2017/01/20

マルチリンガール(よこいりょうこ)のプロフィール

ただいま2月から開始のメンティーさん募集しています。(真剣にやる気のある方限定)
「メールで英語対応無制限サービス(+通話授業) / English Mentor

簡単な自己紹介

北海道出身。

高校生のとき、韓国・オーストラリア・グアムに行ったことがキッカケに世界観が広がる。

高校卒業後、上京。

当時の私には海外青年協力隊員になって発展途上国で、何かしらの貢献がしたいという気持ちがあり、当時まったく持ち合わせていなかった英語力を鍛えるために、英語の本場イギリスに行きたいと思っていました。そのため上京後も様々なアルバイトを経験しながらお金を貯める。

結局、私は英語圏で英語を学ぶ前に、中国に何度も足を運ぶことになります。それは、言語学習という名目でしたが、実際のところ中国に対する強い好奇心と、知らない世界を発見するという楽しさからでした。当時2008年北京オリンピックの2年前だったこともあり、中国上海の活気はものすごかった。当時20歳だった私は、日本で同年代と話すよりも、中国で私と同年代の人と話すほうがおもしろかった。また、将来、東京に代わる私の新しい居場所がほしいと思って何度も上海に足を運んだのです。

イギリスでのワーキングホリデーを諦め、ニューヨークに1週間ほど滞在しました。私が見たかったもの、それは大都会ニューヨークでの人々のライフスタイルだった。その後、妥協したカナダでのワーキングホリデーを過ごすために、トロントへ移動。そこで数ヵ月すごす。

当時、英語ができない私にとってトロントで働ける職場といえば、日本料理店くらいでした。これでは、英語を学びながら過ごすのは難しいと判断し、帰国することを決意。

その際、バスでアメリカ大陸を横断。(トロントーロサンゼルス)



カナダから日本(東京)に戻ってきた私は、今まで海外に住むということが夢だったため、目標というものがなくなり、先のことがみえなくなってしまったのです。

そんな中、数年間働くだけの生活。また、日本語教師になるための通信講座を受講していました。

私には世界の大都市を回ってみるという夢もあり、アルバイトをしながら、今度はロンドン・パリに行きます。

日本でのアルバイト生活も続くはずがなく、上海に住んでいる友達に、来ないか?と誘われ日本大学の通信教育をとりながら、上海に移住するが、仕事がみつからず、またもや帰国。

日本に帰国後、今度はアメリカ人の友達に一緒に住もうと誘われ、その気になってニューヨークにまた行ってしまったこともある。

結局、自分自身が変わらないと何も変わらないことに気づいたため、何か続けられるものの一つとしてペスクタリアンになることを決意。

その後、中国と韓国で日本語教師としての経験を積む。

しかし大学に入りたいという夢があったため、日本に一旦帰国。国からの給付金を頼りに、数ヵ月ほど横浜の職業訓練校に通いながら貿易やマーケティングや簿記、また自分自身の進学のために朝鮮語を猛勉強する。

その後、ソウルにある高麗大学校の語学堂で朝鮮語を学ぶ。そのまま韓国の地方都市にある国立大学で英語英文科に入学。

経済的な理由から、学業を続けることが困難になり今持っている英語力を生かして日本で働くことを決意。そして派遣社員として数多くの現場で英語を使用することになります。

2016年現在、さまざまな職場経験を経て医学系の翻訳に携わっています。

私は今まで証券、IT、貿易、医療、いろいろな現場で働いてきたのですが、その中でも私が関わっていきたい分野が医療だということに気づくことができ、この医療業界、特に医薬品の翻訳のほうの勉強を続けています。

で、あんた本当にマルチリンガールなの!?


(こちらの動画は、アミューズのオーディションに提出するために、練習中の動画です。5言語を操っています笑)→改良して8言語くらいにしたい・・

以下は私の外国語に対する理解度を表にしたものです。

 言語    言語能力
日本語 母語
英語仕事で翻訳ができる程度。
中国語 文章を読むことができ、発音を理解している。旅行やチャットで困らない程度。
朝鮮語日常会話で、中国語より劣るが韓国人と交流できる程度。
アラビア語読める、辞書があれば解読できる。スピーチを覚えて話すことができる。
ロシア語現在、読むことにおいて着手しているところです。

なぜ、フランス語、スペイン語、ドイツ語のような人気言語は覚えていない!?

というのも、私は語源が好きなので、どうしてもフランス語やスペイン語、ドイツ語のような英語と同じ言語系統であるインド・ヨーロッパ語族の外国語を勉強すると、あまり続かないっていうのがあります。面白みを感じないというか・・。

そのため私がメインで学習しているほとんどの言語は、言語系統が違います。

日本語=日本語族
英語=インド・ヨーロッパ語族
アラビア語=アフロ・アジア語族
中国語=シナ・チベット語族
朝鮮語=朝鮮語族
ロシア語=インド・ヨーロッパ語族

この中で、なぜ英語と同じ語族であるロシア語をメイン学習言語として選んだかというと、私に必要だと感じているからです。(笑)

フランス語・スペイン語・ドイツ語も勉強していますが、

フランス語のありがとう= Merci
スペイン語のありがとう= Gracias
ドイツ語のありがとう= Danke

からみてもわかるように、すべて実はこの単語は英語の中にはあります。

merci = mercy慈悲,情け,容赦の意味。聖書に出てくるような言葉です)
gracias = grace (神の恩寵。やはりこれも聖書に出てくるような言葉)
danke = thank (ドイツ語はフランス語よりも日常会話において英語に似ているといわれている)

やはり、面白みを感じないのです。。。

性別不詳ってどういうこと!?

