新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

なぜ日王(日本の天皇)は韓国をご訪問されないのですか?【韓国の反応】




宮内庁のホームページをみると、このように天皇皇后両陛下は様々な国々をご訪問されています。そのすべてをこの記事でまとめてみることにしました。

ベトナムご訪問(平成29年)
フィリピンご訪問(平成28年)
パラオご訪問(平成27年)
ベルギーご旅行(平成26年)
インドご訪問(平成25年)
英国ご訪問(平成24年)
カナダ・アメリカ合衆国ご訪問(平成21年)
ヨーロッパ諸国ご訪問(平成19年)
シンガポール・タイご訪問(平成18年)
アメリカ合衆国自治領北マリアナ諸島サイパン島ご訪問(平成17年)
ノルウェーご訪問(平成17年)
スイスご旅行(平成14年)
ポーランド・ハンガリーご訪問(平成14年)
オランダ・スウェーデンご訪問(平成12年)
英国・デンマークご訪問(平成10年)
ブラジル・アルゼンチンご訪問(平成9年)
フランス・スペインご訪問(平成6年)
アメリカ合衆国ご訪問(平成6年)
ヨーロッパ諸国ご訪問(平成5年)
ベルギーご旅行(平成5年)
中華人民共和国ご訪問(平成4年)
東南アジア諸国ご訪問(平成3年)

http://www.kunaicho.go.jp/page/gonittei/top/1



たまにニュースで天皇陛下が海外に政府専用機で出発されました。のような報道がされることもありますが、普通に暮らしていれば、あまり気にも留めないのが一般の日本人だと思います。けれども改めて見てみると、こうやっていろんな国を訪問されて、日本人の代表としてお仕事されていたんですね…。

そんな天皇陛下。ある国にだけは行っていない。ある国にだけはという言い方はちょっと変かもしれませんが、他の国に比べても日本との交流も深く、隣国でもある大韓民国にはいまだ足を踏み入れていないのだ。

上述の通り、平成4年(1992年)には、中華人民共和国に訪問されている。ま、このときはこのときで色々な事情があったようなのですが…。

「天安門事件後、世界で孤立した中国を天皇皇后両陛下の訪中が救った?」

そう。1992年といえば、当時天安門事件などで世界中から孤立していた状態だった中国。2017年に置き換えて言えば、現在の北朝鮮状態のように孤立していた時期に、

世界でも権威のある天皇陛下が訪問されたのです。

そう考えると、スゴイ出来事だと思いませんか?また北京オリンピックの際にも、中国側から天皇陛下の訪中要請があったそうですが、これは日本側が拒否。(笑)

危ないですからね…。というのも、天安門事件後、その悲惨な事件を国民の目からそらすために、中国政府が日本に対しての反日教育を普及させたという説もあるからだ。

つまり、あの当時は天皇陛下が訪中できたけれども、今は到底できる状態ではないと私は思った。

以下の動画の 7:52 にまさに、天皇皇后両陛下が中国をご訪問されたときの映像が残っている。なんて親日な国、中国なんでしょう?と誰もが思ってしまう映像でもある。



https://www.youtube.com/watch?v=a6AuxSpIFdE

で、話はもどって中華人民共和国は訪問したけれども、同じ隣国でもある大韓民国には訪問されていない。で、私はなぜ?と考えたときに、現在韓国という国は、北朝鮮と朝鮮戦争休戦協定を結びましたが、これは、文字通り休戦協定であり、戦争を休んでいる状態なので、平和条約は未だ成立していない。

そんな場所に、世界でも権威のある天皇陛下が行けるだろうか?





で、私は韓国のニュースサイトから、まさに天皇陛下がなぜ中華人民共和国には訪問されて、韓国にはご訪問されないのか?といったような記事を発見してしまいました。

以下のURLです。
http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2012/09/20/0503000000AKR20120920178700073.HTML

実際に韓国のニュースを翻訳してみると、

日本の女性週刊誌「女性自身」によると、外務省総合外交政策局長が、天皇と皇后がいつか韓国を訪問することができればいいな。と明らかにしたと伝えているようである。また天皇は、今後も日本と韓国の友好関係を維持してほしい。とも話したそうです。

李明博前大統領が天皇に対して過去のことについて謝罪しろ!的な発言があった後にもかかわらず、日本政府が必要であれば天皇は韓国を訪問したい。というふうに言っていたと韓国では報じられている。

また、日本と韓国のための友好に貢献できるのなら現地に行って躊躇なく謝罪したい。といった内容もこの韓国版のニュースには書かれていました。

またこの韓国版のニュースは、天皇陛下が2005年6月に米国領サイパン訪問時に韓国平和記念塔に参拝したことや、2001年の記者会見で桓武天皇の生母が百済武寧王の子孫だと続日本記に記録されているという事実を述べ、縁を感じている。と発言したことも強調している。

ちなみに、私が米国領サイパン訪問時に韓国平和記念塔に参拝したことについて調べてみた限りでは、宮内庁のページには記載されていませんでした。

アメリカ合衆国自治領北マリアナ諸島サイパン島ご訪問(平成17年)

が、非公式の場合もあるかもしれないので、事実かもしれません。

仮に天皇皇后両陛下が韓国をご訪問されることになったとしても、日本国民の間で大反対になると思います。そういう意味からも、この実現は難しいかも知れませんが、政治とか世界の流れっていきなり予期せぬことが起こることも多いので、

例えば北朝鮮情勢が変化して、南北が統一の方向に向かったりすることも考えられる。そういうことも考えれば、次期天皇が韓国をご訪問されてもおかしくないかもしれない。

けれどもやはり現実的ではない。



ちなみに、謝罪に関しては鳩山元総理が韓国に自ら赴き、土下座をされています…。これは韓国ではあまり話題にはなっていないようです。

やはり、元首相だと話は違ってくるのでしょうね…。現在の首相とか、天皇陛下でないと韓国人の気持ちは収まらないのでしょう…。

今後の動向がどうなるのかわかりませんが、調査を進めていきたいと思います。

http://nation.time.com/2012/08/26/japan-to-south-korea-lay-off-the-emperor/

こんな記事もオススメです。
「韓国歴代大統領の天皇陛下謁見を比較」
「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫だって?日王(日本の天皇)が、ついに自らの血統を告白したぞ!【韓国の反応】」
「世界中で愛されている日本の皇后 (Empress) 美智子さまの英語【海外の反応】」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」


なぜ日王(日本の天皇)は韓国をご訪問されないのですか?【韓国の反応】 なぜ日王(日本の天皇)は韓国をご訪問されないのですか?【韓国の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 1月 24, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.