世界最古のデンマーク王室。マルグレーテ女王と、エリザベス女王はどっちが偉い?ウチら最強のコンビよ!!





世界には25以上の王室がある。その中には日本の皇室ももちろん含まれ、よく外国ではどこの国の王室が世界一古いのか。なんていう話題にもなったりする。

けれども最初に言っておきたいのは、厳密に言うと王室と皇室は違うものの、皇室は世界に一つしかないので、それをひとくくりにして王室と呼ぶのが普通である。

日本の皇室は確かに古い。

「日本(皇室)は最古じゃない?世界一古い王室(王朝) TOP25」

とはいっても、やはり白人をはじめとするコーカソイド系が強い現在の世の中では断然、イギリス王室(ウィンザー家)の存在感がハンパなく強い。

なので、エリザベス女王2世が目立つのも無理はない。なんていったって彼女は在位数も世界最高レベルなので、より目を引く存在になっている。

「エリザベス女王が、天皇よりも世界的に有名な理由と、ムハンマドの子孫説の真実【海外の反応】」

2013年4月30日に、天皇陛下や雅子さまも同席したオランダ国王が誕生するまではオランダの君主も女王だったので、かなり目立った存在であった。

※オランダ女王は陰謀論者の中でも、黒幕と言われていたほど…。これは、日本のメディアでも全然報道されない、ビルダーバーグというものも関わっているのだけどね…。

「日本人の参加が拒否された裏のサミット「ビルダーバーグ会議」と、「三極委員会」の違い」

さて、そんな中この記事では、あまりスポットライトの当たらないデンマークのマルグレーテ女王について書いていきたいと思う。



①世界最古の王室

デンマークは現在の王朝とは違うと言えど、王室が始まったのが、935年である。なので、イギリス王室が始まった1066年よりも古い。

ネット上(英語版)によると、このように説明されている

The Danish monarchy is over 1000 years old, making it the oldest monarchy in Europe and the second oldest continuous monarchy in the world still existing today, the oldest being the Imperial House of Japan.

デンマークの君主制は1000年以上にわたり、ヨーロッパで最も古い君主制であり、世界で2番目に古い連続君主制であり、最も古いものは日本の皇室である。

ちなみに天皇家は男系でずっと続いているので王朝がずっと変わることはなかったが、ヨーロッパでは何度も王朝が変わってるのでややこしい。

とはいっても、デンマークの王室はヨーロッパでも一番古くからある王室と知られていることは間違いない。

日本は皇室なので、王室としては一番古いということになる。(ヨーロッパ以外にも古い王室ありそうなんだけどね‥→白人中心の世界なので…w)



②ウチ(マルグレーテ女王と、エリザベス女王)ら、最強のコンビよ!!

Royal Fashion Channel という王室に特化した動画チャンネルでは、この二人をライバル的存在として扱って、スタイルなどを比較していた。



Royal Style: Queen Elizabeth II and Queen Margrethe of Denmark

年齢も、在位数も割と近いこの二人は、余計に比較される存在なのである。なんていったって、ヨーロッパでも数少ない女王がこの2人なのだからね…。


③イギリス VS デンマーク

これを機に、デンマークという国がどれだけ偉大な国か知ってもらいたいけれども、それは簡単に言うと、ある意味、デンマークこそがヨーロッパ一の面積を誇る国だと私は思うからである。

というのも、かつて世界の国々を植民地支配していたイギリスは現在にも海外領土がたくさんあり、面積は思ったよりも広いのだけど、デンマークはグリーンランドという広大な土地を持っており、ここには人も住んでいる。

「なぜ、グリーンランドの【イヌイット】は日本人に似ているのか?」

つまり目立たないだけで、デンマークは面積という意味から言っても結構凄い国なのだということは以前のブログでも書いた…( ゚Д゚)