性別不詳ってグーグルで検索すると私のページがでてきます。(笑)

詳しく知りたい方は、グーグルで検索してみるか以下をご覧ください。

◆ よこいりょうこ (multilingirl) の詳しいプロフィール

◆ 性別不詳!?マルチリンガール(よこいりょうこ)は男ですか?




好奇心の強さが私の人生を変えた

日本から出たい。

と今まで何度も思ってきた私。そういう気持ちが私を海外へ連れていってくれました。もし私が高校卒業後に大学へ進学していたら…。この人生はなかった。

自分でお金を貯めて自分で知らない国に行く。そんなことができる日本で私は生まれ育った。

もし私が北朝鮮人だったら…。
もし私が戒律が厳しい一部のイスラム国家で生まれていたのなら…。
もしインターネットがこの世になかったのなら…。

これは不可能だったはずです。

20代前半はとにかくあまり何も考えずに海外へ旅行に行ったり、海外で仕事してみたり、時には海外で恋愛したり…。

そんなは私はこれといって自慢できるものも、特技も何もありませんでした。ただ唯一、可能性のあるものとすれば、20歳から何度も中断したけれども続いてきた英語。私には英語しかなかったのです。もし英語がなかったら、したくもない仕事をずっと続けていたと思う。そして自分らしく生きていくことはできなかったのではないか?

そんな英語を韓国で数年間、貧乏生活に耐えながら頑張ってきました。

そして韓国留学を終え日本で本格的に仕事をしようと思ったころ、NCC綜合英語学院というカリスマ英語講師の面接に通過し、採用されたが辞退。その後、英語を使用した業務をなんでもやってみたいという気持ちになります。そして、私は英語だけではなく、さまざまな分野に興味を持ち始めました。

たとえば、英語の語源を勉強してからは、世界史、特にあらゆる宗教を勉強してみたり、金融、医薬、貿易、コンピュータ。今まで仕事でかかわってきたすべてのことに興味を持ち、また勉強の楽しさを知り、今はプログラミングの勉強を通して、1番苦手だった数学にチャレンジ。

高校の時は数学が全然わからなくて、いつも白紙だったレベルです。(笑)

私はこれからもこのブログを通じていろいろなことを学習していきたい。私のブログのラベルを見ればいかに趣味の範囲が広いかご理解いただけると思います。

私を育ててくれた両親。今まで私のわがままに付き合ってくれた友人、また仕事先で面倒を見てくださった方々、インターネットを介してコミュニケーションをとるようになったオンライン上のお友達。
今後ともよろしくお願いいたします。また、心から感謝しています。

ɪ ʊ ə ɛ ʌ ɔ æ ɑ ɪ ʊ ə ɛ ʌ ɔ æ ɑ ɪ ʊ ə ɛ ʌ ɔ æ

①facebook (アジア全域で繋がりを構築中?)
https://www.facebook.com/multilingirl

②twitter (主に政治発言をしています)
https://twitter.com/Multilingirls

➂instagram (自分で撮影した過去の写真をメインに思いを綴っています)
https://www.instagram.com/multilingirl

④google plus (このブログを投稿した時点で配信されます)
https://plus.google.com/109092867377706445093

ɪ ʊ ə ɛ ʌ ɔ æ ɑ ɪ ʊ ə ɛ ʌ ɔ æ ɑ ɪ ʊ ə ɛ ʌ ɔ æ 

2017/01/18

日本の大富豪10人の総資産額は、およそ8兆円。3000万人の日本人よりも多い?

7兆7900億円。これが、日本語大富豪10位までの合計額です。この金額ってどのくらい?兆と言われても、実感がない。ということで、

わかりやすく目に見える存在感のあるもので説明すると、六本木ヒルズ全体開発の総工費2500億円の31倍が7兆7900億円なので、つまり、六本木ヒルズ級の再開発を31回もできるという計算・・。



http://www.forbes.com/japan-billionaires/list/#tab:overall

この8兆円。

日本の人口、何人くらいの貯金の総額に相当するのか?と思ってしまった。

日本銀行の金融広報中央委員会によると、「金融資産を保有していない」と答えた世帯は、2人以上の世帯で30.9%、単身者の場合ではじつに48.1%にのぼった。という結果があります。

https://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/yoron2016fut/pdf/yoronf16.pdf

つまり、すごくおおざっぱな計算なのですが、このアンケートによる調査だけでも、3分の1の世帯で貯蓄ができていないとすれば、日本全国のうち、せめて4分の1の世帯や、単身、つまり3000万人くらいは、貯蓄がない人たちなのではないか?と勝手な想像をしてしまいました。(笑)

といっても、3000万人と言えば、未成年も含めるので、やはり日本人3000万人の合計の資産額よりも、このフォーブスにでてくるような日本の大富豪10人の合計額およそ8兆のほうが高いのではないか?

