2016/07/26

エリザベス女王の次は誰?英国における王位継承順位


王位継承2位ウィリアム王子は天皇陛下とも、すでに謁見済。(笑)

王位継承1位→チャールズ皇太子



チャールズ皇太子は、エリザベス女王2世の息子です。簡単にいうと、故ダイアナの夫…。

日本の皇室に例えるのなら、天皇陛下と皇太子さまの関係と同じです。イギリス陸海空軍元帥でもあります。伝統的にイギリスの君主(現在のエリザベス女王)が各軍の元帥を兼ねるが、女王の場合はこの称号を帯びることはない。→女なので息子に任せちゃうってことでしょうか(笑)

元帥(げんすい、英:marshal)はイギリス軍の階級の一つ。

格闘技 Martial arts とはスペルが全然違いますからね?
混同されている方は注意。marshal = 元帥です!

一応、王位継承順位1位になっていますが、ご高齢ですし、ダイアナが亡くなったあと、カミラと再婚してお騒がせさせたこともあり、イギリス国民の間では不人気と言われています。

ちなみに、チャールズ英皇太子は、中国嫌いでも有名です。習近平氏の訪英を「冷遇」 バッキンガム宮殿の公式晩餐会を欠席という見出しの記事を読んだことがあります。

王位継承2位→ウィリアム (ケンブリッジ公)


(世界レベルの Empress 美智子さまと握手)

この方が次の国王になると言われています。イギリスが欧州連合から脱退し、新しいイギリスを牽引していく存在となりそうです。キャサリン妃はウィリアム王子の妻。よく話題になりますね。というのもやはりこの方が次のイギリスの国王になるといわれているからです。

2015年に来日されたウィリアム王子は浜離宮恩賜庭園で茶の湯を体験されたり、宮城県石巻市と女川町を訪問されたりしています。伝統芸能の獅子舞に頭髪を噛まれる事件まで発生…。

ウィリアム王子はいわゆるハゲてきていることをキャサリン妃にどう思う?と聞いたところ、キャサリン妃がハゲているのは、ロイヤル・ファミリーの証よ。と言ったそう。

王位継承第3位

(写真小さくてわからないかもしれませんが…)

イギリスのケンブリッジ公爵ウィリアム王子と同夫人キャサリンとの間に生まれた長男。妹はシャーロット王女。チャールズ王太子とその最初の妻だったダイアナ妃の最初の孫であり、エリザベス2世女王とその夫エディンバラ公爵フィリップ王配の3番目の曾孫である。

ふむふむ。エリザベス女王には曾孫がいるということか…!日本の皇室と違う点はこの部分ですね。


王位継承第4位→シャーロット・オブ・ケンブリッジ。(女性王族では最上位)



シャーロットに関しては、あまり書くことがないので割愛。。。

王位継承第5位→ヘンリー・オブ・ウェールズ王子



うう!ちょっと!イケメン!!イギリス人っぽいくていいですね、豊かな人ほど日焼けする!!という感じがまたいい。というのはおいといて、

最近、ヘンリー王子がBBCの取材に対して、ダイアナの死去について語らなかったことを後悔している。とまで言っています。いろいろなことがこれから明らかになってくるかもしれませんね。

http://www.bbc.co.uk/news/uk-36880847

ヘンリー王子は今年31歳。母の故ダイアナ元妃の死去による影響について、もっと早く口にしなかったことを後悔していると述懐したそうです。

王子が12歳だった1997年、ダイアナ妃はパリで交通事故により死去したのは知らない人はいないくらい有名な話。ヘンリー王子は「28歳になるまで、このことについて語らなかった。本当に後悔している」と語ったそうです。

また「苦しんでもかまわないが、語る必要がある。それは弱さではない。弱さとは、問題があるのに認めず、解決しようとしないことだ」と述べたそう。→意味深そう…。軍人としてアフガニスタンに赴任した経験もある王子。本当に素晴らしいとしかいいようがない。

https://en.wikipedia.org/wiki/Succession_to_the_British_throne

この記事に関してはこのページを参考にしています。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「エリザベス女王が中国や習近平国家主席について失礼と愚痴った理由」


0 件のコメント: