新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

お前ら外国人が、中国で絶対してはいけない5つのコトを教えてやるぜぃ!【海外の反応】




日本から一番近い大国でもある中国。最近そんな中国に関連した動画が話題になっています。今回は、よく外国人(特に西洋人)が中国に行ってやってしまうようなことを、この動画では紹介している。

郷に入っては郷に従え。= when in Rome, do as the Romans do

ということわざなんかも、ありますしね。やはりとにかくその国の文化に合わせるというのが一番賢い。ということでしょうか。

私も中国滞在時に、中国人は日本人と違ってなんでも正直だから何でもかんでも正直に言ってたら痛い目に遭ったという苦い経験もありますからね・・( ´艸`)

①中国で政治の話はするなよ!
これはやはりとてもセンシティブな問題かもしれません。私も中国で政治の話はしたことがありません。と言えば嘘になるか…。

北朝鮮の国境に近い丹東市からバスで瀋陽市に向かっていた時、バスの中に日本が好きそうなオジサンが乗っていたので、中国語で会話していたんですが、私が日本と中国の歴史についてどう思いますか?と尋ねたところ、彼は現在の中国人は日本と中国に起きた過去の衝突よりも、現在日本が持っているテクノロジーやアニメなどのサブカルに夢中な人が多いよ、また北海道が最近中国映画でよく撮影のロケ地になっていて北海道にあこがれる人が多いんだ。と言っていたのを思い出しました。

政治の話。なるべくするべきではないと思いますが、やはり人によるのかもしれません。

②人の体に触るなよ!


ここは欧米じゃないんだ。と言いたいらしい。特に私もカナダやアメリカで感じたことだけれども、友達と遊んで地下鉄の駅でお別れしたりするときにハグをしたりすることが多い。男女関係なくハグする習慣がある西洋人が普通に中国に来て、そのままお前らのハグの文化を持ってくるな!とも言いたいのかもしれません。ちなみに私は結構スキンシップしちゃいますね・・。けど、親しくない人にはやはり触らないのが一番。

ましてや男性が女性に障るってことにもなると、相手に誤解を与えかねない・・・。最近は逆セクハラというのもあり、女性だからといって安易に男性に障ることもできない社会にもなってきましたからね‥。(´;ω;`)

ま、中国で触るのはマッサージ店に行ったときくらいにしたほうがよさそうですね。(私はもちろん行きませんが・・)

③ご飯に箸をぶっ刺すなよ!


これは日本でも言われていることですよね。けれども、なぜぶっ刺しちゃいけないの?ってことは、私は説明できなかったのですが、なるほどと思いました。

お墓にあるお線香と同じになるからですね。なんでも、ご飯に箸をぶっ刺すことで、目の前で食べている人がお墓を思い出したりするかもしれないのでダメということなのだそうです。

私はダメなものはダメと思っていなかったので目からうろこでした…。m(__)m♪

④チップは渡すなよ!


よくチップのある国からくる外国人観光客が中国のレストランにチップを置いて帰る人がいるのだとか。けれども中国にはチップの習慣はないのでテーブルに置いたお金を、ウェイターの人がチップとは思わず、普通にお金だとみなしてしまうのだとか。そのため、知らない間に誰かにお金が持っていかれる可能性もあるという。

また私も中国のレストランに行ったときによく見る光景なのですが、誰かとレストランに行くと、必ず中国人は、

私が払う!!私が払う!で喧嘩になる・・・。日本だと割り勘で済む話なのですが、中国人は自分のメンツを気にしたり、相手に借りを作ろうと、私が払う!と両方が言うことが多く、どっちが払うかで喧嘩になる・・。

この動画でも、この私が払う!というのは、中国では一種のスポーツのようなものだと述べていた。


⑤人(特に男性)の面子を潰すなよ!


ちなみに、これが例の動画ですね・・(私が好きな中国在住の白人+中国人のカップル)彼らの動画で最近紹介したものに、以下があります。

「あなたの顔。実は中国ではブサイク扱いされるかもしれません!中国での美のスタンダードとは?【中国の反応】」

これはある意味日本でも実際そうなのではないでしょうか?たとえば中国と韓国は文化がそもそも似ています。特に中国北方と韓国は似ている部分が多い。韓国人男性は自分がお金を払う!という変な責任感を持っているし、それを年下である私が払う!って言ったら、これこそ面子を潰すことになります。つまりステレオタイプの中国人男性には、とにかく褒めまくって色々してもらう。男性側もしてあげることに対して喜びを感じている部分があると思う。特に日本人男性と違うところは、中国人や韓国人の場合、親しくなった相手に尽くすことで喜びを感じやすい点かも知れません。それは家族主義と言われている中国と韓国のいいところかも?よくわかりませんが、儒教からきてる・・!?→儒教については今後もっと勉強してみますね…。





以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん
中国より台湾のほうが大好き。

02.海外の名無しさん(中国人男性)
俺は中国人だけど、ごはんに箸をよくぶっ刺してるぜぃ。

03.海外の名無しさん
もしあなたが観光で中国を訪れるのなら、目立たないようにしておいたほうがいいよ。

04.海外の名無しさん
中国のルールに従わないと、こんなふうにしばかれるぞ!
「カンフーの中華系ニューヨーク市警官がメキシコ人男子を逮捕する瞬間が話題に【海外の反応】」

05.海外の名無しさん(中国人)
私は中国人だけど、政治に関して議論することが好きだよ。相手がどんな立場であろうとも、私は相手を尊重しながら話せるし。少なくても、中国では政治の話をするな!っていう部分は私は私の周りの中国人には当てはまらないかな。

06.海外の名無しさん
とにかく、オナラは中国では禁止ね?→NYCでは普通にオナラしてる人いっぱいいるよな!

07.海外の名無しさん(中国人)
中国人として言わせていただくけど、動画で彼女が言っていること、真剣に捉えないほうがいい。何年前の話!?って感じ。昔の学校で教わった視野の狭い中国人の考え方だね。今の世代はもっと寛容だよ。

08.海外の名無しさん
やぁ、西洋人だって人前で恥ずかしい思いをさせられるのは嫌だよ。

09.海外の名無しさん
中国でしちゃいけないことって、まだあるだろうが。それは、台湾・チベット・香港の話をしちゃいけないってことだよ。

10.海外の名無しさん
ご飯に箸をぶっ刺しちゃいけないだって?そんな風にやっている中国人なんてたくさんいるだろうよ。

マルチリンガールのコメント
日本と被るところも結構ありましたね。我々日本人からすれば、そんなに気を付けることはないかもしれませんが、欧米人からすると東洋はかなり異なった文化を持った国なので慣れるのに時間がかかるのかもしれません。

とはいえ、中国も日本も西洋化してきているのは確実なので、これは時と場合によるものが多いのでは?というものが多かったのも事実です。

また西洋化していない田舎では、結構当てはまる部分も多いのかもしれない。

こんな記事もオススメです。
「オマェらが、韓国で絶対にしてはいけない5つのコトを教えてやるわ!【海外の反応】」
「こんなに貧しいのに美しい少女に出会う?中国の農村を自転車で回ってる白人男性が話題に【海外の反応】」
「キャッシュレス・ソサエティの中国は、日本や韓国よりも進んでいるな!これじゃお金持ち歩かなくてOKやん!【海外の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

お前ら外国人が、中国で絶対してはいけない5つのコトを教えてやるぜぃ!【海外の反応】 お前ら外国人が、中国で絶対してはいけない5つのコトを教えてやるぜぃ!【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 11月 14, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.