2015/09/30

英語の本場、イギリスではどの外国語が重要?結果は意外!

まず、なぜ私がこの記事を作成しているのかというと、日本語で検索しても全然探せない内容だったからです。

私は最近アラビア語の勉強を始めていて頭の中がアラビア語の情報を欲している状態です。そういうわけでアラビア語に関する色々な情報を英語で検索しながら集めていました。

(イスラム教の女性がかぶるヒジャブにもいろいろ種類があるようですね。写真はイラン女性)

日本人からすると、アラビア語と言うと、遠い国のよくわからない宗教の言葉?インドで使用されている言葉?アフリカ?トルコ?イスラエル!?とか、おそらくよくわからない方がほとんどだと思います。ですが、アラビア語は国連の6公用語のうちの1つでもあり、とても重要な言語と言われています。まさに、日本人が中国や朝鮮半島などのニュースをよく見るのと同じで、欧州人やアメリカ人はアラビア語圏である中東にとても、関心があります。

しかし、日本ではアラビア語圏に対する関心が高いとは言えません。その証拠に、日本にあるアラビア語の検定試験は、1年に一回だけであり、開催されない年もあるとのこと…。なので、あまり、アラビア語は日本では人気ではないと言えそうですね。

日本で人気のある外国語と言えば、本屋さんなどの参考書の数を見る限り、私はこのような順位になるのではないかと思っています。

①英語
②中国語
➂韓国語
④スペイン語・フランス語・ドイツ語(この辺は、どれが人気かというのは特定できていません・・)
おおざっぱに言えばこんな感じでしょう。

で、アメリカ人も注目する英語の本場、英国人はどの外国語を学んでいるのかな?

おそらく、フランス語・ドイツ語・スペイン語が最も多く学ばれていると思います。その中でも、ドイツは欧州経済の中心であり、同時にドイツ語は欧州で一番話者が多い言語なので、ドイツ語や海峡を渡ったところにあるフランス語はとても重要と言えます。

おそらくロンドン人の感覚からしたら、パリに遊びに行くことは、東京人がソウルに遊びに行くような感覚よりも、大阪に行くような感覚かもしれません。(私の想像)

実際に私がロンドンへ旅行に行ったとき、パリに行くのはそんなに長く感じませんでした。バスが船に乗っかって、あとはちょっと休憩していたら到着という感じで、またバスに乗る感じなので…。

というように、実際イギリスで学ばれている外国語はフランス語だったりドイツ語が多数だと思っています。(最近はスペイン語もとても多いのかな?)

いよいよ、本題に入ります。

イギリス・オーストラリア・カナダなどの大学に入学する際に必要な、IELTSという試験。そこを運営しているブリティッシュ・カウンシルは、今年2015年、今後の将来、イギリスにとってもっとも重要になる外国語のランキングを発表しました。

以下のサイトより、抜粋。


①現在の英国の貿易
②英国のビジネスに必要な言語
➂英国政府の優先貿易
④台頭している高成長の市場
⑤外交・防衛の優先
⑥公衆が関心のある外国語
⑦英国人がよく行く目的地
⑧英国政府の国際教育戦略の優先
⑨その国での英語のレベルが高いか
⑩インターネット上で蔓延している違う言語
これらを考慮してでたランキングです。

1位のスペイン語
これはアメリカで3000万人以上の話者、そして、スペイン、北米・南米を合わせると、4億以上いる話者からみても、お分かりの通り、非常に重要な外国語となっています。今後はさらに、ヒスパニック系のPOPが今以上に流行し、貿易などでスペイン語の拡大がされるものと私は見ています。

2位のアラビア語
これは、この記事の本題でもありますが、実は英語のサイトで検索すると、多くの人たちが、なぜイギリス人の将来にとってアラビア語が重要なの?という疑問のコメントであふれかえっていました。おそらく、多くの人たちがイギリスが将来、イスラム化してしまうのではないのかと懸念しているのでしょう。

ですが、理由はいろいろありそうです。2050年までには世界の大多数がイスラム教だという統計もあるくらいなので・・。その理由にインドネシアや南アジアなどのインド、バングラデシュ、パキスタンというアラビア語圏ではない国々の人口増加が要因と言われています。その人たちも、聖典であるコーランはアラビア語で書かれているので、それに触れますし、ドバイでなじみ深いアラブ首長国連邦や、カタールなどがたくさんのお金を投資して、ペルシャ湾にアラブ世界の中心にしようとしています。今後、この言語は見逃せないでしょう。

(なんだか、インテリ!?国際的な雰囲気が漂いますね・・・)

3位のフランス語
これは上位に来るのは当然でしょう。隣国なので…。それに、あまり知られていませんが、フランス語圏にはなぜか、ビックリするくらいに多くの国際機関が置かれています。

