新しいタイプのプロパガンダ!?海外在住、多言語話者でオカマのマルチリンガールが世界のレア情報を独自の視点から語っていきます♪

全然似てない!?ラオス・カンボジアのイケメン・美女 TOP10




ラオスとカンボジアと言えば、タイとベトナムに挟まれる形で存在する小さな国というイメージしかない人も多いかもしれない。

そんなラオスの人口は、685万 (2017年)ほどで、カンボジアは、1601万 (2017年)と、ラオスの二倍以上もある。というのは、案外知らない人も多いだろう。

またカンボジアには港があり、ラオスは内陸国であることや、ラオスの人が住んでいる大部分が山の上であることなど、ラオスとカンボジアはインドシナ半島で存在感がない唯一の国ではあるが、全然違う国だということも認識していただけたらと思う。( ´艸`)

※ちなみに、ミャンマーはラストフロンティアと呼ばれ、特に日本でモテない系の男性が恋人探しに行く場所として密かに注目が集まっている…。

ブロガーなどでも、ラオス(美女?)に恋してしまい住みついている人も何人か知ってる…w

「実は美人大国だった!?他民族国家「ミャンマー」の美女ランキング TOP20」



そんなカンボジアには日本人男性が、風俗などで遊びに行ったりする一方、カンボジアなどの貧しい子どもたちのために現地に赴く人もいるように、日本人は結構訪れていたりする。

※未成年には絶対に手を出してはいけない。ということは先に言っておく。(当たり前だけどね)

「【閲覧注意】旅行中に間違って行ってはいけない、世界の売春街(風俗街) TOP20」

この二つの国は、タイやマレーシア、インドネシアほど情報がないので、どんな人たちが住んでいるか知りたい。そんな人のために、これらの国のイケメン・美女を集めることで、少しでも慣れ親しんでもらいたいと思った。


①ラオス・エアラインの男性客室乗務員



ラオス・エアラインのフライト・アテンドのようだ。それにしても、卵肌?なんだろう。女性的な、エストロゲン?(私も豆乳で頑張ってるけど)的な感じがする。

つまり、女性的な雰囲気も少し感じあるような気もするのは、セルフィ―+修正加えているからなのかしら?それにしても、韓国のチャンドンゴン様に似ている!?( ´艸`)

※チャンドンゴンってイケメン扱いされているものの、中国のイケメンにチャンドンゴンに似てるね!って言ったら、めっちゃ嫌がられた…w

ちなみに濃い系の顔の韓国人イケメンは以下…。

「顔が濃い韓国人男性のイケメン・ランキング TOP20」



ちなみに、上の写真は、ラオス・イケメンというキーワードででてきた画像なので、間違いなくラオスのイケメンといえばこういう感じなのかな?と思いつつ。

ちょっと欧米的な、なんだろう、東アジア人とヨーロッパ系のクオーターみたいな??そんな感じもしないでもない…。


②ブータン系を連想させるラオス人男子



目がものすごく小さいのが逆に魅力的なのかもしれない。ラオス イケメンで引っ掛かった画像。。なんだろう、英語で検索したので、西洋のイエローフィーバー的な人達にモテる顔なのかもしれない。

それにしても、こういう顔を見ていると、なぜかブータン系の男子を思い出してしまうなぁ…。やはり同じ中国南部の国として、共通点がどこかしらあるのだろう。

「日本人に激似!?ブータン人女子からみた、ブータンのイケメンTOP18。ワンチュク国王の弟も!?」


③こちらもブータン系男子!?



こちらはね、ラオ語で検索してみまた・・。おそらく真ん中の男子が、イケメンと言われている人である。

確かに、私から見ても、イケメン!合格です!(^^♪

と言いたいところだが、なんか現代韓国人の、つまりエヴェンキ系の顔に似ていないだろうか。まさか違うとは思うけれども、韓国人観光客がラオス人に囲まれて、こうやって民族衣装着ていたとしたら笑っちゃうよね…。

「「エヴェンキ人」と「韓国人」の顔が似すぎている件と、韓国における顔の種類(パターン) TOP5」

けれども、眉毛の形?からしてラオス人の気もする。それに、やはり後ろにも、ラオ語?タイ語?(まだ私は区別つけられていないw)らしきものがあるので、ラオス人だと信じたい…。

いずれにしても、民族衣装を着こなせる男子ってかっこいいですよねん。また、エヴェンキもそうだけれども、チベット系も連想させるね、こういう顔って…。

「日本人と共通の DNA を持つ【チベット人】のイケメン TOP10」


④ラオス・エアライン男性客室乗務員(2)



