白人がアジア人(東洋人)を嫉妬する時代に突入し始めていることに気づかない日本人



花粉症で目が重くなり、編集途中でブログをうっかりあげてしまいそのまま寝てしまった…→記事を整えたので再投稿( ゚Д゚)

さて、何ヵ国も回っているとそりゃ白人のマナーの悪さに苛立つことはよくある。いい年してオシャレした一見富裕層?に見えるような白人のおばちゃんがレジで割り込んできたり平気でするような人が多いのでね…。

そういうこともあってか白人が多い国、また白人が多いアジアの国に行くと、白人の記事を書きたくなるのだけどね。

シンガポールやインドネシアでは露骨にも白人が東南アジア人を見下しているような、不思議な光景を何度も見た。

まるでそれは太平洋戦争が終わる前の世界秩序(植民地時代)のようだと言っても過言ではない。

とはいってそこには変化が起きているということにあまり気づいていない人が多いように思った。この記事ではまずこのアジア人VS白人と対抗心をむき出しするわけではないが、その変化について、経済的な世界の変化から入っていき、そのコアな部分をいくつか説明していきたいと思う。



①1990年(20年前)と2020年でひっくり返った東西の逆転

これから1990年ー2019年のGDPランキングTOP10を比較してみる。すると、このたった30年でどれだけアジアの地位が上がったのかが分かるかもしれない。

順位国名兆円(1990)
1アメリカ597
2日本314
3ドイツ159
4フランス127
5イギリス118
6イタリア117
7カナダ59
8イラン56
9スペイン53
10ブラジル47

1647兆円のうち、314兆円。6分の1程度。しかもこのとき中国やインドは全然発展していなかったので、イラン(白人扱い)を含めないと、アジアで頑張っているのは日本だけ(小国である香港やシンガポールは除く)

で、2019年の数字になるが、以下かなりアジアが台頭してきた。

順位国名兆円(2019)
1アメリカ2134
2中国1421
3日本517
4ドイツ396
5インド297
6イギリス282
7フランス276
8イタリア202
9ブラジル196
10カナダ173

合計5894兆円のうち、2235兆円。つまり、もう少しで半分に届きそうというところなのである。

で、以下の予想は2017年に出されたものだけれども、アメリカと中国の貿易摩擦、コロナウィルス的な不況でかなり流れは変わる可能性があるにしても、アジア人の地位向上は今後上がっていくと私は見ている。

順位国名
1中国2649
2アメリカ2347
3インド784
4日本546
5ドイツ434
6イギリス353
7フランス318
8ブラジル296
9インドネシア244
10イタリア227

List of countries by past and projected GDP (nominal)

合計が8198兆円。そのうち、アジア(中国・インド・日本・インドネシア)の合計が、4223兆円。この時点で半分を超える。

つまり日本以外のアジアが植民地されてきた時代から、今少しずつアジア人の地位は向上に向かっているということ。そこを知ってもらいながら話を進めていきたいと思う。



②コロナウィルスでのアジア人差別の本当の意味

さて、以下にも書いたが、私はトルコにいた時、さらに今いる1人当たりのGDPがたった40万円しかない小国のジョージア人にすら、コロナとからかわれたり、お前マスクつけろや!みたいに若者の集団に言われた。

トルコでの男子集団は20代の5人組でまだトルコではコロナは1件確認されたくらいの時期だったので完全なからかい。そしてジョージアでは少しずつ増え始めていた時期で、非常事態宣言もでたので、今回は本気で言われた。

お前ら中国人のせいで今こうやって世界でコロナが流行しているんだろ!みたいな真面目な目でマジギレされた。なので私はパスポートを出して日本人だといったら、途端に、マスクつけろ!から「空手」に変わる…。その一部は以下のブログの一番下に写真つきで掲載した。

そう彼らとは最終的に仲良くなったので。

「韓国・中国男子に飽きてしまって、アラブやロシア語圏を徘徊している理由」

でも女性は絶対にそれを言わないわけである。言う人のだいたいが低所得者で教育を受けていない系の人。

これはコロナ!と言っても、アジア人が何も言い返してこない可能性があるからという前提で言う部分もあるけど、言われる人の多くが、背が小さかったり、女性だったり、弱そうに見える人に対してである。

