スポンサー記事

2021年に仮想通貨系カジノは違法?

2021年1月28日

  1. HOME >
  2. スポンサー記事 >

2021年に仮想通貨系カジノは違法?

2021年1月28日

カジノ 仮想 通貨の運営と管理を成功させることは、見た目ほど簡単ではありません。実際、初期の運営者の多くは、今日ではもう運営していません。利益を上げることができなかったり、不幸なハッキングの被害に遭ったりと、暗号カジノは高い確率で失敗しています。

さらに悪いことに、長年にわたって立ち上げられた多くの業者は、合法的な運営をするつもりさえありません。残念なことに、未だに活動しているサイトの大半は、顧客からの入金はあっても支払いはない、ハニーポットの罠に過ぎないのです。

 

ギャンブルライセンスは何を証明しますか?

ビットコインギャンブラーは、いくつかの暗号化されたカジノがギャンブルライセンスを所持または表示していることに気づいたかもしれません。では、ライセンスを取得しているカジノと、ライセンスを取得していないカジノとの違いは何でしょうか?

まず、ライセンスを持つことは、オペレーターがビジネスとしてサイトを登録し、ライセンスの申請に成功した実在の人物であることを示します。ライセンスを取得しているということは、そのカジノがライセンス機関の必要なセキュリティチェックやデューデリジェンスプロセスに合格していることを意味します。つまり、実在の人物、実在の会社、実在のビジネスモデルがライセンスの裏付けとなっている可能性が高いのです。

次に、ライセンス当局は、申請書を検証するために外部の関係者を任命することでも知られています。また、サイトのセキュリティと公正さを確保するために、サイトの運営に関する定期的なチェックを要求するところも多くあります。もちろん、証明可能な公正なメカニズムを持つ暗号カジノの場合、ゲームの公正さはギャンブラー自身が判断することができます。

最も重要なことは、ライセンスを持つ暗号カジノは、ライセンス機関が管轄する法律や規制に従うことで、合法的かつ正当に運営する意思を示していることです。また、ユーザーにとっては、カジノ自体のサポートや支援を受けて自己排除を行う権利など、一定レベルの保護を意味します。

結局のところ、必ずしも合法性を保証するものではありませんが、ギャンブルライセンスは、暗号ギャンブラーにとって、単なる信頼を超えた追加的な保証となります。

 

どの国が暗号化されたカジノのライセンスを発行していますか?

現在、オンラインカジノのライセンス発行機関を持つ国は非常に多くあります。ヨーロッパでは、イギリス、マルタ、ベルギーなどが有名で、アジアではフィリピンやマカオなどがライセンスを取得してきた歴史があります。アメリカ大陸では、アメリカとカナダのいくつかの州、カリブ海のキュラソー、中米のコスタリカなどがあります。

ここでは、暗号カジノで見られる最も一般的なライセンスをいくつか説明します。

キュラソーの政府
ジブラルタルとイギリスのゲーミングコミッション
コスタリカ

このように、これらの国は経済規模が小さく、収益の多様化のためにオンラインギャンブルビジネスを誘致している国もありますが、ライセンスの取得はそれに劣らず厳しいものとなります。

-スポンサー記事

© 2022 MULTILINGIRL♫ Powered by AFFINGER5