と、私は結論付けてしまいました・・。

つまり、お金がない。と言っている人に、私は言いたい。お金はある人のところにはある。ということである。(笑)


ちなみに、フォーブス日本人の10位までを公開いたします。(2016年バージョン)
ちなみに、1ドル=100円の計算にしています。()内は肩書名。

①柳井 正氏=1兆6千億円(ファーストリテイリング会長)
②孫 正義氏=1兆4千億円(ソフトバンク社長)
③佐治信忠氏=1兆1千億円(サントリー会長)
④滝崎 武光氏=8300億円(キーエンス名誉会長)
⑤三木谷 浩史氏= 5700億円(楽天会長兼社長)
⑥森 章氏=4800億円(森トラスト社長)
⑦高原 慶一朗=4300億円(ユニチャーム取締役ファウンダー)
 $4.2 B 85
⑧毒島 邦雄氏=4100億円(三共名誉会長)(現在は Hideyuki Busujima の名前になっています)
⑨韓 昌祐氏=4000億円(マルハン会長)
⑩伊藤 雅俊氏=3900億円(セブン&アイ・ホールディングス名誉会長)


(孫さんの若い頃の写真)

あららら。

ユニクロ、ソフトバンク、サントリー、楽天、森ビル、パチンコのマルハン、セブンイレブン。だれもが知っている名前の会長さんや社長さんばっかり!(笑)

いわゆる、テレビでもお目にかかれるこの方たちが、大富豪です。

それにしても、孫正義さんや、韓昌祐さんという、毒島邦雄さん。日本の大富豪10位に、3人も在日朝鮮人?在日韓国人?と言われている人が入っている。これは、批判ではなく、まさに疑問に思うことだ。
というのも、世界の大富豪のTOP8人をみてみても、半分の4人は、両親がユダヤ人だということを私が検証済だからである。

「大富豪上位8人だけで、世界人口の半分以上の純資産を持つ現実」

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

シンガポールの、マレー語(インドネシア語)人口とブルネイを比較する



シンガポール。私はまだ行ったことがない場所でもあります。超高層ビル群や、環境など、様々な面で日本の先を行っている感のあるシンガポールですが、

私にとってはいまいち、行きたいと進んで思えるような場所ではないのが現状です。

というのも、語学マニアのマルチリンガールりょうこにとっては、中国語も英語も通じるシンガポールってなんだか面白みのようなものを感じないからというのもあります。

じゃ、マレー語(インドネシア語)は通じるのかしら?というところからこの調査は始まりました。

シンガポールといえば、日本と違い多民族国家。そのため、シンガポール人というよりも、マレー系なのか、中華系なのか、インド系なのか?によって、相手とのコミュニケーション方法も変わってくるはずである。

日本のように長い時間をかけて、弥生系と縄文系が融合したような国ではないのだから。ましてや、建国数十年のような国で、その間にあれだけ近代化した国でもある。

シンガポールの人口は、561万人。国家としては、

また、この人口のうち、

シンガポール国籍保持者は61.12%にしかならず、残りの38.88%は外国籍である。だそうです。
また、全人口の70パーセントが中華系。

つまり、シンガポールは、東南アジアに位置していますが、典型的なインドネシア人のような人たちが住む都市ではなく、香港や福建省などを中心とした中国南部の民族が、西洋の複雑な歴史に巻き込まれて移住してきた人たちによって築かれた都市と言ってもいいのではないでしょうか?

なので、シンガポールにいけば、中国に行った感覚を味わえるかもしれない。

しかも、この人口のたった15パーセント程度が、このシンガポールの土地にもともと住んでいた、もしくはマレー半島の原住民族ともいえる、マレー人です。

つまり、私がシンガポールに遊びに行ってマレー語(インドネシア語)を勉強しようとした場合、およし、84万人のマレー語話者(インドネシア語話者)と交流ができるということになるのか・・。

人口が多ければいいって問題でもないけど、とりあえず、シンガポールでも私は今継続しているインドネシア語を学習できるということが分かった。

また、これは同じくマレー語を使用するブルネイの人口40万人よりも多い。

近々、シンガポール行ってみようかな~。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

よこいりょうこは、在日朝鮮人ですか?なぜ、韓国語を流暢に話せる?

なぜか、最近このような噂みたいなものが囁かれている気がします。

私は韓国の大学に正規留学するという、人生の途中で普通の日本人とはちょっと違ったルートを通ってきたうちの一人ですが、そのことが、あなたは本当は日本人じゃないんじゃないの?という誤解に繋がっているようです。

確かに私は韓国語のレベルが一応、簡単な電話や、メールのやり取りにおける程度のレベルの職業だったら採用していただけるレベルですが、

それは、もともと17歳に初めて韓国に行ってから覚えた日常的なあいさつ程度の韓国語と、その数年後に覚えた大量の単語。だいたい3000単語くらいは真剣に勉強した記憶があります。そして、そのうえで韓国語の文法を数ヶ月勉強し、そしてやっとソウルの高麗大学の語学堂で韓国語会話を学習。

韓国には何度も足を運んでいましたが、英語のほうができるため、どうしても言葉につっかかったりするときに韓国語から英語に切り替わる癖がありました。

なので、当時の私の韓国語はそれ以上は伸びないという、悪循環に。


(化け物、登場!!)

けれども、語学堂に通っていた時に、せっかくこんなに高いお金払ったんだから、いったん英語は置いといて、ソウルにいるたくさんの韓国人と話そう!と言う変な目標を設定。老若男女問わず、いろいろな方と生きた韓国語を話す期間を作りました。

また、その後の約一年間の韓国の大学留学は、リスニングにおいて、かなり理解度が深まったのではないか?と思います。

といっても、韓国語能力試験でいえば、TOPIK3級の上くらい?といった、中級に入るか入らないかのレベルだという風に認識しています。

けれども、簡単な単語を使った、いわゆる韓国人の子供でも分かるような単語を割とつなげ合わせて操ることができ、そういう点では現地に住んでいたメリットがあったのかもしれないとも思います。

そういうこともあってか、日本に帰ったときに、交流会やイベントなどに参加していると、在日朝鮮人、在日韓国人などから、あなたって私たちの仲間よね?などと言われることも多くなる・・。

私が何のためらいもなく韓国語を話すから、おそらくそう思ったのかもしれません。特別私の韓国語が上手なわけでもないのに、表情にでる自信みたいなのがそう思わせているのかも?