身長180cmのゴツくて強そうなアジア系に言うとは当然思えない。また多くの人は、白人などがアジア人を下に見てるから、そのアジア人差別意識が表に出てきた。で片づけているが、私が思うに、自分たちが貧しくなり、中国や韓国、シンガポール、台湾、香港、そして東南アジア全体が繁栄していくのと同時に、ヨーロッパでは貧乏白人も増えているわけで、そういったある種の嫉妬も見え隠れしている気がしている。


③白人がアジア人を見るとき

白人と言っても、北アメリカ、西ヨーロッパのような比較的1人当たりのGDPが500万円以上の国が多いところから、私のが今住んでいるジョージア、特に旧ソビエト連邦の国々など、結構広い。

つまりロシア語圏にもたくさんの白人がいるので、白人=貧困者という部分も成り立つ。

私自身、外見的な面で、自分が周りの白人人たちに見下げられているとは今のところ全然感じていない。それでも、彼らが集団で私を指さしたとすれば、それはやはり自分のほうが少数派なので、少し劣っているとは感じてしまうかもしれない。

とはいっても、白人とアジア人は骨レベルでそもそも違うため、どれだけイケメンの人が私の目の前を通っても、負けた。みたいな気持ちにはならないわけ。

※白人とアジア人の違いは骨格、特に長頭型か、短頭型かである(もちろん身体全体の骨格も違う)

「頭長幅指数(長頭型、中頭型、短頭型)あなたはどれ?欧米型?韓国型?日本型?」

さて、白人がアジア人を見るとき、自分たちの失敗バージョンみたいに見る人もいると聞いた。一方で、自分たちとは全く異なる人種として見る人もいるので、皆が同じような視点で見ているわけではない。

そのように人それぞれ経験や知識によって見え方は違ってくるものであることは間違いないものの、大方間違いなさそうなのは、日本人がベトナム人やインドネシア人を見るときに少し近いものがあるというところだ。


④東南アジアで見下され始めている白人

そんな白人も、何かと条件が揃っているアジアに最近流れ込んでいる。特に英語がよく通じ、物価も安い東南アジアは人気。

その中でもバンコク、バリ、シンガポールなど白人が結構多い。で、タイの中心部や、インドネシアのバリ島に行けばわかるのだけど、白人が非常に多く、しかもその「」が現地でみてきた白人とは少し違う。これはフィリピンの場合はもっとひどくなるような気がする。

東南アジアの大都市ではASEAN平均に比べ日本人と変わらない年収の人もかなり多く、彼らは英語も理解でき、情報を英語を吸収しているのでなんら欧米の若者と変わらない人も多い。

そういう人からすると、欧米で誰にも相手にされず、東南アジアの女子たちと遊ぼうと考えている人や、中身空っぽのオシャレちゃんなどをみても、彼らからすれば、自分たちよりも下の存在に見えてしまう場合がある。

以下、以前書いた東南アジア人の本音だけど、一部の日本人もこのように実は心の中では下に見られている可能性もあるので注意。

「強制送還せよ!との声も。東南アジアで崇拝されてる白人が物乞いをする理由」

東南アジアの大都市は今や日本の大都市とも変わらない。と敢えて言いたいのは、持つものと持たないものの差が激しいので持っている者は、生活レベルにしても情報力にしても日本人の平均を上回っている人もかなり多いからだ。

知的な人ほど、外見云々よりも、その人の内面を見ているという事が分かる現象。( *´艸`)


⑤黒人がアジア人を見下す理由

先日アメリカ人の旦那を持つマダムから、カリフォルニアでは黒人によるアジア人差別があるよ。ということを聞いた。私はこの話を今まで一度も聞いたことがなかった。

仮にそれがもしあるとすれば、黒人がアジア人を見下しているというよりも、そもそもは奴隷貿易でアジア人よりも先にアフリカからやってきた黒人がアジア人に嫉妬をしているのではないか。

黒人は公民権運動などを経てアメリカ人になり、そもそもアメリカは白人か、黒人か。という国だったが、いつの間にか、第三極のアジア人が入り込んできて(ヒスパニック系は白人に分類されることが多い)、しかもアジア人の教育事情・収入が黒人よりも多いという現状などがあるため、体格の良い一部の黒人は、アジア人を人種的には自分よりも下位の存在と思いたいのではないか。と思った。

