新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本人と共通の DNA を持つ【チベット人】のイケメンTOP5





チベットといえば、中華人民共和国に統合されてしまったエリア。

ハプログループDが相当な頻度で存在するのは日本とチベットおよびアンダマン諸島のみである(日本では32%前後、沖縄では55%前後、アイヌでは88%前後、チベットでは約30~50%、アンダマン諸島南部では100%)。
「日本人と同じ【ハプログループ D】を持つ、アンダマン諸島のオンガン人(ジャラワ族、オンゲ族)」


という記述がウィキペディアにあるように、日本人とチベット人は、ハプログループDというもので共通している。なので、韓国人よりも寧ろ、チベット人と日本人のほうが似ていると主張する人もいるほどだ。

そんなイケメンの写真を観察することで、少しでも日本人との共通点を探っていきたいというのがこの記事の目的です。

また、私のイケメン研究の一環でもありまする。。


http://www.magic-photographer.com/ngg_tag/sheraton-hotel-construction-cranes-cracow-poland/

なんだろう、韓国人って感じではないね?
日本にいそうな感じのほうがしっくりくる。日焼けしていてかっこいいかも?サッカー選手とかでいたら、絶対に話題になっていそうな顔立ち。

なんだろう、顔小っちゃめで、常に注目を浴びていそうな感じもする。このタイプの顔はあまり中国でも見れないような気がする。

やはり、日本やチベット独特の顔なのか?明らかに、若い人たちからモテそうですよね?


https://jp.pinterest.com/pin/343962490261190383/

なんだか日本にいそうな顔。しかも、民族衣装が上品!なんだろう、顔の形?気品を感じる…。王子様って呼んじゃおうかしら?っていう気分にさせる。

花が小さくて細い?また眉毛が下がっているから少し優しく感じる?

関西にいそうな顔って感じもする。また顔がしもやけ?日焼け?こう肌の焼け方の人は、中国にもたくさんいる。お外で仕事していたらこうなるのかもしれませんね?



おぉ。出た。反町隆史!そっくりじゃないですか?

まさか、反町さんがチベットに行かれていたとかじゃないですよね?ご本人だったらごめんなさい…m(__)m


でも似すぎ・・・。あと眉毛が繋がりそうになっちゃっているのも特徴。目元もきりっとしていて男らしい感じですね。



なんだろう、中国人にいっぱいいるようなタイプではないよね。独特な感じですね?とろけるチーズのような顔と言ったほうがわかりやすいかしら?

けれども、中国でもたまに見たりする顔かも?


https://jp.pinterest.com/pin/353391901982632462/

チベットでは、ロン毛が許される環境なのかもしれない。中国や韓国に正々堂々とこれほどのロン毛の人はいないと思う。

チベットの仏教観からきているのかもしれない。

こうやって、今まで見たことのなかったチベット人だけど、こうやってチベット人は漢民族と違うということが分かると、なぜ焼身自殺までして中国政府に抗議しているのかも、理解できるようになった気がする。


http://kinbricksnow.com/archives/51766903.html

追記。これは、もう完全に日本人そのもの。日本人にしか見えない…。しかも、私がよく会っているお友達似ている・・。(笑)

今後も、チベットの記事は書いていこうと思います。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」





日本人と共通の DNA を持つ【チベット人】のイケメンTOP5 日本人と共通の DNA を持つ【チベット人】のイケメンTOP5 Reviewed by よこいりょうこ on 5月 25, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.