④上皇美智子の存在も忘れてはならない

エリザベス女王2世はやはり世界の王室の中でも異質の存在であって、彼女にカーテシーをしないものは、「なんなの、アンタ」と思われている可能性はある。

「ちょっとあんた、この私に対して curtsy(膝を曲げるお辞儀)をしなかったわね?エリザベス女王がブチギレた理由【海外の反応】」

けれども面白いのは、上皇美智子さまが、皇后時代にイギリス王室のジュビリーに参加したときに、隣にいたフィリップ王配がきちんと頭を下げていたところだった。

美智子さまは、物静かで控え目な印象があり、目立たない存在ではあるものの、裏ではブちぎれたら怖いという噂がネット上では囁かれているように、そういう側面も想像せざるを得なかった…( ゚Д゚)

「世界中で愛されている日本の皇后 (Empress) 美智子さまの英語【海外の反応】」

雅子さまも皇后としてどんどん外に出るようになって、また世界中の人々から尊敬されるようになっていくのだろう…。


エリザベス女王2世や、故ダイアナ妃、ウィリアム王子、キャサリン妃など、日本ではこれらの名前を聞くことも多いかもしれない。

一方、なぜかヨルダンの王妃ラーニアなんていう名前を聞いたことのある人はほとんどいないかもしれない。

また、デンマークという国すらどこにあるのか知らない多くの日本人にとっては、デンマークに王室なんてあったの??


⑤マルグレーテと、エリザベスはどっちが偉いの?

多くの人が気になる点はここだろう。日本ではとにかく上下関係を気にする人が多いので、どっちが上とか下とかに興味がある人が多い…。

さて、日本ではエリザベス女王よりも天皇陛下のほうが格上だ!と思っている人も多く、海外から見ると、頭おかしいんじゃないの?と思われたりする場合もあるけれども、どっちが偉いというのは、そもそも存在しない。

「エリザベス女王が天皇陛下と握手する際に、自ら一歩踏み出す理由」

一歩踏み出したからと言っても、女王も天皇も称号的に、その国のTOPに相当する人と言う意味では同じカウンターパート(対等の立場に相当する相手同士)だ。

つまり、国王や女王はその国で首相よりも上で、また天皇も同じように首相よりも上の立場であるので、一国のトップとして言うならば、対等ということである。

君主がいない国、例えば韓国の大統領や、アメリカの大統領は、天皇とは同等の立場になるという事。

けれども、たとえば多くの要人が集まったとき、どういう順番で座らせるのか?となったときは、その多くは在位数で決まるという。



これは外務省の記事にも書いてあった。

「天皇、ローマ教皇、キリル1世、タイ国王、エリザベス女王、上座に座るのは誰?」

たとえば、以下の3人を比べたときに、確実に、エリザベス女王のほうが一番偉うということになる。

女王に即位して何年も経っているという意味で。

・エリザベス女王=1952年~
・マルグレーテ女王=1972年~
・天皇=2019年~

数年前にお亡くなりになったタイのラーマ9世は、1946年~2016年と、エリザベス女王よりも早く即位していた。なので、上のように、エリザベス、天皇、タイ国王が比較されることがよくあったのである。

いずれにしても、どちらとも高齢になってもお美しいですね。( ´艸`)

一つ重要なことは、昭和天皇が即位していた時代、そのカウンターパートはエリザベス女王2世であり、明仁上皇が即位していた時代も、そのカウンターパートはエリザベス女王2世。

そして、今上天皇の現在も、カウンターパートはエリザベス女王2世なのである。つまり、今上天皇はこの点で、エリザベス女王2世には完全に脱帽状態であると私は思う。

で、ちょっと記事のタイトルからずれたけれども、マルグレーテ女王よりも、在位数で言うとやはりエリザベス女王のほうがすごいということなのだということを言いたかった。(';')

とはいっても、このご高齢のヨーロッパでも唯一の女王が2人そろって活動したら、結構面白いかもね…。ある意味、ローマ法王の何倍も存在感があるかも‥。

「なぜ英国のエリザベス女王は、日本の天皇よりも世界的に有名なのですか?【海外の反応】」


コメントを投稿

0 コメント