もちろん多くの黒人はアジア人に友好的とされている。とはいっても、アメリカにおける黒人の貧困・無教育のひどさはよく知られているので、一部の黒人の中で、なぜ俺らは貧しくてお前ら中国人の富裕層の子供たちは生まれたときから調子に乗った生活してんだよ!って思っている可能性は十分にあると思う。


⑥東洋人男性は東欧でモテる


上のスクリーンショットは、出会い系アプリ「tinder」をつかって、5000人とマッチングを試そうとしたとき、アジア人イケメンの場合は、77人しかマッチングせず、白人イケメンの場合は、342人もマッチングしたという実験である。

メッセージもアジア人男性4件に対して、白人男性が46件となっている。これがいわゆるアジア人男性モテない説の実態。

けど私が感じる限り、東洋系の男性は、トルコ~コーカサス~東欧~中央アジアでかなりモテる部類に入るのではないか。ということだ。

もう一度モテるエリアを整理すると

・トルコ→日本人男性はかなり目立つ。また意外にもトルコ人は華奢が多く、アジア人男性のほうが強く見える場合もある。

・コーカサス(ジョージア、アルメニア、アゼルバイジャン)→この辺もトルコにロシア人が混ざったような感じであり、健康体重に達していない男子もかなり多いのでチャンスあり。

ちなみにジョージアではtwitterのトレンドで、コロナウィルスに次に、BTSや、韓国の歌手が上がっている。もちろん、東洋系男性はこの事実を知らない。

「EU入りを目指している?小国「ジョージア」が注目されている理由と、生活してみて感じたこと」

・東欧→KPOPが流行っている。

で、東欧の現状を私なりに考えてみると、モンゴル帝国の支配を受け、先祖にモンゴル人の血を引いている人が多いためか、頭蓋骨の形が西ヨーロッパの白人よりもアジア人に少し近いという部分がまず挙げられるのではないだろうか。

それに加え、自国のだらしない男子よりも、KPOPのようにアジア人だけど左右対称の美を求める韓国の美的感覚やダンス、頭の良さなどが加わり、若い女子たちを惹きつけている気がする。

ちなみに日本は左右対称の美を求める韓国とは全く逆。

「美・思考・神など、日本人と韓国人は根本的な部分で真逆である理由 TOP7」

とはいっても東欧の貧しい女子たちは東アジアを知るきっかけとしての入り口としてKPOPに入ってきているような気がする。

なので、日本人男子が東欧に行ってスラブ人美女と結婚したという話がたくさんあるのはそのためではないだろうか。

実際に私ともよくやり取りしているウクライナで起業しようと頑張っている日本人男子のにょんにょん(@nyon_nyon_corp)も、instagramでウクライナ人女子たちからわんさかDMがきて凄いと言っているくらいだ…。

本当に勘と主観でしかないが、ロシア語圏でモテるタイプの日本人はモンゴル系が強い北方系の顔だちではないか?と推測。

 なので上のtinderのアジア人男性は確かにイケメンだが、もしこれを韓流系のイケメンにすり替えたら、数字がもっと上がっていた可能性は十分にある。

けど世界中の女子(貧困者も含め)からすれば、右の白人と結婚したほうがアメリカ国籍なりEU国籍なり取得でき、子供も白人の血が入っていて、など色々考えてしまうのでやはり白人男子は強い。


⑦人種よりも身長が先だと思う理由

顔写真を見た時と、実際にあってみた時全然違ったという事がよくある。

白人でめちゃくちゃイケメンとか美女に見えて、ブルーの瞳でブロンド。ハリウッド俳優!?みたいに思っていた人が身長150cmで、日本人の普通の顔立ちの人が180cmだとして、二人が横に並んだ時、インパクトが強いのは180cmの男性だろう。

街れすれ違ったときも、自然と150cmだと180cmを見上げる形になる。私の身長は167cmで高いとは言えないが、身長の低い白人男性が通りかかった時と、身長の高い白人男性が通りかかったときだと、その人の顔の良さ悪さに関係なく、威圧感は圧倒的に身長の高い人になっている。

けど自然と同じ東洋系の背の高い男性とすれ違っても、威圧感を感じないのが不思議なところ。同種だと身体的な部分よりも、能力でしょ?と思ってしまうところがあるからかもしれない。

女性の場合も同様で、身長の高いモデル体型のアジア人女性一人と、身長が低い低い白人女性の集団が歩いていたとしても、やはりモデル体型のアジア人女性に目が行ってしまうもの。

