ノマド・都市比較、海外の生活情報

カザフの「タルディコルガン」でノマドは可能か?気に入った理由

2022/9/3  

最近生徒さんに、ラグジュアリーりょうこに改名したら?と言われてる、マルチリンガールです笑。エセラグジュアリーですが(笑)。さて、現在ビシュケクにいる私は周辺の都市が気になって仕方ない。前回タラズや、ナ ...

キルギスに来る観光客の国籍 TOP10

2022/8/27  

キルギスのビザのことを調べていたら興味深いランキングを発見。私がこの記事を作ろうと思ったきっかけは、以下が示すように、キルギスにやってくる観光客の多さが非常に目立つからだ。 ウズベキスタン=674万人 ...

意外な国も多い?ロシア人が多い国 TOP20

2022/8/22  

今回のウクライナ侵攻、戦争で、「ロシア出国、388万人」、「ロシアの百万長者1.5万人、出国目指す」などいろいろな見出しのニュースを今まで見てきたが、その中で人気なのは1年間ビザなしで滞在できるジョー ...

ノマド拠点としてカザフ西部の「アクタウ」に目をつけている理由

2022/8/22  

私が密かに狙っている都市、それがアクタウ。ロシア語でも問題なく移動ができるようになった上、キルギス語というチュルク語の言語に慣れ、カザフスタンに対する興味がさらに強くなってきた。人間やはりその土地の言 ...

キルギスのナルン州3大都市(アトバシ、コチコル)に行ってきた理由

2022/8/21  

キルギス旅行に来る日本人は、やはり韓国人に比べても非常に少ない。この国では道中、韓国人のグループに遭遇することはかなりあるが、やはり日本人も少しはいるものの、キルギスに旅行に来る日本人はやはりそれでも ...

タラズからタラスへ国境越え。交通費、見所、ビザランなど

2022/8/3  

タラズとタラス。この二つの地名はカザフスタンとキルギスの国境に隣わせるようにして存在するエリア。ここは中華圏になるか、アラブになるか?の境目?つまり、中央アジアにおける唐とアッバース朝の対決と言われた ...

インドのチベット「ダラムシャーラー」に2週間滞在。ノマドは可能か?

2022/6/30  

  ①概要 2022年5月、インドのダラムシャーラー(チベット人居住エリア)に行ってきた。日本人の間では、ダラムサラと言われているが、実は本当の名前はダラムシャーラー。ダラムサラというエリア ...

ミゾラム州の(アイザウル)でノマドは可能か。そしてミゾ語とは?

2022/5/5  

インドの5年ビザ(観光マルチ)をとってしまったマルチリンガール。さてインドをどう使い倒すか?と表現すると、またtwitterで私のアンチツイートばかりしている陰湿な中東にめっちゃ詳しいです系の人に叩か ...

タイの「クラビー」がノマド拠点として重要な理由

2022/4/4  

約3年ほど前に母と行ったプーケット。物価は結構高かった。プーケットの物価が首都バンコクよりも高いということはあまり知られていないのではないだろうか。それはさておき、私は最近タイ語強化期間に入ってしまっ ...

モンテネグロでノマド生活。食費・家賃、お勧めの都市

2022/4/3  

モンテネグロという国は、ジョージアにいた時からひっそりと狙っている国。最近生徒さんが、アラビア語に投資してアラブを統治したい。と言い出したが、私もまさにこのモンテネグロという国をひっそりと狙っている( ...

ベトナムの「ニャチャン」「クイニョン」でノマド生活する理由

2022/4/21  

近年デジタルノマドの間ではジョージアなどが流行っているが、私は2020年あたりにすでにそっちに行ってしまった。なので、トルコ、ジョージア、ウクライナ、ロシア語圏などには非常に詳しくなってしまったため、 ...

ルーマニアでノマドが流行らない理由と、オススメな理由

2022/3/25  

日本ではルーマニアでノマドをする。などという話は全然聞かない。twitterなどでは断然ジョージア移住など、つまり1年間ビザなしで行けて安い国が注目される一方、ルーマニア、ブルガリア、ウクライナなどの ...

カスピ海の国「アゼルバイジャン」でノマドしたい理由

2022/8/20  

近年、リモートワークの普及や、PCだけで仕事ができる環境の人も増えたため、ノマドとして海外で生活する人も増えている。私もその一人だ。私の場合、ロシア語圏やチュルク語圏にいることが多いが、その中でもまだ ...

パリを去る人続出?「パリジャン」が「ボルドー」に嫉妬する理由

2022/3/29  

現在、フランスでノマドをしようか検討中のマルチンです。去年はシベリアも含めたロシア国内を転々とした後に中央アジアのキルギスやウズベキスタンに留まっていたが、フランス語 メンターの応募も多いことからも、 ...

ロシア5都市を回って感じた、日本人の私に対するロシア人(移民含む)の態度

2022/1/12  

ロシアという国。北海道で生まれ育った私にとっては地理的にそれほど遠い国という感覚はないが、北海道人の私にとってさえ、サハリンは気軽にいけるような場所ではない事くらいは小さい頃からわかっていた。 また旅 ...

© 2022 MULTILINGIRL♫ Powered by AFFINGER5