新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

バンコク・ホーチミン・クアラルンプール・シンガポール・ジャカルタ・マニラ・ヤンゴン。どれが東南アジアで1番の大都市圏?





これからビジネスで東南アジアに行くかたも多いと思いますが、ここでは都市の大きさと発展度を私なりに調べてみようと思います。(都市の都市圏人口がメイン)

まずは、東アジアにおける都市圏人口をざっくりおさらいしておきます。

1位 東京=3700万人
2位 上海=3480万人
3位 ソウル=2550万人
4位 広州=2500万人
5位 北京=2490万人
6位 深セン=2330万人
7位 大阪(京阪神)=1930万人
8位 武漢=1900万人
9位 成都=1810万人

個人的には、4位の広州と6位の深センが割と近い場所にあるので、この二つのエリアがアジア最大の都市圏と思っています。(そう論じている記事もたまにある…)

ま、それはいいとして、で、東南アジアの都市圏順位を見ていきたいと思います。

7位 シンガポール




東南アジアで一番の大都会と言うと、なんとなく一番進んでいるシンガポールを思い浮かべるかと思いますが、都市圏人口で見た場合、一番低いことがわかりました。

都市圏人口は、553万人ですが、マレーシア第二の都市ジョホールバルの都市圏人口が、163万人なので、両方合わせても、800万人いかない程度です。

また、シンガポールは香港のように、必ずしもマレーシア側の人間が気軽にシンガポールに移動できるとも限らないので、都市圏人口としてはカウントしないほうが現実的かなと思いました。

また都市圏人口では少なく見えますが、富や、外国人、外資などの流入を総合的にみると、大都会とまではいかなくても、東南アジアを代表する都市とも言えそうです。

また、ファッションに関しても、シンガポールがTOPになっていました…。やはり先進国的なイメージが強く、他の東南アジアからも、上に見られているのでしょう。

Reference Site
https://www.tripzilla.com/10-of-the-most-fashionable-cities-in-asia/20411


6位 クアラルンプール



シンガポールの次に巨大な大都市圏を抱える都市と言えば、マレーシアのクアラルンプールです。この都市圏(2,243 km2)は、愛知県(5,172 km2)の半分の面積に、720万人が暮らしているので、愛知県の名古屋よりも都会と言えそうです。

けれども愛知県(752万人)のほうが、三重県や岐阜県なども近くにあるので、それらを含めた規模の都市圏では、クアラルンプールも名古屋も変わらない気がします。

またマレーシアは、マレー系(約65%)、華人系(約24%)、インド系(印僑)となっており、北米のトロントや、ニューヨークのように人種のるつぼです。

そういう意味では日本の都市、名古屋や大阪よりも、世界におけるプレゼンスは高のかもしれません。やはり人種構成が多様な国際都市っていうのは大きいですね…。

地理的には東南アジアの先端を行くシンガポールと、エンターテイメントの中心地バンコクの中間あたりに位置しているので、日本の名古屋的なイメージを国際化したような感じと言えば、ちょうどいいかもしれません。

ちなみに、マレーシアはそれほど物価が安い都市ではないにもかかわらず、世界的にみても、住宅が安い国で、コンドミニアムでも、とてつもなく格安で借りることができます。

プール付きのタワーマンションでも、2万円以下で、部屋を借りることができる不思議な国なので、移住先としてはお勧めです。

特に今はパソコン一台で生計を立てられる時代なので、マレーシアに数ヶ月滞在しながら仕事をするのもありという感じですね。

「マレーシアだったら、タワマンの高層階にプール付きで、3万円以下で住めますか?」





5位 ヤンゴン

なかなか注目を浴びないミャンマーですが、ヤンゴンの人口はとても多いのをご存知でしたか。なんと、736万人も…。まだ東南アジアの中でも発展途上の都市なので、観光などでは、バンコクやシンガポールとは違った楽しみ方があるかもしれません。

ちなみに、ヤンゴンの写真に関しては、あまり良いものがなかったので、ここでは張り付けないことにしました(;^_^A

今後、もっと発展してくれることを期待しましょう…。


4位 ホーチミン



最近発展してきているベトナム最大の都市ホーチミンの都市圏人口は、842万人。高層ビルなどもニョキニョキと建ち始めました。今までの東アジアにおける沿岸都市は、北京、上海、香港みたいな感じでしたが、今後、これにホーチミンも加わりそうな気がします…。

やはり高層ビルがたくさん建つだけでその存在感というか、見た人に与えるインパクトは強いですね。

個人的にはマニラよりも洗練された都市になってくるのでは?とも思っています。また、近年ベトナムでは日本語学習者がものすごい勢いで増えているので、今後、ベトナムと日本の関係が一層増すことも考えられますので、ベトナム語の学習者も増えてくるかもしれませんね。