また私が中国や韓国関連のブログを書くと、インターネット上では、在日という一言で済まされることも・・(笑)

在日と言っても在日アメリカ人もいれば、在日モンゴル人もいるわけで、そういう略された言葉の意味をきちんと知らずに使う人も多い。

母方が、朝鮮人?

私の母方の兄弟は、みな朝鮮人に近い顔立ちをしており、小さい頃にいじめられたという話もきいたことがあります。もともと母方は、新潟から北海道に移住してきたので、もしかしたらその可能性も否定はできません。けれども、母に聞いても、それはないと言っていました。

父方は、チベットやアフタにスタンにもいそうな感じの、南方系です。名古屋からきているので
典型的な縄文人では?と思っています。

という、私は韓国に行くと絶対に日本人だとバレます。

一度、あるオンラインサイトで中国人を装って、韓国人と会ったことがあるのですが、見た瞬間、目を丸くされて、お前日本人だろう?ってバレました。

おそらく、ほかの国からすれば、私も日本人の平均顔に入るのかもしれません。(よく台湾人とか、マレーシア人っぽいと日本人からはいわれますが!)

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

大阪の四条畷市の市長に最年少28歳の、「あずま修平」さんが当選?

青年がどんどん立ち上がっていかないとこの国の将来は危ない。誰もがそう思うのではないでしょうか?

この選挙は、人口5万7千人程度の大阪、四条畷市(大阪市と奈良市の中間に位置する市)で行われたものです。


(あずま修平さんの twitter から)

https://twitter.com/newnawate

たまたま私はこの記事をグーグルニュースで読んでいたのですが、その、あずま修平さんのこの四条畷市に対する熱意がすごすぎると感じました。

現職だった土井一憲さんとの対決。あえて土井一憲さんの写真は載せませんが、

http://ameblo.jp/doi-kazunori/

彼のブログをリンクしておきますね。アメブロに芸能人のように飾り立てたブログ?一度しか閲覧していないので、詳しくはわかりませんが・・。

1955年うまれの現在61歳のベテランともいえる土井さん。

四條畷市議会議員の当選回数は、なんと4回。また、2013年から市長をしておりました。

そのベテランの土井さんに、対抗馬が現れる。

これは、あずま修平さんのページです。

http://newnawate.net/

NEW NAWATE.つまり新しい四条市を作ろうという決意?から、このようなドメインネームになったのでしょう。なんかニューヨークみたいでいいですね?(笑)



とにかくこの動画が、感動・・。というか、28歳?で、ここまでできるのだ?と逆に驚いてしまったのです。完全無所属で、ここまで熱意をもって選挙に臨む。

この四条畷市の将来を決めるのは、断じて政治家や既得権益なんかではない。

この部分を話す、あずま修平さんの表情はかなり本気モードで、私も鳥肌が立ってしまいそうでした・・。また、あずま修平さんは、橋下徹前大阪市長を連想させた・・。

このように、挑戦していく人。しびれますね・・・。

あずま修平さんの経歴

京都大学 大学院工学研究科を卒業後、

外務省で、環太平洋経済連携協定(TPP)を始め、貿易協定の交渉に関する業務に従事していたり、

インドの野村総合研究所でアジア新興国を中心に、企業のグローバル事業戦略・経営戦略の策定を支援していたという、かなり強力なバックグラウンドをお持ちです。

ちなみに、大学院時代は、流行りのフィリピン留学にも行かれていたそうです。

なんだか、これからの人って感じがしませんか?(笑)

ちなみに、この年代で、

活躍されている有名人には、田中 将大さん(メジャーリーガー)、内村 航平さん(体操選手)、福原 愛さん(卓球選手)などがいるようです。

http://newnawate.net/profile/



インド野村総合研究所・・。

インドにお住まいだったってことですよね?京都大学もでているし、外務省勤務、インドと言えば、英語も堪能だということですね・・!

http://india.nri.com/

四条畷市長の年収は?

日本全体で一番人口を抱える横浜市の市長は、1200万円程度が年収と言われていますが、私が調べたところ四条畷市の年収は、600万円程度だそうです。

人口350万の横浜と、人口5万の四条畷市ではやはり年収の差があるとは言えど、この年収は十分、高いと思います。

また、やはり若手でもあるので、これからいろいろな壁にぶつかる可能性もあると思うのですが、早い段階でここまで上り詰めると、何もスキャンダルがない限り、今後、大きな力を持つ可能性も考えられる・・。と私は結構真剣に考えてしまいました(笑)

挑戦する人が今後、ますます増えていくのではないか?