4位の中国語
これは、日本でも重要な外国語と思われているのと同じように当然と言えそうですが、イギリスと中国って結構遠い。でも、イギリスでは重要視されています。イギリス人からして中国語を学ぶことは、日本人がスペイン語を並ぶような感覚と似ているのではないでしょうか?よく英語圏のサイトでは中国語はその地域でしか話されないけれども、スペイン語は北米、中南米、南米、ヨーロッパなどいろいろな地区で、いろいろな国家で話されているので、比較にならないほどスペイン語が重要と言われています。日本人にとっては隣国という事情もあるので、とても重要な外国語であることは今後も変わりなさそうですね。

5位のドイツ語
欧州の公用語みたいなものなので、当然とも言えそうですが、中国語より順位が低いのですね…。ドイツは強い経済を持っていますし、だれもが知っている大企業もたくさん持っています。そういうところに就職したいとか、取引先が、ドイツの会社だった場合、やはりドイツ語を学習するメリットは高いです。

6位のポルトガル語
ポルトガル語は、これからオリンピックが開催されるブラジルの公用語。2億人以上の市場を持っています。スペイン語に似ていると言われていますが、みんながスペイン語を勉強している間、ポルトガルに専念してみるのもいいかもしれませんね?あなたにしかできない外国語が手に入ることになるので…。

7位のイタリア語
正直、あまり重要な点って思いつかないです…。ですが、イタリアが好きな人は勉強するのも楽しいかもしれません。

8位のロシア語
え、意外。なんでロシア語の重要性って低いのかな?日本でもそうだけど、ロシア語っていいレベルまでいけば、かなりレアなアルバイト(時給2200円)とか見つかるのに・・・。と思ってしまいます。こういうレアなところを狙う人って頭いいかもしれませんね。

8位のトルコ語
どうやら、8位が二つあるようですね。トルコ語。欧州と中東に挟まれた人口7000万人を有する国家。日本語にちょっと近い?と言われているそうですが、イスラム文化に興味がある方なら極めてみるのもいいかもしれませんね。でも、やはりその文化が好きではないと一生モノの言語にするのは難しいと思います。

10位の日本語
英語話者にとって難関言語と言われている日本語・中国語・朝鮮語・アラビア語。その中でも、英語話者にとって、中国語の会話は簡単だそうです。(ピンインで覚えた場合)なぜなら、文法がそんなにがっちりしている言語ではなく、1つ1つの読み方をきちんと発音して話せばいいだけだからです。それに中国語を操る私だから言えることですが、現代中国語の日常会話は、色々な地域を統合してまとめられたもののため、簡潔な表現で意思疎通ができます。ですが、書くとなると中国語は英語話者にとって世界で一番難しくなるかもしれません。日本語の場合は、ひらがなだけを使って書くこともできるので…。でも、多くの英語話者は日本語は発音がとても簡単で、日常会話程度なら、超簡単な言語だけれども、ひらがな・カタカナ・漢字、そして尊敬語・謙譲語・丁寧語の独特な言い回しなどを含めると(実際に日本社会ではそういうものでビジネスのやりとりがされているので)、実践的な日本語を習得するのは結構難しいようです。

(田舎暮らしが多い欧州人が思い浮かべる東京のイメージ)

アラビア語は、難しそうに見えますが、28文字しかなく、母音は基本的に3つだけ。現代アラビア語のフスハーは、欧米の文法などもまねて、改善されていてる部分もあるので、欧米人にとっては東アジアの3カ国語よりも難しくないとインターネットで答えている人が大多数でした。

私が思うに、イギリス人が日本語を勉強すること。それは日本人がアラビア語を勉強するということに少し似ているかもしれません…。

そして、これを見て思ったのは、日本では本当に英語だけ勉強しようと思っている方が多いという事。実際英語をきちんと身に着けないまま、他の外国語を勉強しても、そのほかの外国語がかなり高レベルではない限り、仕事がみつからないというのもあると思いますが…。でも、これってイギリス人やアメリカ人、ヨーロッパ系の人たちが日本語をきちんと高レベルに達するということとあまり変わりません。なので、英語をマスターするだけでも結構大変なことなのです。なので、なかなか第三外国語までたどり着けない方も多いかと思います。その点、イギリス人やアメリカ人は母国語が英語だから…。と言いたいところですが、私はめげずに外国語をたくさん勉強したいと思っています。

最後に
もし、この地球経済を誰かが動かしているとしたら、中国の次には中南米とアラブ圏が来ると示唆しているのかもしれませんね…。最近の国際情勢を見ていると、そんな感じがします。(私見)

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

「マルチリンガル情報(専門以外の外国語学習)」に戻る

1 件のコメント:

サンマ7 さんのコメント...

楽しいお話をありがとうございます。色々と興味が湧いて来ますね。^^