多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

日本語、中国語、韓国語の3言語が話せるようになると見えてくる世界





私は日本語・アラビア語・中国語・英語・韓国語を話すことができるマルチリンガルですが、この中でも、

①日本語
②中国語
③韓国語

という東アジアの言語を話せるというのが特徴です。つまり、多言語話者に多いような、

①英語
②フランス語
③スペイン語
④イタリア語
⑤ドイツ語

のような、似た者同士の言語を操っているマルチリンガルではないということ。これらはすべて、インド・ヨーロッパ語族に分類されるので、かなり似ている。けれども、似ている分、混乱もしやすいのでこれらの似た者同士の言語を学ぶほうが難しいかもしれない。

一方、



日中韓の言語は、
日本語族、シナ・チベット語族、朝鮮語族と区別されている。けれども、これら3つの言語は、同じ単語を共有しているものも多く、日本人からすると、ある程度会話まで覚えるのはそれほど難しいとは思っていません。

私がなぜ、日中韓の言語を先に学ぼうと思ったのか?ということは、近所の言語だからである。

もともと、これらの国が好きだっていうのもあるけれども、ちょっと表現を変えるのなら、領土を拡大するために学んだともいえるかもしれない。

というのも、中国語や韓国語が分からなかったあの頃と今を比較して考えてみると、日本に住みながら、毎日中国人や韓国人と現地の言葉でやりとりをしていると、なんだかここは日本というよりも、東アジア何だな。と思ってしまう。

政治的に言えば、国が分かれているけれども地理的に言えば、アメリカの領土の広さと、日本から中国の最西部のウイグル地区は変わらないはず。

つまり、ニューヨークに住みながらロサンゼルスの人たちとチャットしているような感覚。そういうのが私の中にはある。

日本ではグーグル検索とかヤフー検索などを使ったりしますが、
韓国→네이버
中国→百度
という風に使われている検索サイトも違ったりする。

また中国ではフェイスブックやユーチューブがみれないので、13億人以上もいるのに、日本人にとってはオンライン上で出会いづらい人たちとなっている。

けれども、私はQQというチャットツールなどをつかって、フェイスブックで日本人と交流しているように、中国人とも交流したりして楽しんでいる。

また日本人が好きな韓国ニュース速報は、現地の韓国語で先読みしたりしている。(笑)

あと、欧米諸国に行くときもこれらの言語は使える。例えばアメリカなどで、私が中国系の人にマンダリンで話しかけると、すぐに友達になれる。ロンドンやパリを旅行したときは、現地にいた韓国人に韓国語で話しかけたところ、ロンドンで知り合った韓国人がパリの格安宿を紹介してくれたり。

言語は、仕事で使える程度まで学ばなくても、こうやって人と人を繋ぐツールになり得るのだと確信した瞬間でした。

今後はアラビア語に専念していきたいと思います。

ってことで今日はこの辺で・・♩

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


日本語、中国語、韓国語の3言語が話せるようになると見えてくる世界 日本語、中国語、韓国語の3言語が話せるようになると見えてくる世界 Reviewed by よこいりょうこ on 5月 24, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.