新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

韓国語(朝鮮語)を勉強するメリット・需要・重要性




この記事ではお隣の国、韓国・北朝鮮の言葉であるいわゆる韓国語を勉強するメリットについて語っていきたいと思います。南北統一後、また中国東北部にある韓国語地区など、すべてのエリアを考慮して、メリットを考えてみました。

おそらく韓国語といえば、韓国だけでしか使えない言葉。と思っている人はこの記事を読むことで、韓国語のメリット、需要、重要性についてもっと考えさせられるでしょう。

①韓国語?コリア語?朝鮮語?高麗語?どこで使われている言語?



色々、地域によって呼び方は違うのですが、この記事では最も定着している韓国語で統一させていただきます。

韓国語は、この写真が示すとおり、これら3つの地域で使用されています。

◆延辺朝鮮族自治州(中華人民共和国)
◆朝鮮民主主義人民共和国
◆大韓民国

その他にも中央アジアで使われたりもしています。詳しくは以下を参照。
「ハングル / 韓国語 / 朝鮮語 / 高麗語 / コリア語 の違い

また日本にもたくさんの在日朝鮮人・韓国人がいますし、日本人がよく行く東南アジア、欧米諸国にもたくさんの韓国人が散らばっている。特に西洋の国々では、日本人同士固まるか、日本人と韓国人がつるむか?と言う風に、似た者同士行動する傾向もあるので、アメリカ留学で逆に韓国語を覚えてきた。という人もいるほど。(笑)

②語学を始める人に向いている言語



(現在韓国では仁川空港の近くに新松島都市という北東アジアの中心都市を建設中)

韓国語は日本語に語順が近く、また日本の統治時代の影響もあって、漢字語が同じなので、とても吸収しやすい言語です。

たとえば、

使用=サヨン
交通=キョトン
道路=トロ

のように、ただ日本語の漢字語をハングル式に読むだけとなります。

外国語をちょっと勉強してみたい!っていう人に向いている言語です。例えば、お子さんたちが英語が嫌いなら、韓国語を学ばせてみるのも一つの手かもしれません。

というのも、ひとつの言語がある程度できるようになると、外国語を学ぶ意欲がどんどん増えてきます。なぜかというと、できた!という自信につながるからです。

という私も高校生の時は、英語なんて全くできませんでしたが、高校3年生に初めて行った海外、韓国で韓国が大好きになり、高3の後半はずっと、指差し韓国語会話帳などを読みながら過ごしていました。


すると、ハングルで友達の名前を書いたり、ハングルだけの秘密日記を書いてみたり、いろいろ楽しむことができたのです。

 


それから数年後、韓国にワーホリに行ったり、留学したり、日本では韓国語を仕事で使ったりと、将来に繋がったりしています。現在は英語の翻訳ですが、語学に自信を持てたのも、韓国語があったからと言えるでしょう。

また、

誰にも見られたくない文章。に使うのが便利。ハングルは日本でも活用できる!

私はよくそういう文章を書くことが多いので、秘密の暗号としてハングルを使用しています。たとえば中国に旅行中、自分の気持ちを電車の中で書いていた時、日本語で書くと漢字を理解できる中国人にはわかってしまうので、日本語の話し言葉をそのままハングルで表記して書いていました。

たとえば、
私は今日上海に着いた。
와타시와 쿄우 샹하이니 추이타. 
わたしはきょうしゃんはいにちゅいた。

のような感じです。後ですぐに読み返すことができるので、ハングルは便利です。




また仕事中とかにメモを取るとき、それが仕事には関係ない内容だった場合などはハングルで書いたりします。

こんな感じで…。ハングルを混ぜてみるんです。

ヤチン・ソウキン,しなきゃいけない。→야친 소우킨, 해야 돼.. のように…。誰も分からないし、メモすることで頭にあるやらなきゃならないことも視覚化できるので気に入っています。

例えばよく書くのがこれらの単語です。

理解→이해
意味→의미
国名→일본, 중국, 한구

これらのハングルは、漢字をそのままハングルに変換したものです。なので、同じ概念です。


この의미わからない。の”의미”とは、意味のことです。ただですらキャラクターが多い日本語なのに、ハングルも加わると、4キャラクターになりますね。

ひらがな、カタカナ、漢字、한굴

ハングルで漢字語が書けると、漢字を書くのが面倒になってきます。そして、人に見られたくないメモとかもハングルで書いたりします。(笑)ハングルは一週間で習得可能と言われていますから、始めてみてもいいかもしれませんね。

私が一番ハングルを使用するときは、仕事中です。ハングルで書けばたいていの人はわかりませんので…。素早くハングルで色々なアイディアをメモしたりしています。



③日本と韓国、両国の国民は往来が激しい



日本から韓国に行く人よりも、韓国から日本に来る人のほうが多いのですが、これは、国の規模にしてみれば、中国よりも多いです。政治的には不仲と言われていますが、実は国民レベルではかなり親密な状態。