こちらは最初に出てきた男性とは違うようだ。顔がもっと濃い(毛も)で、これ、本当にイケメンだわ~。日本にもいる系のイケメンとして通用しそう。

日本にいたら、絶対にイケメン扱いされそうな感じ。眉毛が太く端正な顔立ちなので、昭和的な感じもする。いずれにしても、世界基準でのアジア版のイケメン顔という気がする。

それにしても、こんなにしつこくイケメンのフライトアテンダントを撮影し続ける乗客もいるのだね…。

あとこの機内では、東南アジア系の人たちと白人系の人たちが一緒に乗っているようで、なんかものすごく異国的な雰囲気なのも面白い。


⑤韓流風のラオス人芸能人



https://muan.sanook.com/11356/

こちらは、もしかしたらタイ人の可能性もあるのだけれども、ラオス人として紹介されていた。顔と体のバランスが、坂口健太郎にも似ている感じがするので、タイとかラオスでそういう位置づけの人なのかもしれない( ´艸`)

いずれにしても、韓国人女子に人気がありそうな顔という気がする。韓国人女子の間でも、日本の芸能人と言えば、こういう顔に近い人が人気な気もするので…。

「韓国人からみた、日本のイケメン芸能人 TOP12」

逆に韓国人男子にとって人気な日本人女子は、韓国にはない濃さがちょっとあるような感じなのかもね…。(私の勝手な調査だけどw)

「縄文系が優勢??韓国人男性からみた日本の女優TOP10【韓国の反応】」



⑥カンボジアの美女(車内で撮影)



https://www.pinterest.com/pin/665547651154649192/

この写真はカンボジア人美女として出回っている写真。確かに美女である。鼻の特徴が少しインドシナ系だということを表している気もする以外は、中華系美女のようにも見える。

また私が勝手にイメージしていた浅黒い肌のイメージのあるインド系が入ったカンボジア人とは全く違う。


⑦ダニー・クワン(カンボジア女優)



この女優は、セクシーすぎるという理由から、1年間映画の撮影禁止にされたという英語圏の情報もあったが、真相は不明。彼女の写真をいくつかみていると、胸元(何か埋め込まれているのかは不明)を強調した写真が多く、また上の写真は肌が明るく見えるが、カンボジアの平均顔をより整えた感じの顔ではないか。とも思えた。

少なくても、⑥の中華系っぽいカンボジア人とは違い、ザ・カンボジア・ガールという感じな気もする。


⑧カンボジアのアイドル



https://www.pinterest.com/james111757/beautiful-cambodian-faces/

この顔も、平均的なカンボジア女性ではない気もする。上のURLにはカンボジア人美女がたくさんでてくるが、その中でも、彼女はやはり東アジア系っぽい顔立ちに見える。

ネットの情報には限界があるので、現地に行って街を歩くのが一番早いのだけれどね…。


⑨カンボジアの普通の少年たち



カンボジアは、6世紀ころに、インド文化の影響を受けサンスクリット文字を使用したが、クメール文字も使われ始めた。と言われているように、インドから人が流入してきて、カンボジアの現地人とインド人が混血したという説もある。

なので、中華系に近い顔立ちが多いタイ人や、ベトナム人とは違い、同じようにインド人の流入があるインドネシア人のジャワ人とちょっと近い気もする。

なんだろう、モンゴロイド系というよりは、インド人のように、頭が後ろのほうに下がっていて、正面から見たときに顔が小さく見えるというか…。

インド北部から欧米にかけて、そのように顔が小さいけれども、頭の後ろのほうが長い人が多い。

「頭長幅指数(長頭型、中頭型、短頭型)あなたはどれ?欧米型?韓国型?日本型?」


⑩ラオスの薄顔美女



https://www.youtube.com/watch?v=Vp2z6eVLQsM

ラオス人美女を集めたユーチューバー動画を発見。え、こんな人もいるの?という動画がいっぱい。ラオスは地理的には雲南省と全く同じと言っても過言ではないので、以下のような中華系美人がいっぱい。

「あなたはどのタイプ?中華圏(中国、台湾、東南アジア)における各地(省)の美女を比較 TOP30」

マルチリンガールのコメント

今回軽くラオスとカンボジアのイケメン・美女を紹介してみたが、もう少し私も調査してみて、内容を増やしていくつもりである。この写真をみて、少しでも両国に興味を持っていただけたらと思う( ´艸`)

こんな記事も読まれています。
「あなたは、韓国系?東南アジア系?祖先(ハプログループ)を知るための遺伝子検査「ジーンライフ」製品の詳細を調べてみた」


全然似てない!?ラオス・カンボジアのイケメン・美女 TOP10 全然似てない!?ラオス・カンボジアのイケメン・美女 TOP10 Reviewed by よこいりょうこ on 1月 05, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.