1990年代の日本では、ガングロが流行ったり、またバブルの時代はお金をたくさん使う人が多かったり、その時代や国際情勢によって、国内のトレンドも変わったり、またそのとき流行する人気なタイプも変わってくる。

そろそろ日本も、若い人を中心にどんどん動く社会に変わっていくのではないか?となんとなく思ってしまいました。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

2017/01/17

日本人にとって今後、韓国語よりもインドネシア語が重要になってくる理由

この記事では、インドネシア語の重要の基準を雇用の機会に限定して書いています。

現在日本で、学習者が多い外国語の順位は

①英語
②中国語
③韓国語
④フランス語
⑤ドイツ語

だと私は思います。


(進化し続けるジャカルタ中心部)

というのも、書店の会話本などを見る限り、語学検定の受験者数が多いフランス語よりも、日常会話本などは圧倒的に韓国語のほうが多いので、中国語の次に学ばれている言語を韓国語と私が決めました。

それでもやはりフランス語は強いです。正直、韓国語とフランス語、どちらが学習者が多いかと言えば、フランス語かもしれない・・。けれども、一応この記事では③番目を韓国語にしておきます・・。

そして、スペイン語は人気はあるものの、真剣に学んでいる数はそれほど多くないというのが私の感想。

以下のブログにも書きましたが、

「外国語の検定の受験者数を簡単に比較。英語、フランス語、中国語、韓国語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、アラビア語」

ロシア語、アラビア語に限ってはもう、本当に学習者が少ない超レア言語です。

その中でも、インドネシア語が伸びている気がします。

インドネシア語の本はどんどん書店で増えている気もする。

 
(画像をクリックするとアマゾンのレビューページがご覧になれます)

それは、中国での日本車破壊事件があって以来?日本の企業がインドネシアに投資するようになり、それも年々、加速し、海外求人案件では以前中国の求人が多かったのですが、インドネシアの求人が目立つなど、一般の日本人にもすぐに働ける場所として、インドネシアという国が台頭してきたことも関係しているのかもしれません。

何といっても、韓流ブームがあったころは、中国が北京オリンピックが始まる前から終わるくらいにかけての時期で、中国や韓国に対する距離感が縮まっていた時期でもあった。それが、北京オリンピックが終わり、上海万博も終わったころ、一気に日本が目を向ける先は東南アジアへとシフトしていった感がある。

その中でもアセアン人口5億人の半分以上を抱える巨大市場、インドネシアに日本人は心を奪われたのかもしれない・・。


http://www.fourseasons.com/jakarta/

ジャカルタと言えば、巨大な大都市圏。

2億5千万人ほどの人口を有する国の中心部です。

現在、日本には中国人、台湾人、韓国人の観光客が押し寄せていますが、インドネシアの経済がより成長してくると、その中間層は日本に必ずやってきます。

もし、インドネシア人が韓国人よりも多く日本にやってくることになったら、

東京の駅構内の外国語表記が、韓国語にとって代わりインドネシア語になるかもしれない。これは、実は、それほど不思議な話でもないのです。

たとえば、マレーシア、クアラルンプールの空港は、


http://www.asiatravelnote.com/2013/01/27/klia_express.php

マレー語
英語
日本語
中国語
アラビア語

の表記があります。

あれー。。これって私が勉強している外国語・・。。

でも、韓国語の表記はどこにもありません。( ´艸`)

というように、2030年くらいになって、インドネシアの国内総生産が伸び、韓国人より多くの人が日本に観光に来る時代になれば、日本にもインドネシア語を学ばなければならないという機運が高まる可能性もある。

数十年前まで、以下の写真を見たほうが分かりやすいかも・・。



1990年くらいの上海の風景の比較ですが、1990年代に今みたいな中国語を学ぶ機運はなかったはずです。

それが2010年には中国語検定やHSK(漢語水平試験)などで、高校や大学でも試験を受ける人が増えました。

インドネシアが韓国のGDPを超えるのは、2020年の東京オリンピックが終わってからすぐです。

そのころに徐々に、インドネシア語の熱が高まる。と私は予想する。

つまり今インドネシア語を学んでいる人はその差を埋めることができるというわけです。

インドネシア語という言葉をGDPで比較するのであれば、

2020年には朝鮮語(韓国語)を超えることになります。

ご存知のとおり、インドネシア語はマレー語を改良したもので、両言語はほぼ通じます。

韓国=174兆円(北朝鮮の国内総生産は不明)
インドネシア+マレーシア=174兆円

なんと、2020年には同額になる・・・。

2030年はどうでしょう?あくまで以下のソースによる予想ですが・・。

韓国=238兆円
インドネシア+マレーシア=292兆円・・。

もう完全に超えてしまっています・・。

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_past_and_projected_GDP_(nominal)

今後の成長率によってもちろん左右されますが・・(笑)

もちろん、GDPで、言語の重要性を測るのはおかしな話なのですが、より日本企業がインドネシア企業とかかわりを持つことを考えれば、

やはりインドネシア語を覚えることで、将来失業しない対策の一つにもなるかもしれません(笑)


(画像をクリックするとアマゾンのレビューページがご覧になれます)

とりあえず、恋愛からでもいいかもしれない。最近は日本人女性がバリ島などに男探しに行くような時代ですからね・・。(笑)

今や韓国のソウルに行くのは大阪に行くようなもの。つまり、あまり面白みを感じられないところがあるのに対して、

インドネシアは今後、日系企業や中国の莫大な投資によって国のインフラが整い、また韓国とは違い親日国なので、将来日本人にとって今よりも、いつでも行きやすい雰囲気になるような気もする。

また、日本の最南端とも揶揄されるバリ島などにも、気軽に行ける。

とかいろいろメリットを書いてみました(笑)

韓国語が使える大都市と言えば、ソウルくらいですが、インドネシア語は、マレーシアのクアラルンプール、また裕福な小国のブルネイでも通じるし、またインドネシアのバリ島でも、ジャカルタがあるジャワ島でも使える大変便利で、簡単な外国語。

追記・・

インドネシア語は、とても簡単です。どの言語でも、ビジネスレベルになるにはだいたい同じ難易度ですが、日常会話程度までだとインドネシア語が断然簡単。

というのも、単語を並べれば通じる言語だからです。

英語のように、 go が  goes に変わることもなければ、韓国語のように、イッソヨイムニダのように形が変わることもない。また中国語のように、4つの声調もないのです。

