多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

日本にワーホリでやってくる外国人の国籍ランキングTOP10




2014年のデータになりますが、日本にワーホリで訪れた外国人は、10445人だそうです。またその同じ年、日本人がワーホリで海外に行った人数は、20766人で、日本人のほうがワーホリに出て行っていますね。もっと日本にもワーホリで外国人が来てほしいものですが…。

日本人にとっての人気のワーホリ目的地は、カナダ、オーストラリア、イギリスなどでしょう。そのほとんどが英語を勉強することを目的としていることも共通点。

けれども、逆に日本にワーホリでやってくる外国人はどんな人たちなのでしょうか?その点を探るべく、インターネットで調査していたところ、ある信ぴょう性のあるデータを発見することができました。

それもまさしく、一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会のページです!(笑)

まず、日本人は2017年現在、年齢制限はあるものの、

オーストラリア
ニュージーランド
カナダ
韓国
フランス
ドイツ
イギリス
アイルランド
デンマーク
台湾
香港
ノルウェー
ポーランド
ポルトガル
スロバキア
オーストリア

と、16の中から行きたい国を選ぶことができる。1年間何もしないのもよし、ワーホリだからワーキングビザで仕事するのもよし。オーストラリアでは時給2000円近くで働いたりすることもできるし、また農場でファーム系のアルバイトもある。

またカナダに住めばアメリカも近いので、もっと英語を感じることができるかもしれない。っていう私は20歳の時、カナダのトロントにワーホリで行っていましたが…。


こちらの動画は、ランキングとは関係ありませんが、日本のワーホリビザを取得した!とハシャいでいる外国人さんです(笑)

では、日本にはどんな外国人がきているのでしょうか。 以下がそのランキングです。

10位=アイルランド(43)
09位=デンマーク(57)
08位=ニュージーランド(167)
07位=カナダ(376)
06位=ドイツ(443)
05位=イギリス(722)
04位=オーストラリア(814)
03位=フランス(821)
02位=韓国(3258)
01位=台湾(3486)

全体的に人数は少ないものの、なんとなくこの数字を見て、色々なことが想像できる。

まず、一位に輝いた台湾は韓国の人口の半分にもかかわらず、TOPに輝いている。韓国は日本語学習がはナンバーワンの国なので特に言うことはない。

ここで驚く数字はフランスです。オーストラリアよりもはるか遠いヨーロッパにあるフランス人がこれほど多いのに驚く。またイギリスも同様。けれども、ドイツ人がかなり少ないのはなんだか意外な感じもする。

またカナダは多いほうではないだろうか?というのも、ドイツの人口は8000万人でカナダの人口が3500万人だということを考えると、カナダ人で日本にワーホリに来ている人は多いと感じることもできる。

アイルランド、デンマーク、ニュージーランドはどれも1000万人以下の人口の国々なので、少し比較するのは難しいかもしれない…。

やはり台湾、トップに輝いていますね(^^♪

参考サイト
http://www.jawhm.or.jp/eng/visa_faq.html

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



日本にワーホリでやってくる外国人の国籍ランキングTOP10 日本にワーホリでやってくる外国人の国籍ランキングTOP10 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 26, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.