新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

フランス語とスペイン語は、まだ勉強するな!




フランス語は日本でもかなり人気のある言語です。けれども、闇雲のフランス語を勉強して途中で、やーめた!ってなるパターンの人は、そのフランス語話者総数の半分以上であることは事実です。

英語の場合も、同じようなものなのですが・・。つまり、ある程度で満足してもういいや。っていう状態になってしまうということ。

また、そのレベル以上フランスを改善したくても、どこをどう改善していいのかわからなくなってしまう。誰もがみな、そういう経験があるのかもしれませんね。

中国語などとは違い、フランス語は英語と同じインド・ヨーロッパ語族の言語です。つまり、英語と共通する部分が多く、変な話、英語の高級単語などに精通していれば、まったくフランス語が分からなくてもある程度推測できるということになる。

なので、私はもちろん中国語はまだ勉強するな!なんていう記事を作るつもりはありません。(笑)




たとえば、フランス語のニュースの一部をここでご紹介してみますね。

フランス大統領のルペンさんの内容ですが、

Comment la fille du leadeur d'extrême-droite Jean-Marie Le Pen est arrivée aux portes de l'Elysée. 

このフランス語のタイトルを英語に直すと以下のようになる。

How the daughter of the extreme right-winger Jean-Marie Le Pen arrived at the gates of the Elysée.




赤い部分はフランス語と英語が一致する部分である。これなら、英語話者にとって読む分においては、少し勉強するだけで十分である。

つまり、なぜ英語話者にとってフランス語は比較的易しい言語なのかが、理解できると思います。なので、英語ができる人は、

comment=どうやって
fille=娘
droite=右
porte=ゲート

などの、最頻出単語さえ覚えておけばいいだけの話である。これらはとっても簡単な単語なので、単語帳を作るなりしたら覚えられるレベルのものですね。

この中で、portes と言うフランス語の単語がありますが、英語の port と同根であり、国の扉=港。である。つまり、フランス語ではもともと扉を意味する gate の意味であることが分かってくるようになる。

そう。つまり、英語をまず極めること。そしてその英語の語源を理解することで、フランス語の50パーセントは読めるようになるということです。

まず、ある程度英語を極めるということをお勧めします。そうすることで、すべての言語が中途半端になりませんし、また色々なことに繋がっていくからです。

ここではフランス語を解説しましたが、つまりスペイン語も同じです。けれども、ひとつ言っておくことができるのは、

英語が中途半端なままフランス語やスペイン語を並行しながら勉強しても、英語の語源知識が磨かれていくので、英語の本質を理解できるというメリットもあります。けれども、

英語+フランス語
英語+スペイン語

を同時に勉強しようとすると、単語の使い方がこんがらがってしまうので、私的にはやはり英語をまず、英検準1級レベルくらいまで上げてから!という風にアドバイスしております。



日常会話程度だけ覚えたい人は

そういう人はまず発音を練習することをお勧めします。とにかく、フランス語やスペイン語は動詞などの変化が激しいので、まずは発音を習得する。

そうすることで、何が得られるのか?

つまり、リスニングが入りやすくなります。なので本で勉強しなくてもユーチューブでフランス語やスペイン語の動画をみたりして、真似してみればいいのです。発音を覚えることが一番難しいことのようにも思えますが、数ある単語を何千も覚えることのほうがもっと難しいと思います。

発音は母音と子音をきちんと覚えればいいだけなので、先生をつけるともっと上達するのは言うまでもない。

日常会話であれば、ノートを買ったりして、そこに100フレーズ!と書いて、すべて暗記してみるとか。それだけでも、初対面の人と話すことくらいはできるようになる。

ポイントはフランス語やスペイン語は、動詞の変化が激しいので、とりあえずよく使われるフレーズだけ丸暗記して使ってみる!ということに尽きると思います!

こんなお絵かき帳?みたいな本ですけど、日常会話のほとんどが詰まっている本でバカにできませんね。

 

こういうのを使って、交流していくと、このシチュエーションではなんていえばいいのか、別に考えなくても瞬時に出てくるようになります。

日本語でもそうですが、人って考えて話しているというよりは、いつもこうやって言ってるからこうやって返す。みたいな感じで話しているので…。

ご参考にれば幸いです。

こんな記事もオススメです。
「韓国に語学留学までしたけど、韓国語の勉強をやめて正解だった理由」
「どっちが難しい?スペイン語と、インドネシア語を勉強して気づいた5つの共通点」
「フランス語とドイツ語どっちを勉強したほうがいい?私が実際に勉強して気づいた5つのコト(単語・発音・文法・メリット含む)」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


フランス語とスペイン語は、まだ勉強するな! フランス語とスペイン語は、まだ勉強するな! Reviewed by よこいりょうこ on 5月 05, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 3回まで無料体験もできて、マルチンもお世話になった 最高のオンライン英会話です!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.