単語を毎日3つ完全に覚えただけでも、半年くらいで日常会話ペラペラになることも可能だというのが私の意見です。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

かつて日本にも存在した「夜這い」の風習がブータンにもある?


http://realsound.jp/movie/2016/01/post-806.html

たまたま、「知らなきゃよかった!本当は怖い雑学」という本を書店で読んでいたら、”夜這い”という見知らぬ単語に遭遇。私が去年買った愛用の国語辞書で確認してみると、

よはい。ではなく、よばい。

と読むのだそうです。

夜、這い上がる(這い上がる)くらいしか連想できなかったのですが、これ、本当にすごい言葉だったんですね・・。公共の場では私の口からは絶対に出せないような単語・・(笑)

ってことで、

私の大好きなウィキペディアで確認してみると、夜這いはこのような意味だそうです。

語源は、男性が女性に呼びかけ、求婚すること(呼ばう)であると言われる。

この "Yobai" は英語圏でも、そのまま "Yobai" として認識されている。ってことは、日本独特の文化なのだろうか?

https://en.wikipedia.org/wiki/Yobai

古くは、759年に成立した『万葉集』巻12に「他国に よばひに行きて 大刀が緒も いまだ解かねば さ夜そ明けにける」と歌われており[1] 、



大正時代まで農漁村中心に各地で行われていた習俗。戦後、高度成長期直前まで、各地の農漁村に残っているところがあった。明治維新の近代化や農漁村への電灯の普及などにより明治以降は衰退する傾向にあった。このため、明治、大正の頃まで盛んだったのは、山深い山間部の村落中心であった。 多くの場合男性が、女性の元へ通うものだが、女性が通う風習を持つ地域もあった。

あら、女性から通う風習もあったんですね。

日本と言っても案外広いから、地域によってその風習は違うというのはやはり理解できます。

以前、なぜ日本ではお祭りが多いのか?という謎に探りを入れてみようと考えたことがありますが、セックスとお祭りが関係している。というような内容の記事をどこかでみたことがありました。

日本では、お祭りの日だけ許されることがいくつかある・・ような。なんだったかな?

小さいころからお祭りになると、なんかうれしくなるじゃないですか?もしかしたら、そういうこの日だけは大目に見てもらえる。っていう、心理が働いているのかもしれない。ってこの記事を書きながら思う・・。(笑)

現代だと、仮に男性が夜這いして、女性と子供ができてしまった場合、中絶する可能性が大きいと思うのですが、この本に書いてあった内容によると、

村社会だし、農業をやってくれる人が欲しかったから、村ぐるみで子供を育ててくれる環境があったようです。


(画像をクリックするとアマゾンのレビューがご覧になれます)

ところで、ブータンといえば、幸福度ランキングにおいて、上位のほうである国で、仏教国。
イケメンで有名なワンチュク国王がいる国だ。

この写真では、皇后さまに向かってワンチュク国王の配偶者がご挨拶・・。

この奥さま、なんとゾンカ語・英語・ヒンディー語に堪能な、マルチリンガールらしい・・。( ´艸`)


https://en.wikipedia.org/wiki/Jetsun_Pema

って、いうことで、ブータンの男子たちをインタビューしたブログを発見してしまいました・・。

どうやら、15歳やら16歳くらいから、夜這いを始めるようです。というのも、ブータンの東部の村が主にそういう文化が残っている、または残っていたようです。

大人たちが農作物を売りに他の村に出かけたときとかね。3日ぐらい帰ってこないなど、そういうときを狙って、

女の子の部屋に、いろいろな男子が夜這いに行くのだそう。

それで、一人の女の子に対して複数の男子が夜這いをしようとするから、それは早い者勝ちらしいです・・。

なんとも私の知らない世界が、この幸福度の高いブータンに存在していた・・とは・・。(笑)

http://d.hatena.ne.jp/Bhutan_Tamako/20101117/1298197325

また新しい雑学が増えましたわ・・。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

イスラム教における、セックス・ジハードとは慰安婦?

セックスジハード(Arabic: جهاد النكاح‎‎, jihad al-nikah)

その名はまだ日本ではほとんど知られていない。ウィキペディアにも、まだ日本語版はない。という状況

https://en.wikipedia.org/wiki/Sexual_jihad

もちろん私自身も知りませんでしたし、たまたま本で知ったので記事にすることで自分自身も学習していこうと思います。

と思いながら、セックスジハードに関する中東関係の写真を探していました。途中で気持ち悪くなり、写真を掲載するのはやめることに。

簡単に説明だけで終わらせてしまおうと思います。



まず、ジハードの意味を知っていただきたいです。

ジハードと聞くと、日本語で「聖戦」と訳されることが多いのですが、実はこれは厳密にいうと間違いです。アラビア語ではジハードという

ジハードは本来、「努力」「奮闘」の意味であり、ムスリムの主要な義務である五行に次いで「第六番目の行」といわれることがある[1]。日本では一般に「聖戦」と訳されることが多いが、厳密には正しくない[2]。

http://www.krn.org/ja/search.aspx?tb=%E3%82%B8%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89

8:72 本当に信仰して移住した者たち,財産と生命を捧げて,アッラーの道のため奮闘努力〔ジハード〕した者たち,またかれらに避難所を提供して援助した者たち,これらの者は互いに友である。また信仰した者でも,移住しなかった者については,かれらが移住するまであなたがたは保護する義務はない。只し,かれらがもし宗教(上のこと)であなたがたに救援を求めるならば,あなたがたと盟約のある間柄の民に逆らわない限り,これを助けるのはあなたがたの義務である。アッラーはあなたがたの行うことを御存知であられる