つまり今まで人種別で、白人はアジア人よりも美しいと思ってきた人たちはそれは人によって違うということをあまり強調していないのも面白い。


⑧アジア人女性はモテるけど…

アジア人女性は確かにモテる。確かに白人の中には白人との子孫を残したいと思う層が存在する一方、アジア人女性は他の人種に比べて白人の次に優先というデータもある。

「欧米諸国における「性的人種差別」について。日本人は下位グループ?」

つまり人種的にそれほど抵抗があるわけではない人が多くなってきている。と私は見ている。さて、アジア人女性は確かにモテると書いたが、それは女性同士のヒエラルキーで白人より優位に立ったわけではなく、あくまでも男性からモテるという意味で、少しだけ白人女性と対等になったにすぎない。そう考えればいいのではないか。

とはいっても、やはり、そっち系の動画や、ユーチューブの普通の動画問わず、アジア人女性の人気は高まっていると感じる。

以下、そういうものを比較した記事。

「西洋人VS東洋人。個性、身体的魅力、スタイルを比較した動画が面白い【海外の反応】」




⑨白人がアジア人を恐れるとき

私は中国政府のやり方には疑問を感じることもあるが、中国という国自体が繁栄することは決して反対ではない。なぜなら海外で長らく暮らしたことのあるアジア人ならわかるが、中国がもし弱くなってしまえば、今まで徐々に築き上げてきた、白人とアジア人のバランスが一気に崩れると感じるからだ。

いくらどこだかの政治家が日本人がG7唯一の黄色人種と言おうが、それは表面上だけで実際はこれらの国は、日本人を見下してはいないにしても、自分たちのほうが上だと思っている感が強い。

そんな中、大国インドネシア(アメリカや中国にも物を言う国で人口も多い)みたいな国がもっと繁栄して強くなってもらいたいものだ。

上にも書いたが、このまま世界におけるアジア人の富の割合が増えると、アジア人差別という言葉すら昔のものになる可能性は十分ある。


⑩最後に

海外に行ったことのない人たちには、私が現在書いたことは分かりづらいかもしれない。けれども日本列島にいると、日本人は白人と同じレベル。と思ってしまうが、アメリカ、ヨーロッパ、中東、北アフリカ、ロシア語圏など色々行ってみると、それは違うということに気づくだろう。

中国と政治的に対立している日本人にとっては、チャイナ・ウィルス。と日本国では言いたくなるが、海外に住んでいる日本人にとっては、チャイナ・ウィルス=自分たちという感覚になる。

そういう部分が少しでもこの記事で伝わればいいと思う。


コメントを投稿

4 コメント

匿名 さんのコメント…
今回は特に色々と参考になる記事でした。
これからの記事も楽しみにしています。
匿名 さんのコメント…
かなりルッキズム絡む内容で普通は書きにくそうなテーマだけど、とても共感できた。人種のパワーバランスの変化や、別人種への見方などは自分の肌感覚とも合致する。レイシズムだのなんだの言うが、現実問題としてこういうのはある。れからも支持します
匿名 さんのコメント…
東欧でアジア人がまあまあモテるのは昔からですよ
ソ連圏ではやっぱり日本のテクノロジーを崇拝する人が多く男女共に日本人はどこか尊敬してる雰囲気がありました
マルチリンさんは何かと韓国を比較に出されることが多いと思いますが私の分析とはちょっと違います
KPOP好きは確かに一定数居ますしネット活動が盛んなので多いようには感じます
ですがその一定数がその国の主要な女性かと言われれば違います(KPOP好き女性はやっぱろどこか、アニメ好きだったり日本のドラマをみていたりアジア文化好き傾向があります。そしてちょっと変わり者的な立ち位置にいます。これは日韓や欧米で韓流好き女性が非モテな変な女性扱いなのと同じです)


東欧はやっぱり貧しいのと売春婦のイメージからか白人から見下されることも多く存在感もないです
韓国人だと欧米セレブと結婚してる人がいる韓国女性の方がまだモテてると言えるのではないでしょうか?韓国男性はKPOP好き界での人気しか獲得してない印象です
韓国の典型的な美の基準は同じく色白&高身長崇拝の大きい東南アジアで一番人気を獲得できるでしょう
匿名 さんのコメント…
正直、マルチリンガールさんは外国人の評価や目線を過大評価しすぎだと思いますが、職業?柄上しかたがないのでしょう。
でも、記事は面白ったです。