日本からあまり離れたくないけれども、外国文化も学びたいという人にはピッタリなのが韓国語なのです。

以下は私の記事です。


「韓国人が日本を嫌う本当の理由」

実際に韓国に行ってみると、多くの人が日本人に関心があるということがわかります。

また東南アジアなどでは、日本と韓国を一緒に考える人も多い。日韓に行きたい!のような感じです。つまりこれはエンターテインメントの影響によるものだと思います。

中国でも日韓ファッションみたいに呼ばれているくらいですからね・・。日韓の外から見ると、日本と韓国で一つのエリアとみなされていることが多いのです。(政治は別)

また西洋からすると、日本+韓国(おまけ)みたいな感じでとらえる人も多い。それは上の地図にもあるように、

中国東北部の満州、朝鮮半島、台湾は日本だった時期があるからです。また、韓国と台湾はほどよく発展していて民主主義なので、日本+韓国と台湾のように一緒にされることが多いためだと思います。






④安く大学に入ることができるようになる


私が通っていた大学は、だいたい1年で35万円もしませんでしたよ?
日本人の場合は、韓国語ができなくても、TOEICだけで入学できるというアドバンテージもある。

それも、TOEIC650スコア持っていれば入れる大学もあるのです。

これは、学費の高い国のイギリス人がオランダの大学に格安で行くような感じに似ているかもしれません。

日本人は選択できる民族です。

「日本人は唯一、選択できる民族」

確かに日中韓は政治的には仲が悪いのですが、それを知りながらもうまく隣国を活用することができる。

ヨーロッパ人は、もちろん欧州連合として1つにまとまっているからというのもありますが、自分の好きな仕事で仕事をしようとする傾向があります。

日本人の場合、中国などは歓迎してくれますし、韓国の場合でも日本語教師として働くことはそれほど難しいことではありません。

私がここで提案したいのは、日中韓(東アジア)を好きな時に行ったり来たりできる環境を作るのも作らないのもその人次第と言うことです。

私の場合、中国語も韓国語もできますし、現地に友達もたくさんいるので、好きな時に行ったりすることができるため、

東京、大阪、名古屋ではなく、

東京、ソウル、上海

みたいな感覚でいます。(笑)

つまり、日本人だからといって、ただ日本列島の狭い世界地図を見ているよりも、東アジアの地図を見て、日本人として活動するのが、心も広くなれるのではないでしょうか?

もう一度!
せっかく日本人にうまれたのだから、ヨーロッパ人みたいに、もっと隣国をうまく活用するのもいいかもしれませんね。

⑤韓国人から本当の意味でモテるようになる


(近代化の波に乗っている韓国釜山…)

当然、日本語しか話せない日本人が韓国に行ってもあまり相手にされないという実情があります。私は日本人だから無条件でモテる!と思っている勘違いな人もたまにいますが( ´艸`)それは、日本語を習得したい韓国人が寄ってくるだけです・・。

確かに人にはそれぞれ好みがあり、韓国人みたいな薄ーい顔が好き!と言う日本人もかなりいます。また韓国人の気質が好きという変わった日本人もいますから、そういう人たちに一言いえるのは、

韓国の文化をきちんと勉強してあげてください。また韓国語をしっかり勉強してください。

やはり、本当に人を好きになるということは、相手のことを認めてあげなければならないのです。つまり相手の文化を受け入れる覚悟がなければならない。

有名な話ですが、日韓カップルは失敗するパターンが多いのです。目先の利益だけで物事を考えてしまうと、行き詰まるときが必ず来る。

まずは韓国語をしっかり勉強して、文化を認めてあげて、ゆっくり交際してはどうでしょう?

また、多くの日本人は、ソウルや釜山に住んでいますが、地方も捨てたものじゃありません。私が住んでいたテジョンは、とても人が優しく、過ごしやすい場所でした。

そういう地方にも素敵な方はたくさんいらっしゃいますよ?(笑)


⑥韓流ドラマ・映画、音楽を本物の韓国語で味わえる

韓国ドラマで韓国語を覚える人も多いですよね?韓国語を覚えると、もちろん、そういう韓国ドラマや映画、音楽などもより楽しめるようになります。

私は今の流行りの歌はあまり好きではないのですが、90年代の韓国のバラードなんか、韓国語を知ってて聴くのと、知らないで聴くのとではやはり違いますよ?

やはり、韓国語を知っていて聴くと、心にとても響きます。

また、そうやって理解しながら聞いた言葉って音楽からどんどん吸収して、話し言葉としてもうまく活用できるからいいですよね!