と、日本語で唯一書かれたクアルーンを読んでみると、このように書いてありました。少し内容があいまいであり、解釈の仕方により、そのジハードの意味も変わってくるかもしれません。そして、私は自分自身以前購入した英語バージョンのクアルーンを読み解いてみることにしました。

Those who believed, and adopted exile, and fought for the Faith, with their property and their persons, in the cause of Allah, as well as those who gave (them) asylum and aid - these are (all) friends and protectors, one of another. As to those who believed but came not into exile, ye owe no duty of protection to them until they come into exile; but if they seek your aid in religion, it is your duty to help them, except against a people with whom ye have a treaty of mutual alliance. And (remember) Allah seeth all that ye do.

このように、内容は英語でも同じでしたが、自爆ベルトを使って昔の日本人の特攻隊のようなことをする。なんてことは一切クアルーンには書かれていませんし、また聖戦というように、聖なるという意味なんて一つも含まれていません。
奮闘努力という意味ですから、これは努力した意味でいろいろ使われているのが現状です。

ジハードの語根は、 effort 努力を意味する جهدです。

とちょっと長くなってしまったのですが、ジハードが聖戦を表す意味ではないということを前提条件として、セックスジハードの意味を書いていきたいと思います。

セックスジハードとは、これから戦争に赴く男性や、テロで死を覚悟した男性のところに行き組織的にその男性とセックスをすることによって、性的な快楽を用いてイスラム戦士たちの士気を上げることを目的とした行為だそうです。

つまり、これは慰安婦と同じようなものだろうか?というのが私の結論になります・・。

また、このセックスジハードは強制的に連れていかれるのもあるかもしれないのですが、自分の意志で、ジハード。つまり奮闘努力のために、自ら赴くことが多いようです。

http://news.infoseek.co.jp/article/tocana_32798/

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

今後、パキスタンが世界情勢のカギを握ると思う理由


(パキスタン北部の大自然)

パキスタンと聞いて、あなたは何を思い浮かべるだろうか。貧困?色黒?イスラム教?人によってパキスタンのイメージは変わってくると思いますが、パキスタンは実はインドでした。

インドも、パキスタンも、バングラデシュも今は3つ違う国として成り立っていますが、これらの三ヵ国はもともとはひとつの国でした。

インドの西側はパキスタン。そして左側はバングラデシュ。インドはヒンズー教の国なのに対して、パキスタンとバングラデシュはイスラム教国家。

そんなほとんど話題にもならないパキスタン。

なぜ、私がこの国が今後の国際情勢を握るカギと思っているのか。

大きく分けて2つあります。

①パキスタンの核がサウジアラビアに渡る可能性
②パキスタンという地政学的な位置と中国との関係

ただこれだけなのですが、ほとんど知られていないことではあるのですが、それはサウジアラビアとパキスタンの関係です。サウジアラビアは核保有国ではないのですが、サウジアラビアがパキスタンに有事の際に必要な核爆弾を保有しているようなお話が欧米諸国の中では広まっています。

https://en.wikipedia.org/wiki/Nuclear_program_of_Saudi_Arabia

つまり、サウジアラビアにとっての最大の脅威はイランであり、イランは核開発をストップしましたが、これからイランの経済的な地位があがり、世界のパワーバランスが変わっていったときにイランはより発言力を持つために、核開発を再開する可能性があります。

そうすると、サウジアラビアはそれを理由に核を保有することができる。けれども、サウジは国内で核開発をしていないので、パキスタンに頼らざるを得なくなる。



日本にはトルコやインドネシア、インドといった親友がたくさんいる。一方、韓国には親友と呼べる国は存在しないともいわれている。

そして、中国はどうだろう?中国はパキスタンとまさに夫婦と同じくらいの関係だと言えると私は思っています。

この地図をみるととても分かりやすいのですが、中国は何としてでも、パキスタンを繋ぎとめておきたい。なぜなら、中国人がパキスタンを自由に移動できるようになれば、それは中国の利益になるからです。


https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Road_network_CPEC.jpg

まず、中国はパキスタンの港を数十年契約で借りています。グワーダルという都市です。これから中国で製造されたものは、船ではなくパキスタンを通ってどんどん世界中に輸送されているのです。つまり、シンガポールがあるマラッカ海峡を通らなくてもよくなる。

しかも、船よりも早く物資を輸送できるシステムを中国は作っている。または、一部はもう開通済。

このグワーダルという都市が、20年後にはシンガポールのようになると、言われています。(中国人がそれを目標にしている)

実際に、今後ますます増えるであろう中国のモノやカネがパキスタンと中国を結ぶこの高速道路や鉄道を通ることになるので、その最終地点であるグワーダルにある港が反映するのは当然といえば当然である・・。

しかも、そのころにはインドが世界3位のGDPとかになっているころだとしたら・・。南アジア万歳ですね。(笑)

パキスタンって意外と知られていないのですが、イスラマバードというかなり整備された街並みの都市を持っています。



こんな感じで、新しくできた都市で、しかもヒマラヤ山脈からも近い。パキスタン北部にある都市。緑が多く、カラチのような混沌とした都市ではなく、より洗練された印象。

是非、中国からパキスタンのイスラマバードまで陸路で行ってみたいです・・。(笑)

