新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

TOPIK(韓国語能力試験)3級、4級を簡単に取る方法と、会話力を手に入れるコツ




韓国語能力試験(朝: 한국어능력시험)いわゆる、TOPIK(Test of Proficiency in Korean) は、大韓民国政府が認定・実施する唯一の韓国語試験だ。これは、中国におけるHSK(漢語水平考試)のように、中級レベルである4級あたりを取得できると、韓国の大学に正規留学できたり、また韓国で働く際の最低レベルの韓国語能力の証明にも活用でききる。

私のブログを読んでも分かる通り、私は韓国には旅行で15回以上、ワーホリで日本語教師、高麗大学校で語学留学、大学で正規留学など、かなりの韓国好きである。

そんな私の韓国語能力が高いのか?と言われればそんなことはない。マルチリンガル動画で公開したように、おそらく英語・中国語・韓国語の中では一番拙い話し方になっていることからもわかるように、それほど得意ではないが、韓国に住んでいた期間も長いのと、中級レベルをきっちり勉強したため、TOPIK4級レベルの語学力であると言えるだろう。

おそらく多くの韓国語学習者が目指しているのが、TOPIK4級レベルではないだろうか?

TOPIK5級レベル~6級レベルは日常会話を楽しむというよりは、新聞やニュース、そして特定の話題に対して議論したり、また大学に入るための基礎的な語彙、つまり英語におけるTOEFLのような内容になってくるので、韓国人と韓国語でコミュニケーションを取るのが目的の人にとって、TOPIK4級が一番の目標になると思うからである。


①まず、TOPIK3級、4級それぞれのレベルを知ろう



級別の認定基準のスクリーンショットをみてもわかるように、TOPIK3級というのは、やっと韓国語ができますよ!と自信もって言えるようになるレベルである。TOPIK2級でも、1500~2000語彙なので、かなりのことを表現できるのだけれども、少し自信なさげに、韓国語できます。と言えるレベルであり、これが、3級になると、日常会話においては結構自信が持てるようになる。

なので、私的には、TOPIK3級レベルが、韓国人と仲良くなったり、コミュニケーション取りたい人が目指すべき急だと思っている。

また下にも書いてあるけれども、3級は韓国の大学に入学する基準にもなっているので、結構バカにできないレベルである。一方、韓国に長く住んでいても、アカデミックな内容に関心が無かったり、政治・経済・時事ネタに関心のない日本人は、TOPIK5級や、6級に合格できない人も多い。私はそんな日本人を韓国でたくさんみてきた。

というのもこのレベルは、日常会話力!というよりも、ロジカルに難しいテーマに関して発信する力が求められるからだ。

なので、日常会話目当てでこのテストを受けたい人は、TOPIK4級を自分のゴールとすることが望ましいと私は考えている。

私もこれ以上の級は勉強する気は全くないので(;^ω^)



②TOPIK3級、4級を取ることによるメリット

日本ではあまり知られていないけれども、日本人でも高校を卒業していれば韓国の大学に進学することができる。その場合、韓国語能力試験の提出が求められ、TOPIK3級に受かれば、韓国の多くの大学に応募することができる。また韓国の大学を卒業するには、TOPIK4級を取らなければならないところも多い。

また現在の韓国では、TOPIKの証明がなくても、TOEICのスコアがあれば入学できる学校もあり、私が通っていた国立大学は、TOEICのみで入学できたので、私は正規留学した後に、毎週無料の韓国語レッスンを学校内で受けていた。

以下、韓国政府のホームページからの抜粋。

If international students would like to study in Korea for a regular degree course, it is generally required to submit TOPIK Level 3 or higher accompanied by the admission documents to the corresponding college or university and reach TOPIK Level 4 or higher to graduate.

正規留学するためには、TOPIK3級を証明しなければならなく、卒業するには、TOPIK4級レベルに達しなければならない。と書かれてある。ちなみに、韓国の大学は外国人歓迎の学校が多く、英語などに比べてこのようにスコアのレベルを低くしている大学が多い。

Reference Site
Admission Qualification(Studying in Korea run by Korean Government)





公益財団法人 韓国教育財団(TOPIK公式ホームページ)

従来の TOPIK4級と、新しい TOPIK4級のそのもののレベルは変わらないと考えています。つまり、このレベルは日常生活で使用する韓国語を操れるレベルなので、日常的な韓国語を操る能力または知識+問題集の繰り返しになります。

TOPIK サンプル問題

まず、韓国語能力試験のお話をする前に、以下、知っておいてほしいことがあります。

◆韓国語は、固有語と漢字語で構成されているという事実。をしろう!

固有語とは、日本語の語彙でいう、使う(ッスダ)
漢字語とは、日本語の語彙でいう、使用する(サヨンハダ)

どちらも動詞で、意味は同じなのに語彙が違うことに気づきましたか?

多くの韓国語学習者は、簡単な漢字語だけを勉強して、わかった気になってしまいがちです。

この事実を知るだけで、とりあえず漢字語を後回しにして、覚えづらい方の固有語を優先してみよう。という気持ちになれると思います。

漢字語はただ読み方さえ覚えてしまえば、日本語に存在する漢字語と同じなのですから、固有語である韓国語の動詞と形容詞を中心に学ぶことをおすすめします。

形容詞の数はどんな言語でも数が限られているので、膨大な動詞をコツコツやっていくことで韓国語は読みやすくなります。

韓国語能力試験に合格するコツというか、秘訣はもちろん参考書を何度も解くことなのですが、この4級レベルを取得できると、3級程度の会話力が身についていきます。

おそらく、多くの学習者が悩んでいるパート。それが作文のパートだと思います。これは接続詞と副詞をある程度マスターすることで、あとは文と文を繋げる訓練をすれば何とかなります。もちろん、どんな作文を書かされるのか?それを知るためには、韓国語で書いてあるその問題を理解するために、語彙力も必要になってきますね。ですが、それは読めればいいのです。

作文のコツは、パターンを自分で考えて、テンプレートなどを頭の中で用意しておくこと。
接続詞の数は、本当に数が限られているので、すぐに覚えることが出来ます。

当時、韓国に在住していた私が参考にしたブログはこれです。文字も、内容もわかりやすくてとても参考になります。→(For your reference)

(ハングルは、その独特な文字を魅了したりさえします)

この記事を参考にしながら、もう一度私もTOPIK4級に合格できる方法をみなさんにきちんと説明できるようにしておいきたいです。

以下では、TOPIKⅡ(3級~6級)の問題集のパートなどの傾向を見ていきたいと思う。というのも、試験を受ける前に、試験がどのような構成になっているのか?ということは非常に重要な部分だからだ。



聞き取り(1番~3番)



このように、一番最初の問題は非常に簡単なものとなっている。けれども、この形式の問題は、1番~3番まであり、上の問題は、1番であるが、2番や、3番になると、もっとリスニングの量が長くなるので注意。目標として、1番,2番が簡単は簡単な問題なので、確実に点数を取るようにしよう。


こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「韓国語(朝鮮語)を勉強するメリット・需要・重要性」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」



TOPIK(韓国語能力試験)3級、4級を簡単に取る方法と、会話力を手に入れるコツ TOPIK(韓国語能力試験)3級、4級を簡単に取る方法と、会話力を手に入れるコツ Reviewed by よこいりょうこ on 3月 01, 2014 Rating: 5

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 大学教授、お医者さんやセレブな奥様に 大人気の英会話教室のご紹介!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.