Reference Site
http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=28134


3位 マニラ



意外と目立たないフィリピンの首都マニラの都市圏人口は、1287万人。これくらい行けば、結構大都会という感じですね。

ちなみにマニラは、フィリピンという1億人規模国家の首都でもあるにもかかわらず、その1億人もいる国家全体のGDPは、500万人ほどしか人口がいないシンガポールと同等であります…。こういう経済的な部分を考えてみると、フィリピン人からすると、同じ東南アジア人のシンガポール人は、全く別世界の人に見えるのかもしれません。

ちなみにマニラといえば日本人からすると同じ島国の大都市ということになりますね。なので少し親近感を感じている人も多いかもしれません。

Reference Site
http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=167905



2位 バンコク



やっとでてきましたね、タイの首都バンコク。この都市圏には、1462万人もの人々が暮らしています。

といっても、日本の関西(近畿)の1900万人都市圏よりも、500万人くらい少ないので、都市の規模としては正直、大したことはないのですけどね…。

けれどもバンコクには白人がたくさん似ますね。特に、西洋国家で相手にされない白人または、人生を諦めた白人のたまり場になっているという側面があります。またロシア人が住み着いていたりとか…。

実際に、そういう白人がタイでは一番上のランクに見られるというのも、面白い話です。( ´艸`)





またバンコクは東南アジアのエンタメの中心地といったところでしょうか?驚くことに外国人観光客が一番多いのも、このバンコクです。

あのシンガポールを余裕で超えています。そういう部分から見ると、やはり東南アジアのエンターテイメントの中心地としてみることができるかもしれません。

「2017年発表、観光客数が多い世界の都市ランキング TOP10」

にしても、東南アジアの中でタイが突出して観光客が多いというのは、やはりそれだけタイに魅力があるということなのでしょう。

Reference Site
http://paradiseintheworld.com/travel-guide-to-bangkok/


1位 ジャカルタ



ここインドネシアのジャカルタは、関東と同規模を誇る大都市圏を持っています。その人口、なんと、3100万人!!

まだまだ発展中で、経済面では到底シンガポールやバンコクなどには追いついていませんが、都市圏の規模ではナンバーワン。2位のバンコクの二倍です。この地位は今後数十年経っても変わらないでしょう。

そのため、中国資本や日本の資本によって、今後ますます鉄道などのインフラが整備されていき、数年後、かなり名のある都市になっていると思われます。→インフラがもっと完成すれば、上海レベルの大都市になる可能性すら秘めています。

なんて夢のある話なのでしょう…。

ま、インドネシアの経済がこのまま発展していくと、人口が2億人以上と、東南アジアの約半分の人口なので、首都ジャカルタに富が集まってもっと輝かしい年になるかもしれません。

また、シンガポールが今のような繁栄を維持できるか?という疑問もあるので、現在の東南アジアも数十年後にはパワーバランスがかなり変わっているかもしれないので、楽しみですね(^^♪

Reference Site
https://www.flickr.com/photos/aispro/32703412676


まとめ。



この動画は、ジャカルタの将来。(英語PRバージョン)


このように、考えた場合、シンガポールが東南アジアの中心地と言えそうです。が、やはりバンコクには、シンガポール以上の観光客が来るので、バンコクも外せないというのが私の意見。けれども、シンガポールは英語があり、また中国語もあるので、ここはかなり強いです。

そうなってくると、東南アジアの経済を牛耳っているのが中国人だと考えたとしても、やはりシンガポールが東南アジア一の中心地となるかもしれません。

けれども、都市圏規模で都会を定義するのであれば、断然インドネシアのジャカルタが東南アジア最大の都市圏です。

またインドネシアはこれからインフラも改善されていくので、かなり目立つ存在になってきそうです。

いずれにしても伝統もなにもないドバイのように突如現れたシンガポールが今後繁栄を保っていけるのか?というのは気になるところですね…。

こんな記事もオススメです。
「東京、上海、香港。ソウル、北京、シンガポール。どれが東アジアで1番の大都市圏?」

バンコク・ホーチミン・クアラルンプール・シンガポール・ジャカルタ・マニラ・ヤンゴン。どれが東南アジアで1番の大都市圏? バンコク・ホーチミン・クアラルンプール・シンガポール・ジャカルタ・マニラ・ヤンゴン。どれが東南アジアで1番の大都市圏? Reviewed by よこいりょうこ on 12月 02, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 大学教授、お医者さんやセレブな奥様に 大人気の英会話教室のご紹介!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.