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

大富豪上位8人だけで、世界人口の半分以上の純資産を持つ現実

日本ではくだらない芸能人の話は知っていても、より重要な自分たちの将来に関わってくるような、こういう情報は割と知らない人が多いような気がします。去年は、ベッキーだったり、高畑さん?だったり、成宮君だったり、芸能人がお騒がせしたニュースがありふれていました。なぜ、日本では一致団結して、ある一人の人を責めることに、喜びを感じる。これはもしかしたらそういう文化かもしれないとも言わざるを得ない。

と、前書きが少し長くなってしまいましたが、

これから書くことは、世界のお金の流れを知るうえでかなり重要なはず。しかも、これは調べれば誰でも簡単に分かるような情報だと私はこの記事を書いていて思いました。また、ほとんどの方がご存知ではない情報かもしれません。

ちなみに、私も実際知りませんでした。

大富豪上位8人だけで、世界人口の半分以上の純資産を持つ

ということは、うっすら聞いたことはあったけれども、このように記事にして人に説明しようとするまで、いまいちイメージができておらず、確信できていなかったからです。



http://www.forbes.com/sites/kerenblankfeld/2016/03/01/forbes-billionaires-full-list-of-the-500-richest-people-in-the-world-2016/#c8694756c24a

そして、ついに私は自分の目で見た情報をもとに、自ら計算してみることにしてみました。

以下は、上記のURLを参考に、世界の大富豪ランキング(フォーブスで一般公開されているもの)の、上位8位の純資産総額を計算してみたものです。もう一度言いますが、これらはすべて純資産です。

順位   名前純資産
ビル・ゲイツ(マイクロソフト会長)$75 B(7兆5千億円)
アマンシオ・オルテガ(ZARA創業者)$67 B(6兆7千億円)
ウォーレン・バフェット(バークシャー・ハサウェイ会長)$60.8 B(8兆8百億円)
カルロス・スリム・ヘル(メキシコの実業家)$50 B(5兆円)
ジェフ・ベゾス(アマゾン会長)$45.2 B(4兆5千2百億円)
マーク・ザッカーバーグ(FACEBOOKト会長)$44.6 B(4兆4千6百億円)
ラリー・エリソン(オラクル設立者)$43.6 B(4兆3千6百億円)
マイケル・ブルームバーグ(前ニューヨーク市長)$40 B(4兆円)


46兆2000億

ちなみに、"billion" っていうのは、日本語では、10億円です。そして、これはドル表記なので、日本円に近づけたいなら、0を2つつける必要があります。

たとえば、一位のビルゲイツさんの
$75 B というのは、750億ドルなので、それに0を2つつけると、7兆5千億円ということになります。

そして、これら大富豪上位8人の純資産総額が、

46兆2000億円

この総額を、30億人の人口で割ってみると、15,333円でした。

私の計算間違えていないよね?私って、数字には弱い自信ありありなので・・。(笑)


この15,333円とは何を意味するのか?

世界人口のおよそ半分以上は、貧困層だということはみなさんご存知ですよね?例えば、

インド=13億
中国=14億
アフリカ=11億
インドネシア=2億
ブラジル=2億
メキシコ=1億
パキスタン+バングラデシュ=3億
フィリピン=1億
合計=45億人

この45億人の9割は貧困層だと私は思います。

また、日本のような先進国にすら、貯金すらできていない、また借金漬けの人はたくさんいます。

そう考えるだけでも、15,333円すら貯蓄できていな人たちがこの世の中にはたくさんいることになります。

って、考えると、やはり、このフォーブスで一般公開されている大富豪上位8人だけみても、やはり世界人口の半分くらいに相当する30億人の合計資産よりも、多いと思いませんか?

また、面白いのは、この上位8人のうち、ユダヤ人、もしくはユダヤ人の両親に育てられた人が何人いるか?

ということでもあります。

ビルゲイツは、ユダヤ人の両親に育てられました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mark_Zuckerberg

ラリー・エリソンは、ユダヤ人の母に育てられています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Larry_Ellison

マイケル・ブルームバーグ氏の両親もユダヤ人だそうです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Michael_Bloomberg

マーク・ザッカーバーグ氏の両親もユダヤ人です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mark_Zuckerberg



8人の中の4人はユダヤ人の両親を持つ事実・・。ユダヤ人って、世界中に東京都の人口1200万とほぼ同じ人口しかいないのに、このフォーブスで一般公開されている大富豪上位8人のうち、3人がユダヤ人と公言はしていなくても、両親がユダヤ人、つまりユダヤ式の教育を小さい頃から受けていたことになる。という事実。

私はユダヤの教えを読んで3年くらいが経ちますが、ユダヤの教えと日本人の考え方は、まったく逆と言っていいほど違うということを学びました。

これがまた面白いのであり、ユダヤの考えを知ることで、欧米人のTOPが常にどういう風に物事を判断するのかが、わかるようになってくる気がします。

例えば、ユダヤ人の教育。これは日本人の教育と全く違い、ユダヤ人は小さいころから、善悪や、自分で考える力、金銭感覚などを鍛えられるそうです。
日本のよき部分と、ユダヤの賢い部分を融合させられたら、黄金は貯まっていくかもしれませんね(笑)

そもそも、ユダヤ人=中東人ではなく、ユダヤ人とはユダヤ教を信じているもの。

何もユダヤ教について知らなかった私が以前イメージしていたのは、ユダヤ人=中東人でしたが、アメリカにもたくさんユダヤ人がいます。また、ノーベル賞の25パーセントほどが、ユダヤ人という事実もあるようで、

やはり、ユダヤの教えは一度ではなく何度でも読む価値のあるものだと断言します。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

Translation