⑦話せるようになると、日本語の方言?くらいの感じになる

韓国語って面白いことに、日本語の脳と使っているところ同じなんじゃないか?と思うことがしばしばあります。

私は英語と中国語、アラビア語も少々話せるのですが、明らかに韓国語を話しているときって、かなり日本語と連動している感があって、韓国語を話さない期間が長くても、なんとか蘇るのが早い気がします。

なので、一度勉強をして韓国などで韓国人と韓国語をしゃべる期間を作っておけば、かなり頭に残りやすく、忘れにくい言語なのではないか?と個人的には思っています。

⑧韓国系の仕事は日本にいくつもあります

特にゲーム業界や、電化製品の認証などで、韓国語の翻訳を募集しているところが多い気がします。また特許関連翻訳のお仕事も多いです。

例えば、最近では外国人を送迎するタクシードライバーなんかにも需要がありますね。

卓志ドライバーだと、韓国語ができます!というだけで外国語担当の枠で採用していただける可能性が高いです。

また、私が利用しているリクナビ。


ここには、韓国語を使用したお仕事がかなりあり、私も一度、英語・中国語・韓国語を同時に使う認証系のお仕事をしたことがあります。その際には、韓国語で書かれていた報告書をチェックしたりしていました。

せっかく勉強してきた韓国語がまさにお金になったときでしたね・・(笑)


⑨日本語教師として日本から近い韓国で働ける

日本語教師の資格さえ持っていれば、世界一日本語を学んでいる人が多い韓国で、日本語教師として働くことができます。

日本にも日本語学校はたくさんありますが、韓国ではおよそ100万人の日本語学習者がいると言われており、私が韓国に滞在していた時も、仲良くさせてもらっていた日本人女性が大学で日本語を教えたりしていました。

かなり、おいしい仕事と言っていましたが、英語も勉強したいとボヤいていたのを覚えている。(笑)

以下は、日本語教師のなり方。

「高卒でも、海外やオンラインで日本語教師になる」

近年、インドネシアでも日本語学習者が急増してきていますが、未だに韓国は多くの日本語学習者を抱えている。

「世界の日本語学習者ランキング。トップは?」

そのため、韓国語を覚えずに韓国に行ってしまうと、韓国人と日本語しか話さないということになってしまうので、韓国語の勉強はある程度日本でしてから、韓国へ留学や仕事に行くなどしてください。

韓国で日本語しか話さなかったよ・・。って言いながら、日本に帰っても韓国語が活かせていない日本人を何人も見てきていますので・・。

⑩話者数は少なく経済規模も大きくないけど、北朝鮮でも一応通じる!



(こうやって地図を見てみると、今まで韓国しか見ていなかったのだな・・と気づく。)

北朝鮮といえば、悪者国家というイメージしかありませんが、そこに住む人たちは普通の人たちなのであり、将来、北朝鮮の将軍様?が何かあったときに、日本からも気軽に行ける国になる可能性があります。

「アメリカに潰された国々、なぜ北朝鮮だけは滅ぼされない?」

そういうのを見据えて勉強してみると、また違うかもしれませんね?



こういう動画をみるとわかりますが、日本で報道されているものとは違い、韓国には韓国と北朝鮮が心から統一してほしいと願う人がかなりいます。彼らの心底では、ウリ=朝鮮民族なのであり、統一するのが彼らの願いでもあります。

けれども、現実的なことを考えるとそうは言っていられないというのが、彼らの本音でもあります。

しかし、私はいずれこの二つの国はもっと歩み寄ると思いますし、また上の動画からもわかるように単語の使い方が少し違いながらも、徐々に言語統一が進んでいくのではないか?とも思います。

いずれにしても将来、どうなるかはわかりません。確実に言えるのは、統一しなくても、拉致問題が解決し、北朝鮮と日本が平和条約を締結すれば、日本人は旅行で北朝鮮に行けるという点です。

また今は日本人だけがお金持ちという時代でもなくなってしまいました。日本と韓国の一人当たりのGDP は徐々に縮まっていますし、

韓国が2050年には一人当たりの GDP で日本を超えるという予想もあります。

「日本、中国、韓国を比較。2016年→2030年→2050年のGDP(国内総生産)ランキング TOP20」

韓国語を学ぶ理由は、人それぞれですが、決して学んでそんな言語ではないはずですね。

こんな記事もオススメです。
「韓国語で韓国人とコミュニケーションとって友達が沢山できるようになった10の勉強法」
「韓国では、ソウルの標準語よりも釜山方言を話せるほうがモテる?【韓国の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


韓国語(朝鮮語)を勉強するメリット・需要・重要性 韓国語(朝鮮語)を勉強するメリット・需要・重要性 Reviewed by よこいりょうこ on 3月 26, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.