人種・民族・外見・風習

負けず嫌い?カザフスタン人の性格。遭遇したいくつかのトラブルと対処法

2022/9/6

キルギスに来て3回目の私、現在4ヶ月ほどビシュケクにいるが、今までのキルギス滞在は合計8ヶ月くらいになる。ウズベキスタンやカザフスタンよりも断然キルギスにいる事が多い。なのでどうしても私の中で中央アジアというのはキルギスを中心に考えてしまいがち。 その感覚?でカザフに行くと、想定外の事が何回か起こった。 今回ビシュケクからアルマトイ経由でタルディコルガンに行ったのだけど、その時に感じたのは、3年前にアルマトイに来た時もそうだけど、何かキルギスと比較すると、やはりキルギスの方が安全というか、安心できるという ...

ReadMore

ノマド・都市比較、海外の生活情報

カザフの「タルディコルガン」でノマドは可能か?気に入った理由

2022/9/3

最近生徒さんに、ラグジュアリーりょうこに改名したら?と言われてる、マルチリンガールです笑。エセラグジュアリーですが(笑)。さて、現在ビシュケクにいる私は周辺の都市が気になって仕方ない。前回タラズや、ナルンなどもフラっと調査しにいってきたが、最近ずっと気になっていたのはカザフスタンのタルディコルガン。 「キルギスのナルン州3大都市(アトバシ、コチコル)に行ってきた理由」 この町はネットで検索しても日本語圏には情報がほとんどなく、動画すらもない。そもそも、アルマトイからバスで約5時間くらいも離れた場所にあるた ...

ReadMore

ノマド・都市比較、海外の生活情報

キルギスに来る観光客の国籍 TOP10

2022/8/27

キルギスのビザのことを調べていたら興味深いランキングを発見。私がこの記事を作ろうと思ったきっかけは、以下が示すように、キルギスにやってくる観光客の多さが非常に目立つからだ。 ウズベキスタン=674万人(2019年) カザフスタン=770万人(2017年) タジキスタン=132万人以上(2019年) キルギス=690万人(2018年) ウズベキスタン(3000万人)や、カザフスタン(2000万人)規模の国家とは違い、キルギスは600万人程度しかいないのにも関わらず、人口と同じ規模の観光客を2018年に達成。 ...

ReadMore

ノマド・都市比較、海外の生活情報

意外な国も多い?ロシア人が多い国 TOP20

2022/8/22

今回のウクライナ侵攻、戦争で、「ロシア出国、388万人」、「ロシアの百万長者1.5万人、出国目指す」などいろいろな見出しのニュースを今まで見てきたが、その中で人気なのは1年間ビザなしで滞在できるジョージアなどというのは知っていた。 現在私はキルギスなので、もともと旧ソ連の国にはその時にいたロシア人が今も生活しているためか、ロシア人が多いので、普段からロシア人を意識せざるを得ない状況に置かれている。ということで気になったのが、世界に散らばるロシア人の人口が知りたいということだった。 それで、色々探してみた。 ...

ReadMore

ノマド・都市比較、海外の生活情報

ノマド拠点としてカザフ西部の「アクタウ」に目をつけている理由

2022/8/22

私が密かに狙っている都市、それがアクタウ。ロシア語でも問題なく移動ができるようになった上、キルギス語というチュルク語の言語に慣れ、カザフスタンに対する興味がさらに強くなってきた。人間やはりその土地の言語や、その国のことをあまり知らなければあまり行きたい気はしないと思うが、知れば知るほど興味を持ってくる。という原理が働いていたのかもしれない。 数ヶ月前に以下のような記事を書いた。バクーでノマドするときの参考として書いたものだけれども、今回もこのような感じで自分のメモという感じで書いていきたい。 「カスピ海の ...

ReadMore

多言語、外国語、マルチリンガル

多言語学習は、中国語に始まり、ロシア語で終わる話

2022/8/22

日本でも多く学ばれている中国語。私も若い頃中国語にどっぷりハマっていた。あれから15年。私の言語学習歴もかなり増えてきた。かじった言語、学んだ言語、アクティブ化した言語、それぞれの言語にばらつきはあるものの、レッスンを継続してくれるまで教えられている言語は現在10言語ほど。 日本の中国語学習者は本当に多い。それは地政学的なものもあれば、経済的なものもある。ある人は中国が好きだから中国語を学び、ある人は実は必要がないのかもしれないと思いつつも、時代の流れに乗って、英語も中途半端なまま中国語も中途半端に勉強し ...

ReadMore

ノマド・都市比較、海外の生活情報

キルギスのナルン州3大都市(アトバシ、コチコル)に行ってきた理由

2022/8/21

キルギス旅行に来る日本人は、やはり韓国人に比べても非常に少ない。この国では道中、韓国人のグループに遭遇することはかなりあるが、やはり日本人も少しはいるものの、キルギスに旅行に来る日本人はやはりそれでも少ない。 そして多くの日本人がキルギスにくる時、そのほとんどがビシュケクに行き、イシク・クル(湖)に行き、ソンクル湖などをみて、ウズベキスタンに行くパターンである。 さて、この記事はそんなパターンは飽きたという人が対象だと思う。 というよりも完全に私の日記、忘れないように料金などを書き残しておきたいという目的 ...

ReadMore

多言語、外国語、マルチリンガル

キルギスがマルチリンガル環境に最適な理由と、学ばれている言語 TOP10

2022/8/14

キルギスに縁がない人にはものすごくどうでもいい記事なのだけど、私自身今回3回目になるキルギスが、多言語環境という意味でかなり良いと感じているので、その理由や、キルギスで学ばれている言語をTOP10形式にして紹介していきたいと思う。 海外ノマドが4年目になりそうな今、3年間色々な国でアパートを借りて、結局は戻ってくる運命にあるこの国。人口600万人ほどしかなく、北海道と人口、面積も同じくらいのこの国で、いくつもの言語を練習できるということに気づいたのは最近。 繋がりが多くできてきたからということもあるが、地 ...

ReadMore

多言語、外国語、マルチリンガル

中央アジアでロシア語の権威が落ちないと思う理由

2022/8/11

2019年から通うようになった中央アジア。また2021年はロシアを一周。そこには多くの疑問があった。それはこのロシア語圏というのは日米欧の世界とはまた違い、中華圏ともまた違う独特さがあるということである。 日本も韓国も、欧米諸国も割と政治的な価値観である自由主義?という意味では同じ価値観の中で生きてるような感じがするのだけど、ロシア語圏にはかつてのソ連の雰囲気が残り素朴な感覚がある、または今もソ連を経験した人がたくさん生きているので、そういう表に出てくるG7の国々とは違った雰囲気を感じることができるという ...

ReadMore

海外の反応ネタ

技術大国ランキング TOP10【投票型】(世界はどのようにみている?)

2022/8/4

日本語の記事で技術大国ランキングを探したが、あまり信憑性のあるデータはなかった。また英語圏で探しても、何を根拠としているの?と思うような記事ばかり。私的には、何かの数値で示した技術大国よりも、一般人はどう思っているのか?ということの方が気になりこの記事を作るに至った。 そこで英語圏の投票型サイトに載っていた技術大国のランキングをまず公開。その後、usnews などが発表していた技術国ランキングも載せて、2つを比較していきたいと思う。 https://www.thetoptens.com/high-tech ...

ReadMore

© 2022 MULTILINGIRL♫ Powered by AFFINGER5