にも多いことも、日本ではよく知られていないことである。

いずれにしても、世界の平和のために、雅子さまの力が今後、必要になってくるだろう。人をバッシングし続けていていいことは決してない。というのが私の考えだ。

こんな記事もオススメです。
「TOEICスコア増大!転職にも役立つ。TOEIC950の現役「医薬翻訳者」が、収入を上げるために、英語力の向上が見込めるサイト、アプリをまとめてみた!」
「雅子さまがオランダ国王夫妻に、膝を曲げてお辞儀(跪礼)をする瞬間」
「ヘンリー王子が暴露?ダイアナ妃の死をめぐる陰謀論を簡単に解説」



次期皇后(エンプレス)、雅子さまの英語力。世界はどのようにみているのか? 次期皇后(エンプレス)、雅子さまの英語力。世界はどのようにみているのか? Reviewed by よこいりょうこ on 5月 24, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.